カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 基礎知識 >
  5. 妊娠中の下痢症状は感染症の可能性も?!カンピロバクターの感染に注意!

妊娠・出産

妊娠中の下痢症状は感染症の可能性も?!カンピロバクターの感染に注意!

妊娠中は生肉や生魚を食べないほうがよいということは、ほとんどの妊婦さんが知っているでしょう。

しかし、「ちょっとだけなら…」「生焼け程度なら大丈夫かな」「レバーは貧血対策にいいからといって食べてしまうこともあるでしょう。

 

食べたあとに下痢や発熱、頭痛の症状が出てきた場合、もしかしたらカンピロバクターによる食中毒かもしれません。この菌に感染すると胎児にも悪影響を及ぼすんです。

ここではカンピロバクターについてご紹介します。

 

カンピロバクターとは

主に生の牛肉や鶏肉を食べることにより感染します。飲料水から見つかったというケースもあります。

犬や猫などのペットも保菌しており、感染源となることがあります。空気に触れると死滅しますが、10℃以下の環境では生き続けられます。食品を十分に加熱することにより死滅します。

 

感染すると2~7日後ぐらいに発熱、頭痛、筋肉痛などがおこり、その後腹痛や吐き気がおき、次第に下痢の症状がみられるようになります。便は水のような状態であり、一日に何度もトイレに行かなくてはなりません。

 

胎児への影響

妊婦さんがこの菌に感染すると、やがて胎盤にも菌が住みつき、それを通しておなかの赤ちゃんへの感染も引き起こします。感染により赤ちゃんが髄膜炎になる可能性が高く、治療しても脳性まひが残ることもあり、大変危険な状態です。

 

妊娠中は生肉を食べることが禁止されている訳ではないので、軽い気持ちでつい食べてしまったということもあるかもしれません。

しかし、推奨されていないものをあえて食べることはできるだけやめましょう。あえて食べて赤ちゃんを危険にさらすことのないように心がけていきたいものです。

また、これ以外にも食中毒の原因となる菌がありますので、食中毒の予防方法を一通り確認しておくとよいでしょう。

 (Photo by:足成 )

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

お腹の赤ちゃんの名前はもう決まった?子供の名付けをする時のルールや注意したいこと

赤ちゃんの名付け、どんな名前にしようかとても悩みますね。どんな思いを込めて名...

パパもつわりの辛さを理解しよう!つわり対策にはどんなものがある?

辛いつわりですが、適切な対策をとることでえ症状を軽減することができます。つわり...

基礎知識の体験談

夫との関係~キレること~

皆さんは妊娠してからご主人との関係性は変わりましたか?私の場合、変わっているとまでは思わないけれど、...

両親学級に参加〜♪パパの沐浴トレーニング

病院で開催されている両親学級に参加してきました!赤ちゃんの沐浴指導でしたが、主役はパパさん達です(*...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る