カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. 【アンケート結果あり】妊娠中の服装気をつけてますか?妊娠初期の腰痛・つわり対策で知ったおきたい洋服のこと

妊娠・出産

【アンケート結果あり】妊娠中の服装気をつけてますか?妊娠初期の腰痛・つわり対策で知ったおきたい洋服のこと

多くの妊婦さんが悩まされやすい症状に、腰痛やつわりがありますね。せっかくのマタニティライフが、あまりの辛さに憂鬱な日々だったという話もよく耳にします。 

そんな腰痛やつわりも服装を見直すだけで、症状が楽になることも。今回は、妊娠初期の腰痛・つわり中におすすめの服装をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

妊娠初期の腰痛の主な原因

妊娠初期の腰痛は、妊娠したことにより分泌されるホルモンの影響。そのホルモンの分泌により、骨盤の靭帯が緩むため、周辺の筋肉や関節に負担がかかることから起きるものです。

痛みの解消には、筋肉の緊張をほぐしたり、温めたりすることで血液のめぐりをよくすることが大切です。

 

妊娠初期のうちは、まだお腹があまり出ていないので、普段の服装で過ごすことも多いと思います。しかし、もし腰痛が酷い時は、今までの服装を少し気を付けることで症状が軽くなることもあります。

 

妊娠初期の腰痛軽減のために服装に気をつけよう

締め付けの少ない服装にする

血行不良は腰痛の大敵。

きつめのジーンズやパンツは、下半身の血行を悪くしてしまいます。血行を良くするためには、伸びの良い素材のものやウエストがゴムになっているものがおすすめ。締め付けの少ないものを着用するようにしましょう。

 

妊娠初期でも人によってはお腹が出てきたと感じるがあります。そのような時は、下着などもマタニティ用の緩めのものに替えていくとよいでしょう。

 

体を温める服装にしよう

体を温めることは腰痛解消のためだけでなく、妊娠中の体調全般を整えるためにもとても重要です。冷え解消のポイントは、首・腰・足首・手首を温めること。

 

例えば、パンツを選ぶ場合は、丈の短いものよりフルレングスのほうが足首までカバーできるので安心です。またローライズのパンツをはく場合は、肌着や腹巻を活用することで、腰やお腹を冷えから守ることができます。

 

・腹巻もオススメ

最近では、洋服にひびきにくいかわいいデザインの腹巻も。腹巻は、産後の授乳時などにも活躍する便利アイテム。気になる方は早めに購入することがおすすめです。

 

・首回りはどうすればいい?

首回りの冷えには、ストールを上手に使いましょう。特に夏場のエアコンの風が強い時に活躍してくれます。ストールを常に携帯し、首やお腹や腰回りをカバーして、温めるようにしましょう。

 

腹巻もストールも、妊娠初期から産後まで長い期間使うことができます。お気に入りのアイテムを見つけてくださいね。

 

ファッションも楽しみながら腰痛対策を

最近では薄く、保温性や伸縮性の機能に優れた肌着もたくさん販売されています。普段薄着の方は、プラス1枚着て体を温める習慣をつけましょう。

また、冷えを感じた時にすぐカバーができるように、ストールやカーディガンは1枚携帯しておくと安心。腰痛をケアをしながら、お気に入りのファッションを楽しむことができますよ。

 

妊娠初期のつわり中…おすすめの服装は?

つわりがひどい時は、ずっとパジャマやルームウェアで過ごしたくなりますよね。ただ通勤や買い物、ちょっとした外出の時には、お出かけ用の服に着替えなければならない場面も出てきます。つわり中は、どんな服を着れば快適に過ごせるのでしょうか。 

 

基本は、ゆったりとして締めつけない服装

吐き気が強い、胸やけがするといった症状があるなら、体を締め付けない服装が基本です。胃、首周りがゆったりした服装を心がけましょう。

 

つわりのほとんどは、妊娠初期に起こります。お腹が大きくなってくるのは、妊娠中期に入ってからなので、マタニティウェアを急いで買わなくても大丈夫。

 今まで来ていた服の中から、チュニックやワンピースを選ぶだめでも快適に過ごせますよ。ゆったりしたシャツもボタンを留めるのではなく、羽織るように着れば、オシャレに着こなすこともできます。

 

また下着を選ぶ時も、ゆったりしたものをがおすすめ。ゴムがきつくないショーツやスポーツタイプのブラは、締め付けもなく楽に過ごせます。 

 

素材にもこだわってみる

つわり中の素材選びのポイントは、肌の優しさ、自宅で洗濯ができる、保温性があるの3点です。

つわり中は、普段より肌が敏感になっています。湿疹やかぶれを防ぐために肌にやさしい素材の服がおすすめです。

 

また嘔吐が酷い時は、服を汚してしまうこともあります。そのような場合も考えて、気にせず自宅で洗える素材の服がいいですね。

最後に、保温性。体を温めることは妊娠生活の大鉄則。つわりの症状も軽減されることがあるので、保温性に優れた素材を選び冷えから体を守りましょう。

 

【体験談Pick Up】妊娠中のファッションに関するアンケート結果

<出典元:カラダノート 体験談

投稿者:kajiママさん

Q1.妊娠前と妊娠してからとでは、どのような服装の変化がありますか?

1人目の時は、9ヶ月頃まで普通の下着が着けれてたのに。。。

上下下着の締め付けが気持ち悪く、マタニティパンツとユニクロのカップ付キャミ&Tシャツでノーブラ生活へ。。。

Q2.外出するときはどのような格好をすることが多いですか?

夏はマキシワンピで通勤。

寒くなってきてからは、マタニティパンツ、タイツ&マタニティスカート 上は、ユニクロのモコモコパーカー

Q3.家ではどのような格好をしていますか?

腹巻してスウェット

Q4.マタニティ服はどのようなものを持っていますか?

マタニティパンツ二本 マタニティスカート一枚

トップスは、ユニクロのカップ付きTシャツとヒートテックとパーカー

 

体を温める服装で、腰痛・つわりを改善

腰痛・つわりの改善に共通しているのは、体を温めること。冷えは妊娠生活の中では大敵です。ゆったりとした服装で血行を良くし、インナーで体を温めながら、カバーをしていきましょう。

 

また新しく服を買う時は、出産後も着ることも見越して選ぶと長く活用できますね。せっかくの機会ですし、パジャマやルームウェアもお気に入りの1枚をみつけても気分が高まります。

見た目と機能性を兼ねたオシャレを楽しんでくださいね。 

 

Photo by:https://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

消化が悪い?胸焼けがする?もしかして…妊娠中の気になる不調「胃もたれ」

妊娠するとホルモンのバランスで胃の働きが悪くなります。そのため、消化が今まで...

妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくに怖い?!

妊娠中に何度かお腹に痛みを感じた経験はありませんか? 妊娠中に起こる腹痛は、赤...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る