カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 充血 >
  5. 目がかゆい!逆さまつ毛の対処法

気になる病気・症状

目がかゆい!逆さまつ毛の対処法

頻繁に目がかゆいとかちくちくするなあと思ってよくよく鏡で目をのぞいたら、逆さまつ毛だったということもあります。その場しのぎで刺さっているまつ毛をぬいても、またしばらくすると、かゆかったり痛かったり、ぬいてもぬいてもまた生えてきて治らないということがあります。

 

まつ毛は年齢や体重の増減によって、まぶたの脂肪の厚さやたるみが変わって、最近まではなかったのに、急に困らせられるようになるという事があります。

 

逆さまつ毛には「内反症」と「まつ毛乱生」とその二つの混合があります。日本眼科学会の資料を参考に、逆さまつ毛とその対処についてまとめました。

 

 

▼内反症

眼球表面にあたるようにまつ毛が生えてくることです。内反症の場合、ぬくことで次に生えてくるまつげが短いうちから眼球にあたって、数日おきに抜かなければならなくなるので、まぶた全体を外側へ向ける手術を行う必要があります。

 

▼まつ毛乱生

まつげの生えている方向がまちまちになることです。眼球にむかって生えているものだけをぬいていくしかありませんが、何度も繰り返すことになりますので、レーザーや電気によって毛根を焼き、方向を変えたり、それだけ生えてこないように対処します。

 

手術は逆さまつ毛の種類や場所、年齢や皮膚のゆとりによりいろいろな方法が考えられます。病院でじっくり相談することが大切です。

 

手術は基本日帰りで、保険が適用されます。眼科だけで対応してくれる場合と形成外科にまわされる場合もあります。眼科と形成外科が併設の病院が便利かもしれません。

 

※3割の保険適用で片目で六千円程度、両目で1万円~1万5千円が相場のようです。

 

※赤ちゃんの逆さまつ毛 ⇒ 赤ちゃんのまぶたは脂肪が多いため、逆さまつ毛がよく見られます。しかし赤ちゃんのまつ毛は、とても柔らかいので心配ありません。

 

たいていはまぶたの脂肪がとれていくにしたがって、外側にむいて生えるようになります。成長とともにまつ毛も固くなっていきますので、子どもが気にして、ぬくことで対処する回数が頻繁であったり、5~6歳をすぎても困るときは受診しましょう。

 

逆さまつ毛で手術など大げさだとおもわずに、目を傷つけ他の疾病や炎症を防ぐために、病院を受診しましょう。 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

充血に関する記事

目の充血の原因とその仕組みって何?

鏡を見てみると目が充血している…いつの間に?という経験は多くの方がされているこ...

目に良い栄養素を摂取することで眼精疲労を解消しよう!おすすめの食べ物とは

基本的に目の充血は目の病気や目の疲れで起こります。眼精疲労が原因の場合は、目を休...


とっさの判断が失明から救う!知っておきたい「薬剤が目に入った場合」の対処法

薬剤が目に入ったら、とにかく流水で10分以上目を流してください。ものにもよりま...

目の充血から疑うべき病気とは?目の充血は病気のシグナル!目が充血している方は注意!

  目の充血は様々な病気のシグナルです。 こちらでは充血が症状として見られる病...

カラダノートひろば

充血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る