カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期症状・兆候 >
  4. その他 >
  5. 診断しにくい妊娠中の虫垂炎…治療法は?

妊娠・出産

診断しにくい妊娠中の虫垂炎…治療法は?

「盲腸」と呼ばれることの多い虫垂炎ですが、この病気になると右側の下腹部が引きつるように痛み、発熱や嘔吐をともなうことがあります。

妊娠中でも発症することがあり、1500人の分娩につき1人の割合でおきているようです。

 

これは妊娠していない場合でも同様の確率であり、妊娠中だからかかりやすいということはありません。

妊娠初期や中期に発症することが多いようです。

 

診断しにくい妊娠中の虫垂炎

虫垂炎かどうか判断するには、血液中の白血球が増えているか、触診でお腹を圧迫した時に痛みがあるかどうかが重要な判断基準となります。

しかし、妊娠中は白血球の量が増えた状態であり、触診で圧迫すべき位置が子宮が大きくなることによりずれてしまい、分かりにくいということがあります。

 

下腹部の激しい痛みという症状は、子宮外妊娠や卵巣嚢腫の茎捻転と似ています。

判断が遅れると炎症が進み虫垂に穴が開き、腹膜炎を引きおこすことで流産や死産の確率が高くなってしまいます。

 

こうなると母体の生命にも関わってきますので、一刻も早い治療が必要です。

また、子宮の収縮を引きおこすこともあり、赤ちゃんを流産や早産する危険性が高まります。

 

妊娠初期の虫垂炎の治療

ひどくなければ妊娠中でも服用できる抗生物質を投与します。

悪化する傾向にあったり程度が重い場合は手術を行います。

麻酔をかけ、開腹での手術や腹腔鏡を使用した手術になることが多いようです。

 

麻酔による赤ちゃんへの影響が気になるところですが、今のところ特に問題があったというケースは報告されていないようです。

早めに適切な治療を行うことで、問題なく出産を迎えられるようです。

 

軽度のうちに発見されれば抗生物質での治療で対応できることもありますので、右の下腹部がズキズキと痛むようであれば、早めに病院へ行くようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

妊娠中の頭痛が引き起こす、沢山のつらい症状…吐き気、立ちくらみや眩暈!?

妊娠初期に“頭痛”を感じてしまうママは沢山いるのではないでしょうか。 この...

ママのお腹選ぶなんておバカさんだねーでも密かに感謝!10代ママの妊娠初期体験談

「ひつじ さん」はじめての妊娠をされた10代のプレママさんの体験談です! Q....

その他の体験談

いよいよ主人に妊娠報告!反応は・・・?

いろんな妊婦さんがいらっしゃいますが、相手の方に妊娠報告をするときどんな反応をするか想像しますよね?...

化学流産◆妊娠検査薬陽性後に出血

2人の目の妊活中の出来事です。 生理予定日になっても生理が来ず、 一週間後に検査薬をやってみ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る