カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 手首 >
  4. 対処法 >
  5. 手首痛に効果的な湿布使い分け法 症状に応じて使い分けよう!

関節痛・腰痛

手首痛に効果的な湿布使い分け法 症状に応じて使い分けよう!

 

手首の腱鞘炎による痛みの対処法で、最も手軽なのは湿布の使用かもしれません。

整形外科で処方してもらうだけではなく、ドラッグストアで購入して使用している人もいるでしょう。しかし湿布は、症状に応じて使い分けないと症状を悪化させかねません。手首痛と湿布についてまとめました。

 

温・冷を使い分ける

湿布には、患部を温める温湿布と、冷やす冷湿布があります。それぞれ作用が違うので、症状を見極めて使う必要があります。

 

炎症が強い間は冷湿布

腱鞘炎など、初期の炎症が強いときは冷湿布で炎症を抑えます。この時に温湿布で患部を温めると、炎症がひどくなるので注意してください。

 

痛みが落ち着いたら温湿布

炎症が治まってきたら、血行を促すために温湿布に切り替えます。いつまでも冷湿布を使っていると、患部が冷えて筋肉がこわばったり、血行が悪くなってしまいます。

 

予防には温湿布

手首を酷使していると、痛みまではいかなくてもダルさや疲れを感じることがあります。このタイミングで温湿布を使うと、血行が促されて腱鞘炎予防になります。ストレッチやマッサージを取り入れると、より血行が良くなります。

痛みが無いのに冷湿布を使うと、血行が阻害されるので逆効果になります。

 

受診で安心

湿布だけで手首痛を完治させるのは困難です。整形外科を受診して、湿布を処方してもらうのが良いでしょう。使用法の説明を受ければ安心です。

家にある湿布が、手首痛の症状に合っているか確認してから使いましょう。「あるものを使う」ことで、悪化させないように気を付けてください。

 

手首が痛いときには腕をマッサージする

手首が痛いときには手首そのものに気を配ったらよいと考える方も多いです。

もちろん、それも間違いではありませんが、時と場合によっては腕のマッサージが効果的なこともあります。

 

手首の痛みに腕のマッサージが効果的な場合とは?

手首の痛みでも腕のマッサージが効く場合は慢性疲労の時です。

手や腕を酷使したことによって筋肉が慢性疲労に陥っているときにはマッサージが効果を発揮します。

捻挫、骨折の場合にはマッサージが逆効果になることもあるので注意が必要です。

 

また、関節炎やリウマチなどの場合はマッサージが一時的に効いたような気がしてもすぐに激しい痛みが襲ってくるので、こちらも長期間の効果があるとは言えません。

他に異常がなく、慢性疲労と思われる場合のみマッサージを実行してください。

 

どんなふうにマッサージすればよいの?

具体的なマッサージの方法ですが、手首から肘、肘から肩まで広くマッサージするのが良いと言われています。

肘から手首に伸びている筋肉をほぐすように、肩から肘まで続いている二の腕をほぐすようにマッサージしていきます。

 

手を曲げた時に盛り上がる筋肉部分に沿ってマッサージするのがよいです。

力は入れすぎず、少し力をかける程度にして筋肉に過度な負担を与えないようにしてください。

 

手首の痛みも含めた腕の慢性疲労解消のために、筋肉の筋に沿ったマッサージをするのもおすすめです。

マッサージで痛みや疲労感が取れない場合は病院で検査や治療を受けてください。

 

こけて手をついたらすごく痛い!もしかして骨折?

つまずいてコケてしまった時に思わず手をついた、なんていうことは誰にでもある経験だと思います。しかし、その後にずっと手首の痛みが抜けないことがあります。長引く捻挫だなと思っていたら骨折していたということがあるので注意が必要です。

 

橈骨遠位端骨折

全骨折の中の2割を占めるほど頻度の高い骨折です。特に高齢の女性の方は手をついた衝撃で骨折することがよくあります。

 

橈骨ってどこの骨?

