カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. その他 >
  5. とにかく早めの処置が大事!悪性高血圧

生活習慣病

とにかく早めの処置が大事!悪性高血圧

 

高血圧症の基づく合併症状が急速に進行する高血圧の最重症型を悪性高血圧と言います。悪性高血圧は高血圧の基礎疾患に関係なく、拡張期血圧が130mmHg以上であること、眼底に乳頭浮腫があること、急速に進行する腎不全があること、全身状態が急激に増悪することなどの症状が見られます。これは一般的な高血圧と異なり、60歳以上での発症は少なく、30歳~450歳の男性に多く見られます。

 

 

分類

悪性高血圧症上記の条件にあてはまるものを指し、発症やその病気の名前は様々あります。以下の分類は同一の病態と考えられ治療も同様に行われるものですが、以下の違いによってわけられることがあります。

高血圧緊急症…1時間以内に降圧をはかるべき状態の場合

高血圧脳症・高血圧性左心不全・大動脈解離を伴う高血圧・子癇・不安定狭心症、心筋梗塞に伴う高血圧・褐色細胞腫クリーゼ・脳出血、くも膜下出血、脳梗塞に伴う重症高血圧症

高血圧緊迫症…24時間以内に降圧をはかるべき状態の場合

合併症のない悪性高血圧・手術前後の高血圧・カテコラミン過剰を伴う高血圧(褐色細胞腫、クロニジン中段症候群、MAO阻害薬と食事、薬物との相互作用)

 

分類で見ても分かるように、悪性高血圧症と診断されたら早急に処置をすることが望まれます。そのため治療に際しては強力な降圧薬や透析療法などを使用することがあります。

 

治療

通常は24時間以内に降圧をはかります。しかし、急激に血圧が下がってしまうとその変化に体がついていきませんので、一気に通常の血圧の数値にまで戻すのではなく、段階的に症状を見ながらもどしていきます。問診や一般的な検査も行いますが、いたずらに検査に時間をかけることはせず、迅速に治療を開始します。

 

 

診断には350代の男性であることなども加味されます。放置してしまうと急速に症状が進行して、死亡率が高いのが悪性高血圧ですが、治療すれば一般的に予後は良好であるとされています。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php?category=393])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

被災したときに安定しない血圧…薬を飲んでも下がらない・低いまま…これってどうするべき?

普段からお薬を飲んで健康状態を維持しているという方は、震災時には苦しい立場に...

高血圧での歯科治療の注意点~行く前に確認しておきたいこと!

  高血圧の人が日常生活で気になることの一つに「歯科治療は受けても大丈夫か...


高血圧による誤解を回避

    ■高血圧は日本人になじみの深い病気であり、それ故に広く知識が広ま...

入浴するだけで血圧を下げられる!?簡単おススメ療法、和温療法とは?

  ■六十度のサウナで身体を温め、毛布で保温して安静にすることで、末梢血管の血...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る