カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 予防 >
  5. 体を温めて血行を良くする!忙しい人はシャワー浴で肩こり予防を

関節痛・腰痛

体を温めて血行を良くする!忙しい人はシャワー浴で肩こり予防を

 

肩こり予防には体を温めて血行を良くする、そのためにはゆっくりお風呂に浸かって…と分かっていても、忙しさからふだんはシャワーで入浴を済ませている人も多いはずです。

そこで、シャワーを効果的に使って肩こり予防に役立てる方法を紹介します。

 

 

温度と当て方の組み合わせがポイント

◆湯温38~40℃で

足先から徐々に上の方へシャワーを当てていきます。1カ所あたり20秒ほど、じっくりとシャワーを当てます。

足先、足首回り、膝関節、股関節の順で、関節を意識してシャワーで温めましょう。

上半身も、手先から次第に肩の方へ上がっていきます。手先、手首、肘、肩周り、首周辺の順が効果的です。

ややぬるめの湯温なので、体が冷えないよう、最後は腹や背中といった体幹部も念入りにシャワーをかけます。この時は、少し湯温を上げると湯冷めしにくいでしょう。

 

◆湯温41℃で

まずはぬるめのお湯を全身にかけ、体を慣らします。次に湯温を41℃に上げ、肩周りや首、肩甲骨付近のコリを感じやすい場所へ、集中的に当てます。1カ所あたり2分ほど当てると良いでしょう。

次に、同じ場所へ30度前後まで湯温を下げたシャワーを当てます。そして41℃のシャワーを再び当てます。血管の収縮と拡張を繰り返し、血流をアップさせます。

風邪をひかないよう、最後は40℃くらいのシャワーを全身にあててください。

 

 

シャワーの水流でマッサージ効果も期待できます。仕事がある日はシャワーでマッサージ浴、時間に余裕がある休日は湯船でゆったり半身浴はいかがでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/01/12-033006.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

女性は手の疲れからくる肩こりが多い!指のストレッチしてますか?

肩こりを防ぐためにはストレッチが有効です。その中でも指のストレッチをすると、肩...

睡眠中の身体への負担が減る!枕を選んで肩こり予防

  肩が凝るという理由で、枕を新調する人は案外少なくないそうです。   人間...


タイプ別予防法 ストレス・眼精疲労・栄養不足からくる肩こりに

  肩コリといっても原因はいくつもあって、その内のどれか一つだけが原因にな...

姿勢や眼精疲労が原因?~パソコンが原因の肩こりの予防法~

  肩こりを引き起こす主な原因といわれるのが、「長時間同じ姿勢、運動不足、...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る