カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. まさかあの人もそうだった!?カレン・カーペンターなどの拒食症になった世界の有名人

メンタル

まさかあの人もそうだった!?カレン・カーペンターなどの拒食症になった世界の有名人

食が豊かになった今では、体型維持は世界中の先進国に住む人々の関心ごとです。脳においしいぞ!という指令を送る添加物をふりかけたものや、油と砂糖をたっぷりいれて日ごろのストレスから解放させ、脳をどんどん中毒にする嗜好品たち。

ここでは自ら「拒食症」だとカミングアウトした世界の有名人を紹介します。

 

あまりにも有名なアメリカ人歌手 カレン・カーペンター

拒食症でなくなった一番の有名人ではないでしょうか?

中肉中背だった彼女ですが、兄に「少し太っている」と言われたことや、音楽雑誌に「太っちょ」と書かれたこと等が原因で、過激なダイエットに陥っていきました。

30歳で結婚しましたがその結婚は悲惨なものでカレンを追い詰めていき、拒食症で何度も入院治療を行いましたが、2年後の離婚寸前に栄養失調が原因で意識不明となり、32歳で帰らぬ人となりました。

 

モデルの歴史に一石を投じた拒食症モデルたち

2006、7年と相次いで、トップモデルが拒食症が原因で亡くなりました。

一例目はアナ・カロリナ・レストンさん。ウェブ画像検索するととても美しいとは言えないガリガリスタイルが見られます。このガリガリのままショーにでており、当時モデル界では服を美しく見せる?として採用されていたのです。174センチ40キロで、21歳で心不全で亡くなりました。

 

二例目はウルグアイ出身の姉妹モデルの姉ルイゼル・ラモスさんと妹エリアナ・ラモスさん。二人ともダイエットコークやレタスの葉しか摂取しておらず、姉は舞台の途中で気分が悪くなったと2006年8月に心不全で22歳で死亡、妹も翌年2月、寝室で栄養失調による心不全で19歳で死亡しました。

このような例を受け、拒食症モデルを採用しない動きがモデル界に浸透していきます。

 

拒食症モデルの歴史を変えたモデル、クリスタルレン

クリスタル・レンは、14歳の時に憧れのモデル事務所へ入りましたが、173センチ80キロあったため、23センチヒップを痩せるように言われました。健康的なダイエットをはじめましたが、痩せない時期を迎え、ダイエットは加速。43~45キロまでおとし、拒食症に陥りながら、16歳で有名モデルとして歩みはじめました。

彼女の告白本によると、拒食症であるにもかかわらず、事務所はさらにダイエットトレーナーをつけて、異常なダイエットを強要。皆プライドがあって告白しなかったけれど、他のモデルさんたちもそのような状況だったと感じたと言っています。

 

拒食症で命の危険を感じた彼女に、モデル事務所は、年配のモデルがする大柄サイズのモデルになるか、CMモデルになる道を選んではと選択肢を出します。彼女は自分のために大柄サイズのモデルを選択し、拒食症克服のきっかけをつかみました。

拒食症を克服した大柄サイズの彼女を、ゴルティエやシャネルがモデルとして起用。2010年にはふっくらモデルが主流に復活。2012年ヴォーグ誌は、痩せすぎモデルを採用しないと発表しました。

 

2000年初頭、痩せ競争が激化していたようですが、今はふくよかモデルが復活。日本の雑誌もこの流れで、ふくよかな人がどんどん増えてほしいものです。

 

(Photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

摂食障害に関する記事

摂食障害とリストカット症状に陥りやすいパーソナリティ障害 拒食症と併発する病気や症状とは?

パーソナリティ障害をご存知ですか?   わかりやすく説明すると、『社会で...

あなたはあてはまる?あてはまらない?拒食症の診断基準やなりやすい人ってどんな人?

拒食症はものすごく特別な病気ということではなく、そのきっかけはダイエットであ...


それ、拒食症ではないかも!?嘔吐恐怖症と拒食症との違い 拒食症の兆候など

拒食症の症状として嘔吐症状は知られている症状です。しかし同じように嘔吐に関す...

まさかあの人もそうだった!?拒食症経験のある有名人~拒食・過食の症状や過程原因など~

モデルやタレント事務所に所属すると、何キロになりなさい、何キロを維持しないと...

カラダノートひろば

摂食障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る