カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. リハビリ(関節リウマチ) >
  5. 「リウマチ体操」を知っていますか?

関節痛・腰痛

「リウマチ体操」を知っていますか?

 

関節リウマチのリハビリでは、身体機能の向上と関節の保護のため、運動療法が欠かせません。お勧めの運動に、効率よく筋肉トレーニングやストレッチができる「リハビリ体操」があります。リハビリ体操と、そのポイントを紹介します。

 

どんな体操?

手指・足・膝・肩を中心に、全身の関節を動かす体操です。関節リウマチの症状が出やすい関節に重点をおき、ストレッチで可動域を広げ、筋肉トレーニングで関節の損傷を予防します。道具は要らず、空いた時間で取り組める簡単なものなので、日常生活に取り入れやすいメリットがあります

 

 

リウマチ体操のポイント

コツを押さえ、効率的・効果的に運動しましょう。

・ゆっくり、深く呼吸をしましょう。特に、次の運動に取り掛かる前に深呼吸をしてリラックスを心がけてください。深く呼吸をすると筋肉の緊張がほどけ、痛みが生じにくくなります。

・関節を動かすときは、可動域いっぱいに曲げ伸ばしをします(痛みが無い範囲で)。

・1つ1つの動作をしっかり確認して、丁寧に行いましょう。流すような動きでは、体操の効果がありません。

・少しずつでも、毎日の継続が大切です。

 

注意点

・反動をつけない。勢いがついて関節や筋肉を損傷する危険があります。

・無理な動きをしない。まだ炎症がある部位は、医師に許可をとってから体操をします。

・疲労を溜めない。関節リウマチを発症すると、ささいな動作でも疲労を感じることがあります。翌日に響くような運動量は逆効果です。

 

 

負荷をかけ過ぎず、適度な運動量になるよう調整しながら取り組んでください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/26-370365.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(関節リウマチ)に関する記事

関節リウマチのリハビリ~日常生活でも無理のない運動をしよう

  関節リウマチという病気には、急性期(炎症による腫れや痛みが激しい時期)と慢...

肩などに症状が出た関節リウマチでのリハビリ方法とは?

  ◆関節リウマチの急性期と慢性期って? まずはじめに、関節リウマチでは...


生活の質を高める!関節リウマチのリハビリとは?

  関節リウマチの治療では、リハビリが重要な位置を占めます。時に痛みや疲労...

関節リウマチのリハビリでは関節保護が基本!

  関節リウマチのリハビリにおいて作業療法とは、早期だけではなく進行期に至...

カラダノートひろば

リハビリ(関節リウマチ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る