カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. リハビリ(関節リウマチ) >
  5. 関節リウマチのリハビリどんな種類がある?

関節痛・腰痛

関節リウマチのリハビリどんな種類がある?

 

関節リウマチのリハビリでは、さまざまな方法で身体状況の向上を図ります。主なリハビリの方法を紹介します。

 

理学療法

◆物理療法:電気や温熱の力で血行を促進し、筋肉のこわばりをほぐします。関節リウマチには、ホットパックやパラフィン浴を用いた温熱療法が主流です。

 

◆運動療法:運動によって身体能力を維持、向上させます。関節を保護するための筋力トレーニング、関節の可動域を広げるためのストレッチが主な方法です。

 

 

作業療法

具体的な生活動作の訓練をして、日常生活をスムーズに送るための工夫を学びます。関節リウマチでは、今までできていた動作が難しくなるケースもあります。残存機能を最大限生かし、関節に負担をかけない動きを身に付けるのがリハビリの目的です。衣服の着脱、痛みを伴わない物の持ち運び、家事全般などの訓練をします。

いかに体に負担をかけず、疲労感を軽減するかという「エネルギー節約法」を体得する、大切なリハビリです。

 

装具療法

関節リウマチを発症すると関節が不安定になり、著しい変形を伴うことがあります。装具によって変形を防ぎ、関節への負担を軽くする目的で行うリハビリです。

関節リウマチは手から症状が現れるケースが多く、手首サポーター、手指の装具(スプリント)が多く使われます。膝用サポーター、足底板(インソール)は、下半身の一般的な装具です。

 

 

リハビリは、症状と身体機能に合わせて段階的に、まんべんなく行う必要があります。多様なアプローチで、機能の回復と保持に努めてください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349522.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(関節リウマチ)に関する記事

肩などに症状が出た関節リウマチでのリハビリ方法とは?

  ◆関節リウマチの急性期と慢性期って? まずはじめに、関節リウマチでは...

リウマチだけど仕事を続けたい!リウマチの人が仕事で気を付けるべきこと3つ

  リウマチになっても仕事を続けることができる方が多くいます。 完璧に関...


関節リウマチのリハビリ~日常生活でも無理のない運動をしよう

  関節リウマチという病気には、急性期(炎症による腫れや痛みが激しい時期)と慢...

「リウマチ体操」を知っていますか?

  関節リウマチのリハビリでは、身体機能の向上と関節の保護のため、運動療法...

カラダノートひろば

リハビリ(関節リウマチ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る