カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 症状 >
  5. 拒食症の症状を回復するために家族ができることチェック

メンタル

拒食症の症状を回復するために家族ができることチェック

 

ネットなどで拒食症の症状を調べて、どうやらわが子が拒食症ではないか?と思ったらまずは病院を受診させたいのはやまやまですが、本人はまだまだ痩せたいため、必ずと言っていいほど、拒否されることでしょう。

 

まずは家族が先に受診することが先決ですが、病院へ行く前に、拒食症と診断されたらどのような対策が必要になるか知りたい方のために、家族ができる対策をここでチェックしてみましょう。

 

▼ 家族全員で、拒食症の特徴を把握する。

拒食症はダイエットへの意志が原因でなるのではなく、生き方への不安ストレスから陥ってしまうものです。陥ってしまった本人の不安やストレスを減らすために、否定的な声掛けをしないことが大切です。まずは家族全員が拒食症について理解しましょう。たとえば嘔吐や下剤使用を頭ごなしに否定しない、食べたくないものを強要しないなどです。

 

※上記のような状態が必要であるのに、家族の中には悪気はないけれど理解できないで、本人を責めるような声かけをしてしまう人がいる場合は、そのことも先生に相談することが大切です。命に危険な体重領域であれば、入院措置の参考にもなります。

 

▼ コミュニケーションへの忍耐

本人の体重が30Kg以下の場合、飢餓によって、思考力が低下し、何度説明しても覚えられない、自分に都合よくしか解釈できない、涙もろい、すぐ癇癪をおこすということが見られます。家族はそれを理解し、目安として35Kg以上にならないと通常のコミュニケーションがむずかしいと心得てください。病気だからと許すことが大切です。

 

▼ 食べさせるための工夫

病院へ入院となれば、病院がすべてやってくれますが、まだ命の危険の体重に達してない場合は、家族で対処することも多いです。本人が体重を少し戻す目標を決め、自宅で回復を手伝う場合、本人からカロリー計算された食事を求められることが大半です。宅配などで栄養とカロリーが計算されたものを利用する、料理をつくる人が徹底的にカロリーを把握するなどして、本人のカロリーコントロールの意に添えることが、本人の回復過程の大きな助けになります。

 

▼ 学校や就労の制限

体重が標準体重の60%~70%以下だと学校へ行っても、授業を把握できなかったり、栄養不足で倒れたりが予測されますので、学校や就労が制限される場合があります。その場合、家にずっと本人がいることになりますので、家族はその心づもりをしとくとよいでしょう。

 

▼ 何のために食べるのか? の共有

病院で少し体重を戻すという目標を本人が承諾した場合、どんな目標を持って回復するのかを共有し、それをキーワードに食事を勧めることが大切です。親の考えで食べさせようとすると、不安やストレスを与え、本人がまた体重増加を拒否する原因となります。

 

▼ 食事日記を手伝う

回復期は食事日記をつけることを病院からすすめられることが多いです。食事日記は、カロリーの高いものを食べたいけれど太りたくない本人の大きな手助けになりますので、親が食事を作る場合、食事日記の参考になるメモを渡してあげることも、回復を早める手助けになります。

 

 

拒食症の家族のサポートは大変ですが、命の危機を一緒に乗り越えることが出来れば、家族にとっても得るものが多いものです。回復過程は進んでは戻りつつになりますし、何年もかかることもしばしばありますが、焦らず進めていってくださいね。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E5%AE%B6%E6%97%8F-%E7%88%B6-%E6%AF%8D-%E5%AD%90-%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E5%B0%91%E5%B9%B4-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E6%95%B0%E5%AD%97-100671/)

 

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

拒食症による幻覚症状例

      私が直接知っている拒食症による幻覚症状例を紹介します。 ...

摂食障害とリストカット症状に陥りやすいパーソナリティ障害

  パーソナリティ障害をご存知ですか?   わかりやすく説明すると、『...


あなたは何点?SRSEDチェックテスト

  摂食障害には拒食症と過食症があり、それぞれは真逆の行為であるように見えます...

リストカットをする摂食障害者の克服過程

  ここではリストカットを伴う摂食障害に苦しむ方が、実際に克服にむかってす...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る