カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 基礎知識 >
  5. 生理痛の痛みの原因って何?原因を知って根本的な解決を目指しましょう

女性のカラダの悩み

生理痛の痛みの原因って何?原因を知って根本的な解決を目指しましょう

 

生理時の腹痛に悩む女性はとても多いようです。一言で腹痛・生理痛といっても、その症状、痛む場所、痛さの度合いは千差万別、感じるタイプによっても大きく異なり辛さも様々でしょう。

 

ではなぜ、生理前後に辛い腹痛が起こるのか、そのメカニズムを見てみましょう。

 

大きな要因とは?

生理前後の腹痛・生理痛の大きな要因と言われているのは、やはりホルモンです。

痛みに大きく関係する物質は『プロスタグランジン』といわれています。

 

プロスタグランジンは通常、身体が損傷を受けた時生まれる物質で、更に他の物質に作用する事で「痛み・熱・腫れ」などから「炎症」と呼ばれる症状を引き起こします。

しかしこの物質、生理には必要不可欠なホルモンでもあります。

この物質は別名「子宮筋収縮ホルモン」とも呼ばれ、経血を押し出すのに必要不可欠な子宮筋の収縮をつかさどっているのです。

 

どんなタイプに痛みがひどい?

「プロスタグランジン」が生理に必要不可欠なホルモンという事は前述の通りですが、みんなが持っているホルモンなのに痛みに違いが出るのはなぜなのでしょうか。

 

それは『プロスタグランジンの分泌量』が大きく関係しています。

 

例えば、冷え症や貧血など身体の血液の巡りが悪い方は、子宮筋の収縮が弱く通常の「プロスタグランジン」の分泌量では経血を押し出す力が足りません。

 そのため、活発な子宮筋を持つ人より沢山の「プロスタグランジン」が分泌され、それらが他の物質と一緒になる事で激しい痛みを引き起こすのです。

 

どうしたら痛みを軽減できる?

「プロスタグランジン」は子宮筋の他、血管の収縮にも影響しています。

普段から血の巡りが悪い事に自覚がある方は、まずは身体を冷やさない事に気を付けましょう。即効性のある対策ではありませんが、長く付き合うことだからこそ毎日気を付け、根本的な解決を目指してみましょう。

 

今は辛いほどの生理痛がない方も、上記の原因から突然辛くなることも考えられます。これからの季節は特に身体を冷やさないように気を付けて、自分の身体を労わっていきましょう。

 

(イラスト: //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=4858&word=%E8%83%B8%E3%81%AE%E7%97%9B%E3%81%BF%EF%BC%88%E5%A5%B3%E6%80%A7%EF%BC%89)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

排卵日に出血!排卵痛はなぜ起こる?排卵日に感じる腹痛・腰痛の原因と受診の目安

排卵日付近に腰痛や腹痛を感じる人はいませんか?それは排卵痛かもしれません。 ...

気になる生理中のにおい…どうやってニオイ対策をしたらいいの?

生理のニオイは気になりますよね。自分でニオイを感じるのだから、他の人にもばれ...


生理が8日以上続いている、経血の量が多い…症状の裏には子宮筋腫の影がある!?

子どもを産むための準備として、10代から毎月続く生理ですが、この1ヶ月に1度、...

若い人は生理痛が重い!って本当に?その理由と対策

若い時は生理痛が重いと耳にしたことはありますか?その理由と、対策について紹介...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る