肘から手首までの前腕部分は2本の骨で構成されています。その2本の骨の親指側が橈骨です。

手を着いた時に手側の端が折れやすく、特に高齢者の場合は複雑な骨折な仕方をすることがあります。橈骨は手の手根骨という小さな骨と複雑に繋がっているので、骨折すると手首の痛みや動かせなくなります。

 

治療

基本的にはギブスの固定で治ります。手を吊り上げて骨を引っ張ったり、麻酔をかけた状態で押し込んで骨の位置を元に戻します。

関節内での粉砕骨折などギブスでの回復が難しい場合は手術が選択されます。

 

 

対処法

転倒を防ぐことが一番の予防法です。

特に転倒の場所として多いのが布団や座布団の上です。滑りやすく、つまずいた時に体勢を立て直すための筋力は普段の1.5~2倍ほど必要です。柔らかいものや滑りやすいものの上を歩くのはやめましょう。

 

また、普段から簡単な筋トレをして鍛えておくといざという時に踏ん張れます。例えば片足立ちを毎日30秒×3セットやるだけでも違います。筋力だけでなくバランス力もアップするので転倒防止に役立ちます。

 

まとめ

手首の痛みは骨折かも知れません。ツマづいたから手をついただけ、と思っていても軽い衝撃で骨が折れることはよくあります。

痛みが取れないときは病院に行きましょう。

 

手首の捻挫~基本の検査と治療法ってどんなもの?

骨同士をつなぐ靭帯が伸びたり切れたりする捻挫は、動きが多い手首に多く起こります。手首の捻挫の検査法、治療の基本をまとめました。

 

検査方法

「尺屈軸圧試験」という方法を用いて、手首を捻挫しているか否かを検査します。手のひらをパーの状態に開き、ゆっくりと手首を小指側に曲げていきます。どの程度曲げると痛みがあるかで、捻挫の有無と度合いが分かります。

 

痛みがあれば靭帯を損傷している、つまり捻挫の可能性があります。

 

治療法

捻挫の治療法は、主に4つです。その4つの治療法の頭文字をとって、「RICE」と言います。

 

◆Rest (安静)

痛む部分を固定し、動かさないようにします。テーピング・包帯・ギプスなどが用いられます。

 

◆Icing (冷却)

炎症を抑えるため、患部を冷やします。捻挫してから30分以内の冷却が効果的です。ビニール袋に氷水を入れて患部を冷やす、アイスバッグ法が一般的です。 

 

◆Compression(圧迫)

腫れと内出血を抑えます。靭帯の治癒も促進させます。伸縮性のある包帯を患部に巻く方法が主流です。 

 

◆Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に保ちます。血流とリンパの流れを抑制することで、腫れを防ぎます。

 

冷却は特に効果が期待できます。血管が拡張して血流が良くなる飲酒と入浴は避けた方が良いでしょう。

痛みが特に激しい捻挫では、医療レーザーや医療マッサージが用いられるケースもあります。

自己流のマッサージは、症状を悪化させるので避けてください。  

 

どの治療法も、捻挫直後から行えば回復が早くなります。迅速な処置をしてください。 

 

手首の痛みが出た場合の3種類の検査

普段からよく使う体の部位と言えば手首です。

手首が痛いな、と思ったことは誰でもあるかもしれませんがそれが長引いたときには心配になりますね。

手首の痛みが出た場合にはどんな検査が行われるかを見ていきます。

 

手首の検査・触診

手首や足首、膝などが痛む場合は筋肉や骨に異常が出ている可能性があります。そのため、医師が触診をして腫れや筋肉の異常を確認します。

 

どこに痛みを感じるかを聞かれる場合もあるので、触られたときに痛かったらそれを告げてください。

道具を使って触診とする場合もあります。

医療用のハンマーなどは手首よりも足首の検査に使われることが多いです。

 

手首の検査・画像検査

レントゲン検査などが画像検査に当てはまります。

触診だけではわからなかった骨の異常などを確認するのにレントゲンは適切です。

レントゲン以外にはMRIやCT検査などがありますが、手首の以上の場合はレントゲンが中心的な画像検査とされています。

 

