カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 拒食症は昔もあった?拒食症=神経性無食欲症の歴史と一番古い記録について

メンタル

拒食症は昔もあった?拒食症=神経性無食欲症の歴史と一番古い記録について

拒食症になる人々は完璧思考で、病気になる前はちやほやされるタイプであっても、心の中はとても孤立した人が多いと言えます。自分の弱さを周囲に知られたがらず、自分の憧れる像に、何をしてでもなりたい、またはしたくないことをやらされているがそれが言えない、言ってはいけないと思い込んでいる場合が大半です。

 

現代においては、誤解されやすい病気

食事が十分あるのに、食べない、食べたくないなんて、現代の贅沢病だ!と考える大人も少なからずいると思いますが、この病気に陥った人の問題は、弱みを人にさらけ出せない、嫌なことを嫌と言えない、こうでなければ幸せじゃないという、人生観の狭さにあります。

贅沢病だ!と一掃する人の中にも、拒食という形をとらないでも、たばこや酒、他の贅沢品への依存で、自分の弱さを消化せざる負えず、やめた方がいいとわかっていてもやめられない人もいるのではないでしょうか? そう考えれば、自分の弱さをどこで吐き出し、バランスをとっているかが違うだけとも言えます。

 

一番古い記録

拒食症の歴史をひも解いてみると、17世紀のヨーロッパで記録がみられます。しかし、これ以前になかったかというと定かではありません。心の病気を研究するという考えがなく、心霊や悪霊のせいで片付けがちだったこともあるでしょう。

 

食べて吐く

『食べて吐く』行為に特化して言えば、ヒンズー教では、身体の中を浄化する修行の一環で紀元前から行われています。宗教的修行と断食はセットで行われており、カトリック修行中の若者が現代なら『拒食』と診断されるような異常な精神状態で、断食をおこなっていた記録がたくさん出てきます。

 

戦後増えた拒食と特殊な人々 

日本でも医学の症例として拒食症例が、1964年頃から発表されるようになりました。世界的にも戦後、拒食症患者は増えていきました。メディアが発達し、女性が自分のスタイルを特に気にするようになったためだと言われています。

1974年には、アメリカで「ブリマレキシア」という人々がいることが報告されます。成績優秀でスタイル抜群の学生たちの中に、嘔吐や下剤を乱用し、それを保っている人がみられるという報告です。この人たちは拒食するわけでも過食するわけでもなく、スタイルキープのためだけに嘔吐や下剤使用を行います。

 

職業的な拒食症

女子の体操選手は500G太っただけでできない技があるために、拒食?!と診断されかねない選手もいるそうです。筆者は出版社にいた頃、たくさんの地方モデルとお友達でしたが、表に出さないだけで、拒食症とたたかっていると当たり前のようにききました。地方であってもそうなのですから、国内、海外のモデルたちも隠しているだけで、現在も摂食障害と戦っている人はたくさんいることでしょう。

 

拒食症の歴史は、食べ物が安易に手に入り、しかしながら女性の痩せた見た目がはやることで、そういった生活環境や文化の弊害として、最近特に活発になってきたようです。安易に女性が摂食障害に陥りやすい現代、ついつい「いい子」を目指すような子育てをしがちですが、「ありのままの自分を好きな子」を目指す子育てをしていく必要性があるでしょう。

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

摂食障害に関する記事

無食欲症とは違う?!拒食症は怖い病気です、拒食症と神経性無食欲症という呼称を考えよう!

一般的に拒食症と呼ばれる病気は正式には神経性無食欲症と言われます。拒食症という...

過去の摂食障害やリストカット経験、告白する?しない?告白しない方がいい理由とは

新しい彼氏ができたとき、または結婚を考える相手とつきあうとき、摂食障害やリスト...


どういう家族に多い傾向がある?過食症に子供を陥らせやすい家族とは?

以下に、子供が過食症におちいったケースの家族を並べました。とはいえ、必ず陥るわ...

知っていますか?あのダイアナ妃もそうでした!摂食障害とリストカットを克服したダイアナ妃

元イギリス皇太子妃ダイアナさんは、摂食障害とリストカットの経歴の持ち主でした。...

カラダノートひろば

摂食障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る