カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. その他 >
  5. パパと協力して陣痛を乗り切ろう!

妊娠・出産

パパと協力して陣痛を乗り切ろう!

 

 

 

陣痛中にもしパパが付き添えるのであれば、少しでもママが楽にリラックスしてお産の時をむかえられるよう、フォローしてあげたいですね。

 

 

■リラックスさせてあげる

 

初めてのお産で、陣痛のあまりの痛さにパニックになったり不安になることもあるでしょう。ママの好きな音楽をかける、アロマを利用する、痛みがおさまっている間は楽しい会話をするなどママがリラックスできる環境を作りましょう。

 

■マッサージする

 

腰をマッサージしてもらうと楽になる妊婦さんが多いようです。人によってマッサージしてほしい場所や強さが異なる場合もありますので、ママの要望に従ってマッサージしてあげましょう。冬場などはパパの手が冷たければ暖めてから行うようにしましょう。

 

■温める

 

足や腰を温めると収縮した筋肉がほぐれ、血行がよくなり痛みがやわらぐことがあります。事前にママと話し合っておき、湯たんぽや足湯で温められるよう手筈を整えておくとよいでしょう。

 

■おしりをおす

 

陣痛の間隔が短くなってくると、おしりを押してもらうと楽になることが多いでしょう。「これが一番やってもらって助かった」という声をよく聞きます。テニスボールや手のひらでググッと強めに押してあげるとよいでしょう。

 

■とにかくママの要望をかなえてあげる

 

陣痛の状態も個人差がありますので、実際に陣痛がくると人それぞれ違った要望も出てくるでしょう。この時ばかりは「ママの手足となるぞ」ぐらいの気持ちで、してほしいと言われたことはどんどんやってあげましょう。「食べたいと言った物を買ってきたのに、差し出したらいらないと言われた」なんてこともあるようですが、怒らずにおおらかな気持ちで受け入れてあげましょう。

 

 

陣痛中は痛みで取り乱していても、その時のパパの言動などはしっかり覚えていることが多いようです。パパも一緒に出産に挑むという姿勢は、子供が産まれてからも良好な夫婦関係を継続できる要因ともなりますので、ママの気持ちに寄り添いながら共に陣痛を乗り越えていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/04-358659.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

病院で処方される、つわりの薬はどんなもの?胃薬や漢方はどうなの?

つわりの症状があまりにひどい場合は、産婦人科で薬を処方される場合があるようで...

最も一般的なつわりの対処法は?点滴をすると楽になるの?

妊娠初期は妊娠期間中で、最もお薬を飲むのを避けなければいけない時期です。 ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る