カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. とっさの判断が失明から救う!知っておきたい「薬剤が目に入った場合」の対処法

気になる病気・症状

とっさの判断が失明から救う!知っておきたい「薬剤が目に入った場合」の対処法

 

薬剤が目に入ったら、とにかく流水で10分以上目を流してください。ものにもよりますが、最悪の場合、失明の恐れがあります。

 

知識のない子供ならなおさら、大人でもなにかの拍子に洗剤や、殺虫剤や薬剤が飛散して目に入ってしまったり、洗剤や薬剤のついた手でうっかり目をこすってしまうことはあります。

 

とっさの対処

まずは水道水でいいので、目を最低10分洗いましょう。10分と思っていても短かったり、痛くて目を開けていられず、しっかり洗えていない場合、薬剤を流せてない場合があります。

まばたきを何度もしたり、しっかり目を開けて洗いましょう。もしもストックがあるなら、目を洗う専用の製品を使うことも効果的です。

 

放置の危険性

この程度なら大丈夫じゃないか?とか、洗ったし、目薬をさしたから大丈夫などと素人判断は大変危険です。

 

トイレなどの洗剤が目に入り、その場は水で流して終わりで、一週間たってから激痛がはじまり、失明してしまうこともあります。他には失明、白内障、緑内障、視力の低下といった可能性もあります。

 

入ってしまった薬剤持参で病院を受診しましょう。

 

どんな薬剤が特に危険度が高いか?必ず、病院へ行った方がいいリスト

<酸性薬剤>

塩酸、硫酸、漂白剤、酸性洗剤など。

酸は肌への浸透性が低く、障害は目の表面にとどまることが多いですが、視力低下の原因になるなど、あなどれません。

 

<アルカリ性薬剤>

水酸化ナトリウム、アルカリ性洗剤、毛染め液、パーマ液、生石灰、セメントなど。

アルカリは皮膚浸透力が強いため、目の奥の方にしみ込んで、数日たってからひどい障害を起こすこともあります。

 

病院では、まず生理食塩水で目を洗う処置がとられます。簡単にとれない場合は入院や手術の処置を行うこともあります。

 

最初の処置がどれだけ早かったかで、危険を回避できる可能性が高いです。大量に入った場合は水で洗った後、すぐ病院へ駆け込みましょう。

 

 

目の充血の対処法3つ 2~3日続くようであれば、病院へ!

目が充血したときの正しい対処法を見てみます。

目の充血が2-3日続く、目の充血のほかに大量の目やにが出ているなどの症状があれば単なる充血ではなく背後に病気が隠れている可能性が高いので病院へ行ってください。

 

●まずは目を洗う

目の充血があると気づいたらまずは目を洗うことが大切です。目の中にごみ、埃などが入っていてそれを追い出そうとして充血していることもあるからです。異物を出すために洗眼の習慣を持っている方も多いです。

特に女性の場合はマスカラやアイライナーなど異物が入りやすい環境ですので目を洗うのはおすすめです。

目を洗う時には市販の洗眼液を使うのがおすすめです。薬局などで1000円前後で販売されており、目を洗うためのケースもついてきます。

ケースは1回1回消毒してきれいに使いましょう。

 

●目に負担をかけない

充血が収まるまではコンタクトレンズの使用は避けてください。

コンタクトレンズは1Dayのものであっても目に負担を与えます。

また、PC画面をずっと見続けたりせずに1時間に1回は休みを取りましょう。

目が充血しているうちは、早めに寝るのも効果的です。

 

●乾燥を防ぐ

目が充血している状態でなおかつ乾燥しているというのは目には非常に悪い状態です。まずは部屋の乾燥を防ぐために加湿器などを利用してみてください。

目の乾燥を防ぐには市販の目薬が効果的です。

 

目の充血が起きている場合には目を洗う、目に負担をかけない、乾燥を防ぐという3つのポイントが重要です。

市販の点眼薬、洗眼液を利用して充血を解消しましょう。

 

 

目がかゆい!逆さまつ毛の対処法

頻繁に目がかゆいとかちくちくするなあと思ってよくよく鏡で目をのぞいたら、逆さまつ毛だったということもあります。その場しのぎで刺さっているまつ毛をぬいても、またしばらくすると、かゆかったり痛かったり、ぬいてもぬいてもまた生えてきて治らないということがあります。

 

まつ毛は年齢や体重の増減によって、まぶたの脂肪の厚さやたるみが変わって、最近まではなかったのに、急に困らせられるようになるという事があります。

 

逆さまつ毛には「内反症」と「まつ毛乱生」とその二つの混合があります。日本眼科学会の資料を参考に、逆さまつ毛とその対処についてまとめました。

 

