カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. >
  7. 生理痛がひどい人は低用量ピルがオススメ!

女性のカラダの悩み

生理痛がひどい人は低用量ピルがオススメ!

激しい生理痛で毎月辛い思いをしている方・・・鎮痛剤もあまり効かないので辛い・・・他にも憂鬱やめまいなどの症状で悩んでいる方・・・そんな人にはピルがオススメです!

 

ピルは女性ホルモンの薬で、避妊以外にもこのような効果がみられます。

・PMSなどの生理トラブル 

・生理痛や経血の量の軽減

・生理不順や貧血の改善

 

服用できない人

・喫煙者

・乳癌や子宮筋腫の疑いがある

・脳血管や心臓の血管異常がある 

・肝機能障害 

・高血圧の既往歴またその疑いがある

・糖尿病、高脂血症 

・妊娠(または、その可能性)、授乳中の女性

など心配な点があれば医師に相談しましょう。

 

ピルは処方してもらうには?

医師の処方せんが必要です。婦人科や内科(不可のところもある)などを受診して、医師に処方せんを発行してもらいましょう。

 

診察では子宮の状態を見たり、子宮がんの検査をする場合もあります。万一、女性の病気が見つかった場合、そちらを優先して治療を開始します。

 

いくらくらいかかる?

ピルは、保険適用外なので自費です。初回の検査は、検査内容にもよりますが1万円前後でしょう。ピル自体の価格は1か月分で2000円~3000円程です。

 

一度ピルの服用をはじめたらきちんと飲まないと意味がありません。服用にかかるお金、定期的に行う検診費などを頭に入れて、計画をもって受診しましょう。

 

生理が辛く悩んでいる方は、ピルの服用を検討してみてはいかがですか?

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

月経トラブルにおすすめ!漢方薬

生理痛やPMS(月経前症候群)、生理不順などで悩んでいる方におすすめなのが、...

温経湯や血府逐瘀湯など生理痛にオススメの漢方薬

    生理痛は瘀血がベースにあって起こると考えられています。   瘀血とは、...


非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と他の薬の相互作用

  様々な薬との相互作用があり、それに応じた副作用が生じます。   ・NSAI...

生理痛に関わる物質プロスタグランジンと生理痛対策 (1)薬編

生理痛には、プロスタグランジンという物質が大きくかかわっています。プロスタグ...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る