カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ガサガサ >
  5. 肌の保湿と保護の違いって?乾燥の季節に選ぶスキンケア商品

美容・ダイエット

肌の保湿と保護の違いって?乾燥の季節に選ぶスキンケア商品

 

ちまたには、化粧水や乳液、オールインワンとよばれるものなど、様々な肌をよくするものが出回っています。保湿力UP、肌を保護します。と書いてはありますが、ガサガサ肌には結局何がいいのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

ここでは肌の保湿と保護について、どんな意味があるのかまとめてみました。

 

 

▼「保湿」と「保護」の違い

 

「保湿」とは砂漠地帯に水をやるようなイメージ。赤ちゃんの時は保水力があって乾きにくかった肌も加齢や体質、環境によって乾燥しやすい肌になっています。まずは化粧水などで「水」をたっぷりやって、「油」の入った乳液等で蓋をする…この作業が「保湿」と言われるものです。最近はオールインワンといって、化粧水・乳液どちらの効果もあるものも多数でてきました。肌は水分が足らないと表面がざらつくだけでなく、しわもしみもできやすくなります。

 

「保護」とはハウスダストや紫外線などの外部刺激から肌を守ることです。少しの刺激で炎症を起こしやすいアレルギーの方は特に、保護機能のあるクリームを予防線として、塗ってしておくことが大切です。

 

 

▼「保湿」剤と「保護」剤

 

「保湿力」の高い商品と、「保湿・保護」両方をうたった商品、「保護」を特に強化した商品があります。

 

「保湿力」をうたった商品と、「保湿・保護」をうたった商品は混在しています。同じ成分が入ったものでも、宣伝の仕方が違うだけということもあります。しかし、「保湿」に特化したものは「保護」に特化したものよりも、紫外線や外からの刺激へのバリア力が低いのが通常です。

 

「保護」に特化したクリームは比較的少なく、業務用のような形で売られてるものも多いです。主に美容師さんや薬品を多く触ったり水仕事が多い方が仕事前にぬることで手荒れ予防に使うのを目的とします。ハンドクリームをいくらぬっても改善しない方はこの「保護クリーム」をぬって予防しておいて、ナイトケアにハンドクリームを使うと効果がUPします。保護クリームはおむつかぶれ予防にもお勧めです。

 

 

上記を参考に、手荒れがなかなか治らない方、乾燥しやすい季節は何をぬってもすぐあれてしまう肌を持つ方は、「保護クリーム」をぜひ試してみて下さい。

 

(Photo by: //pixabay.com/ja/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E6%A7%8B%E9%80%A0-%E5%9F%BA%E9%87%91-%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E3%83%89-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%AB-%E9%80%8F%E6%98%8E-%E6%8A%BD%E5%87%BA-186828/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガサガサに関する記事

ハンドクリームは皮膚が乾燥している時に使っちゃだめ!?

   かかとの皮膚がガチガチになったり、皮膚がボロボロ剥けてきた、そこまでいか...

ひじ・かかとのガサガサ乾燥のしくみ

ひじやかかとの角質は、年を重ねるほど強固なものになっていきます。小学生の頃、母...


毛孔性苔癬によってできる二の腕のブツブツの治し方

  毛孔性苔癬による腕にできる赤いブツブツ。夏に向けて腕を出せないし、パー...

分泌される皮脂量が少ないのが原因?!ひじやかかとのフットケア

ひじやかかとは人間の肌の中でも特に乾燥しやすいといえます。その理由は、ひじや...

カラダノートひろば

ガサガサの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る