▼内反症

眼球表面にあたるようにまつ毛が生えてくることです。内反症の場合、ぬくことで次に生えてくるまつげが短いうちから眼球にあたって、数日おきに抜かなければならなくなるので、まぶた全体を外側へ向ける手術を行う必要があります。

 

▼まつ毛乱生

まつげの生えている方向がまちまちになることです。眼球にむかって生えているものだけをぬいていくしかありませんが、何度も繰り返すことになりますので、レーザーや電気によって毛根を焼き、方向を変えたり、それだけ生えてこないように対処します。

手術は逆さまつ毛の種類や場所、年齢や皮膚のゆとりによりいろいろな方法が考えられます。病院でじっくり相談することが大切です。

手術は基本日帰りで、保険が適用されます。眼科だけで対応してくれる場合と形成外科にまわされる場合もあります。眼科と形成外科が併設の病院が便利かもしれません。

 

※3割の保険適用で片目で六千円程度、両目で1万円~1万5千円が相場のようです。

 

※赤ちゃんの逆さまつ毛 ⇒ 赤ちゃんのまぶたは脂肪が多いため、逆さまつ毛がよく見られます。しかし赤ちゃんのまつ毛は、とても柔らかいので心配ありません。

 

たいていはまぶたの脂肪がとれていくにしたがって、外側にむいて生えるようになります。成長とともにまつ毛も固くなっていきますので、子どもが気にして、ぬくことで対処する回数が頻繁であったり、5~6歳をすぎても困るときは受診しましょう。

 

逆さまつ毛で手術など大げさだとおもわずに、目を傷つけ他の疾病や炎症を防ぐために、病院を受診しましょう。 

 

 

見た目にも美しくない目の充血…簡単!対処法とは!?

目の充血の原因は大きく分けて、病気による炎症と目の酷使による疲れの2つに分けられます。今回は、目の酷使による炎症の解決法についてご紹介します。

 

目の血液循環を良くしよう

充血していない時には気がつきにくいのですが、白目にはたくさんの毛細血管があります。身体と同じように目も疲れてくると、回復のために酸素や栄養素を普段より多く必要とします。

すると、身体は不足した酸素や栄養素を補給しようとめに送る血液量を増やします。その結果、白目の毛細血管が拡張し赤く浮き上がったように見えます。これが充血の原因です。

 

つまり、疲れ目による充血を解消するためには、「目の血液循環を良くする」ことが大切です。

では目の血液循環を良くするためには「目を冷やす」VS「目を温める」どちらだと思いますか?

 

冷やすのは逆効果!!

「目を冷やすと、ひんやりして気持ちいい!」と、思っていた人は要注意!

目を冷やすと、血管が収縮するので充血がとれることがあります。でもそれは、一時的なもの。

 

冷やして血流が悪くなってしまうと、目の疲れは溜まってしまうのです。冷やすことで一時的に消えていた充血も、冷えがなくなれば再び現れてしまいます。

 

目を温める

目を温めて血行を良くしてあげると、目の疲労回復に必要な酸素や栄養素が送られるため、充血の解消に効果的です。

 

目の温めには蒸しタオル

目を温める方法でオススメなのは蒸しタオル。ご家庭にあるタオルとレンジを使えばお金もかからず、簡単に目を温めることができます。

 

1:手ごろなタオルを水で濡らす

 

2:サランラップに包むか、ビニール袋に入れる

 

3:電子レンジで温める

 

  600Wで約30~40秒、500Wで約50~60秒(好みで調節して下さい)

 

ただし、温度が高すぎる蒸しタオルで温めると、目を傷める可能性があるので、温度には注意しましょう。

 

 

結膜炎やドライアイなどの病気で炎症を起こしている場合は、温めは禁物です。なかなか赤みが引かなかった場合は自己判断せずに、眼科を受診しましょう。

(Photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目・まぶたに関する記事

乱視ってどんな症状?目が眩しく感じられる病気って?目の痛みの原因って何?薬局で売ってる目薬の種類と成分

  ある日気がついたら、物が見にくい、かすんで見えるということはありません...

老眼は誰にでも起こる!老眼の症状と対策とトレーニング法とは?

目の老化現象、老眼っていつから?その気になる症状とは!セルフチェックとおスス...


ヘルペスウイルスで起こるブドウ膜炎と気を付けるべき合併症、症状や治療法は?

ブドウ膜炎はヘルペスウイルスでも起こります! ブドウ膜炎は目玉を包む膜の炎...

遠くのものが見えない?知っておきたい近視、遠視、乱視のこと

  黒い影が浮かんで見える?網膜剥離を早期発見するために初期症状を知ろう!...

カラダノートひろば

目・まぶたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る