カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 認知症の問題行動、異食! 異食をする高齢者への対処法

介護・認知症

認知症の問題行動、異食! 異食をする高齢者への対処法

認知症の高齢者が起こす問題行動に、異食があります。健康を害す危険もある異食を防ぐためには、どんな対処法があるでしょうか。

 

異食とは

食べられないものを食べる、口に入れてしまう行動が異食です。中度から重度の認知症でみられます。

 

原因

認知機能の低下によって、何が食べて良い物かが分からなくなってしまうケースが大部分です。ふつうなら食べられない物を口に入れてもまずくて吐き出しますが、味覚障害があるとそのまま食べてしまいます。

 

食欲をつかさどる脳の機能が低下しても、食欲が抑えられなくなり過食や異食にはしります。苛立ちや欲求不満の発現として異食が起こることもあります。

 

どんなものを食べてしまうか

新聞など紙類、化粧品、タバコ、ゴミ、花など身近にあるものを食べてしまいます。弄便もみられる高齢者では、自分の便を食べてしまうこともあります。

 

危険を伴う異食

電池や洗剤、タバコは、体内に入ると危険です。すぐに病院へ連れて行ってください。ティッシュや布類も窒息の恐れがあります。

 

異食への対処法

まず、危険なものを高齢者の近くに置かないようにしましょう。洗剤や電池、針や刃物は鍵付きの場所に保管します。

 

もし異食の場面に遭遇したら、大声を上げたり怒ったりしてはいけません。高齢者が驚き、口に入れたものを飲み込んでしまうかもしれないからです。興奮して、さらに異食行動をエスカレートさせる可能性もあります。

 

静かに近づき、お菓子などの食品を渡して、高齢者が持っているものと交換しましょう。

 

口の中に無理やり手を入れると噛まれるかもしれません。穏やかに話しかけ、自発的に吐き出してもらいます。洗剤などはパッケージに誤飲・誤食の際の対応方法が記載してあります。それにしたがって対処し、病院へ連れて行きましょう。

 

異食をする高齢者は、魚の骨や果物の皮を丁寧に取り除くといった食事への配慮も欠かせません。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

己の欲望のままに!前頭側頭型認知症

認知症の一つである前頭側頭型認知症について紹介します。   ・前頭側頭型認知症...

介護不要の『アクティブシニア』に対する生活支援サービスとは?

      介護保険に関する改正はこの10年で大きく飛躍している   ...


食事でアルツハイマー型認知症を予防できる?!アルツハイマー型認知症予防と食事の関係

認知症は2つのタイプがありますが、アルツハイマー型認知症については食事で防ぐ...

老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

  高齢者の皮膚に起こる老人性紫斑は加齢で起こる症状のため、治療よりも予防...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る