手首の検査・血液検査

手首の痛みが関節痛や腱鞘炎によるものの場合、血液検査では異常が出ません。一方で、血液検査で異常が出ることがほとんどなのがリウマチ関節炎です。

 

関節痛や腱鞘炎が疑わしい場合も、リウマチ因子があるかどうかを確かめた上でリウマチ関節炎の可能性を排除するという意味で血液検査が行われることがあります。

手首に異常を感じて病院に行くと触診、画像検査、血液検査の3つのうちいずれか、もしくはすべてを行って適切な判断が下されます。

 

手根管症候群の手術について

手首の痛みの治療は原因によってさまざまです。

安静にしていればやがて治るものもあれば、投薬治療が必要なものもあります。

その中で手術が必要になる場合もあることで知られているのが手根管症候群という病気です。

 

手根管症候群について

手根管症候群について簡単に説明すると、手の神経が圧迫される病気です。

手のひらには骨と靭帯が作り出すトンネル状の組織があり、その中に神経が通っています。

 

ところが何らかの原因で神経が圧迫されることによって手首が痛むのが手根管症候群です。

痛みだけではなくしびれもあるのが手根管症候群の大きな特徴です。

 

どんな手術をするの?

手根管症候群の手術の目的は手のひらにあるトンネルの幅を広くすることです。トンネルの幅が広がれば神経も圧迫されないので痛みやしびれもなくなるというわけです。

 

手術の具体的な方法としては靭帯の切除が挙げられます。靭帯を縦に切ることで手根管、トンネル部分が広がります。直接手術する場合もあれば内視鏡手術の場合もあります。

入院する場合は少なく、たとえ入院があったとしても1泊程度です。

その後1週間から10日くらいはギプスをつけて生活します。

 

その期間はプールや温泉に入ることは出来ませんがその後は普段と変わらない生活を送れますので安心してください。

傷跡については、手術直後は3-4㎝の縫い跡が目立ちますが数か月すればほとんど目立ちません。

 

手根管症候群では手術が必要な場合もあること、そして手術にはそれほど大きな手間はかからないことを知っておいてください。

 

手首にできたコブ…もしかしてガングリオン?検査と治療方法

手首にポッコリできたコブ…それはガングリオンかもしれません。

ガングリオンは、手足の関節、特に手首にできやすく、手首の痛みやしびれを感じる人もいます。ガングリオンの検査・治療法を説明します。

 

ガングリオンとは?

ゼリー状の液体が溜まってできるコブです。

若年女性に目立つ症状ですが、性別・年代問わず発生します。手を使う頻度と発症は無関係だといわれますが、原因はよく解っていません。

 

検査

発生した部位と触診によって、ガングリオンの可能性が分かります。さらに超音波検査を行うこともあります。

針を刺してコブの中身を吸引し、黄色がかったゼリー状の液体が採取できれば、ほぼガングリオンであるといえます。

 

ごくまれに悪性の腫瘍の場合があり、疑わしいときはMRI検査なども行います。

 

治療

ガングリオン自体は、悪性のものではありません。

自然とコブが消失しているケースも多く、痛みが無ければ経過観察のみです。

以前は、物理的な力を加えて(叩くなど)ガングリオンを潰す方法もあったようですが、今ではほとんど行われません。

 

痛みがひどい、コブが大きいケースでは、針による内容物の吸引、手術も実施されます。

吸引は短時間でできる治療ですが、再発の可能性があります。

ガングリオンの大きさ・位置・痛みの程度を勘案して、積極的な治療か経過観察かを判断します。

 

受診は整形外科医がお勧めです。ガングリオンではなく、他の腫瘍の疑いがある場合は、精密な検査が必要になります。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/08/15-367067.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

手首が痛いのは肘のせい? 肘部管症候群かも?

  手首や手に痛みやシビレがあるからと言って、その場所に問題があるとは限り...

女性ホルモンを整えて腱鞘炎予防!ホルモンバランスを整える栄養素

腱鞘炎の発症に女性ホルモンが関係しているのを知っていますか?女性の腱鞘炎患者...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る