カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 症状 >
  5. 拒食症、発症から治るまでの症状・過程をチェック!

メンタル

拒食症、発症から治るまでの症状・過程をチェック!

拒食症患者はどのような過程を経て、発症し完治へ向かうのでしょうか?その渦中にある方、またはご家族で、チェックしてみてください。

 

1.  拒食症のきっかけ

「人から見て完璧な人生を送りたい」と考え、普段からなんでも徹底的に極めることが得意な人が、思春期に完璧な見た目を目指して陥りやすいです。または親に自分らしさを認めてもらいたくて、食事拒否をします。

 

2. 拒食行動に陥る過程

ダイエットをはじめると徹底的に食事制限をします。お腹が減ることを快感に感じはじめます。

 ↓

食べなければ食べないほど、達成感で元気になることが多いです。生理が止まりますが、たいていは本人にとってはあまり重要でないものです。

 ↓

しばらくすると、制限してきた反動で高カロリーのものを際限なく食べてしまうことがあります。すると自己嫌悪に陥り、それを取り戻すために嘔吐したり、下剤を利用したり、やみくもに運動をし続けたり、以前にも増して、食事制限をします。

 ↓

食事制限をする中、高カロリーのものへの憧れも捨てきれず、高カロリーのものを食べてしまっても平気なように、どんどん目標体重が下がっていき、健康の危険領域に達します。(うつ症状が伴う場合は”死んでしまいたい”と思って危険領域に達するケースもあります。)

 

3.  周囲の反応と抵抗

痩せすぎると周囲が心配を始め、食事についてあれこれ言われますが、言われれば言われるほどかたくなになり、心を閉ざしていきます。

 

目標の低体重をあきらめることは本人にとっては、これではみじめな一生になってしまう、プライドが許さない、と感じるため(死んでしまいたいケースの場合は、家族に死をみせて抵抗したいため)です。

 

特に思春期はホルモンの関係でイライラしがちで、食事のストレスも含め、親へ反抗する事でストレスの発散をします。

 

4.  病院で治療をはじめる

家族が病院へ通うなどして対策がとられる。

 ↓

本人を治療に向わせる工夫・教育をする。

 

悲惨な拒食体験者のビデオをみたり、生理が止まることの副作用、むし歯の異常発生や低体重から受ける障害などを本人に根気よく伝えながら、治療への意義を植え付けることがカウンセリングで行われます。

 

健康に向かって、体重を少し戻すことからを目標に、食事日記をつけるなどして、本人の意思を尊重した形で、回復を目指します。

 ↓

回復しはじめると、過食嘔吐へ移行することが大半です。異常に高カロリーのものを際限なく食べては吐く、ということを繰り返したりします。これはすぐに軽減することは難しく、ほどよく食べることについて訓練をしながら、嘔吐する回数、下剤を使う回数の軽減を目指します。食事やダイエット以外での人生の目標をつくり、それに打ち込むことも軽減のタネになります。

 ↓ 

一般的な体重に戻り、本人がほどよく食べる意義も量も十分理解し、コントロール法も心得たら、治療は終了です。

 

摂食障害が完治した後も、依存性の誘惑は一生つづく

一度タバコを吸っていた人が、ひょんなきっかけやストレスで、また喫煙者に戻ってしまうように、生活に支障をきたす摂食障害は完治しても、嘔吐や下剤への依存願望は完全に消し去れるものではありません。

 

完治した後も、人生の折々でストレスにさらされるたびに、過度なダイエットに入ろうとしたり、過食嘔吐や下剤で体重を取り戻そうとする思考は続きます。

 

本人はそれを把握し、たまに嘔吐してしまう自分を責めないこと、年齢とともに吐いたり下剤使用はきつくなりますので、それを肝に命じながら、ダイエットの方法を健康なものに限定したり、過食の途中で自分を律したり、少しの体重変化や過食なら徐々に元に戻るという考えをもって、摂食障害の慣習化へ逆戻りしないよう、投げやりにならず、あせらず、優等生志向をゆるめながら、人生を歩んでいくことが大切です。

(Photo by://pixabay.com/) 

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

「過食」が及ぼす影響

■「過食」が及ぼす影響「過食」は基本的に自分でコントロールできるものではありませ...

摂食障害と精神的問題

  摂食障害の患者さんは、完璧主義に物事に挑むので、どうしても物事の細かい部分...


摂食障害とリストカット症状に陥りやすいパーソナリティ障害

  パーソナリティ障害をご存知ですか?   わかりやすく説明すると、『...

あなたは何点?SRSEDチェックテスト

  摂食障害には拒食症と過食症があり、それぞれは真逆の行為であるように見えます...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る