カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  5. 知っておきたい!妊娠後期~出産まで妻の身体に起こること

妊娠・出産

知っておきたい!妊娠後期~出産まで妻の身体に起こること

妊娠後期のママの身体は、子宮が最大に大きくなり、赤ちゃんも38週を過ぎるといつ出てきてもいい状態まで成長します。お腹が大きく重くなったことで、ママは体力的にきつくなります。

 

出産までに起こること

※出産までの経過は人それぞれです。筆者は前駆陣痛もあまり感じず、出産予定日を10日過ぎて陣痛促進剤で分娩しました。

 

・前駆陣痛:不規則な下腹部の痛み、お腹の張り。出産近くには強くなることも

・おしるし:陰部からの少量の出血。

・破水:子宮内膜が破れ羊水が出てくる。大量でなくても早急に入院が必要。

・陣痛:子宮収縮に伴う規則的な痛みが増していく。子宮口が10cm開いたら分娩台へ。

・分娩:いきみを伴い、赤ちゃんを押し出す。母体の状態によっては帝王切開になることも。

・後陣痛:出産後、元に戻ろうとする子宮収縮の痛み。

 

高齢ママの出産

高齢出産のリスクについては、妊婦さんの年齢や身体の状態によって違うので、お医者さんと相談し適切な方法で出産にむかいましょう。

35才を過ぎると、産道が固くなる・骨盤が開かない・子宮が開かないなどと言われていますが、若いママに比べて若干リスクが高いということで「高齢出産=難産」ということではありません。

 

ただし出産は体力勝負なので、妊娠中にも軽い運動などで体力はつけておきましょう。

 

会陰切開ってどんな手術?

会陰切開とは、分娩時に会陰部の裂傷を避けるために行う処置です。

 

<一般的な処置方法>

1:膣口が大きく開き、赤ちゃんの頭が見えてきた時に行う

2:会陰部に麻酔を打つ

3:ハサミで会陰部を切る

 

<痛かった?>

「会陰部をハサミで切る」なんて言われたらゾクッとしますが、多くのママは「陣痛の痛みが強すぎて、会陰切開の痛みは感じない」と言います。

逆に言えば、会陰切開の痛みを感じるママは、それほど陣痛がひどくないという事なのかも知れません。

 

ちなみに筆者は出産前から会陰切開に対する恐怖心が強く「来るぞ来るぞ~」と身構えていたので、切開の瞬間は「イテッ!」と言ってしまいましたが、逆に陣痛に対しては割と冷静でした。

 

キックゲーム

胎動が激しくなる妊娠後期には、赤ちゃんの動きが外から見ていてもはっきりわかるようになります。赤ちゃんは耳が発達しているので、ママの声がわかるようにたくさん話しかけてあげましょう。

 

また人によっては、お腹をポンポンと叩くと、赤ちゃんが蹴り返してくれることもあります。2回叩くと2回蹴ってくる、というキックゲームができる赤ちゃんもいるようです。出産前しかできない親子のコミュニケーションを楽しみましょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●用意しておくと便利!出産入院の持ち物

 

(photo by //www.ashinari.com/)

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

ママの体型どう変わる?妊娠後期から産後までの妊婦さんの体型

  ちなみにお腹の大きさの程度は人それぞれで、大きいからといって赤ちゃんも大き...

【妊娠後期】いつ陣痛が始まってもおかしくない!この時期パパが出来ること~日常生活編

妊娠8ヶ月を迎えるといよいよ妊娠後期となります。赤ちゃんとの対面ももうすぐです。...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

胎児の性別☆3人目も女の子、男の子希望だったパパ

長女次女と続き、念願叶って10年振りの第三子目を妊娠中です。 夫の希望は男の子! 2人でキャンプ...

実感が湧きにくい?パパの心の準備

女性は妊娠すると体調の変化や身体の変化、 メンタル面での変化が日々あるので実感が湧きやすいですが、...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る