カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 漢方薬自体は直接血圧を下げない?高血圧における漢方薬治療

生活習慣病

漢方薬自体は直接血圧を下げない?高血圧における漢方薬治療

 

心臓は収縮と拡張を繰り返すことによって強い圧力で血液を全身に送り出しています。この圧力が最も強まる収縮期の血圧を最高血圧といい、最も弱まる拡張期の血圧を最低血圧と言うのですが、この数値が片方、あるいは両方とも高い状態のことを高血圧と言います。

 

 

東洋医学では高血圧をどう見る?

東洋医学では漢方薬が治療に際して使用されますが、漢方薬自体が直接血圧を下げることはしません。そのため、直接的に薬によって高血圧を治そうということになるとやはり西洋医学で行われます。では東洋医学ではどのようにして高血圧に対して治療するかと言うと、高血圧の随伴症状を改善するために利用されます。高血圧の随伴症状とは、高血圧に伴って起こる症状のことで、頭痛や、頭重感、のぼせ、耳鳴り、肩こり、動悸、夜尿、不眠、目のかすみ、手足のしびれなどがあります。西洋医学ではまずは高血圧を改善することが優先されます。

 

同じ高血圧でも漢方薬はそれぞれ

元々漢方薬は、病名ありきで処方されたものではなく、頭痛や肩こり、動悸と言った症状に対して使用されてきたものです。そのため高血圧の随伴症状を改善する漢方薬もその内で、どの漢方薬が適しているかは、患者さんの体質や症状などによって変わってくるのです。

 

漢方薬なら一錠で

高血圧の随伴症状は上記のようにいくつもあります。これに対して西洋医学で対処しようとすると何種類もの薬を服用しなければならず、その相互作用や副作用も問題になります。しかし、漢方薬であれば一錠でいくつかの症状に対応できる上、副作用もあまり見られないため安心して服用できます。

 

降圧剤の副作用にも

西洋医学の降圧剤はあまり副作用の出ない薬なのですが、体調や体質によっては副作用が見られることがあります。この副作用に対して漢方薬が用いられることがあります。

 

 

同じ薬でも西洋医学の薬と東洋医学の漢方は少し違いますが、お互いを補完してくれる位置づけになっているとも言えるでしょう。

   

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025191.php?category=266])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

患者によって使い分けられる「ACE阻害薬」

  高血圧治療で使用される薬剤のひとつにACE阻害薬というものがあります。この...

高血圧治療の薬の特徴を理解して、あなたに適した降圧剤を!

高血圧は心臓や脳の病気につながる怖い症状です。高血圧治療に対しては、様々な薬(...


高血圧の治療薬ってどんな薬?

  ・Ca拮抗薬  (ノルバスク、ペルジピン、アダラートなど) 膜電位依存型L...

漢方薬は高血圧にどんな影響をもたらす?

  西洋医学において高血圧症の治療は血圧を下げることが最優先に行われます。血圧...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る