カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 近年見られるようになってきた人格障害

メンタル

近年見られるようになってきた人格障害

 

人格障害の性格は、いくつかの性格に分類することができ、ひと口に人格障害と言ってもいくつかの性格を重複して持ち合わせていることがあります。その人格障害の性格の中でも、近年話題になるようになった人格障害をご紹介します。

 

 

反社会性人格障害

…他人の権利を無視し、違法行為を繰り返すような性格の人格障害です。衝動的な行動が特徴的で、自分や相手の安全を考えません。すぐに怒る気分屋であったり、無責任でもあります。

 

境界性人格障害

…自分が人から嫌われる、見捨てられるのではないかという強い不安感を抱えていて、人からの完全な愛を求める性格の人格障害です。自分の欲求を満たすために、周囲の人を操ろうとし、男性であれば力ずくであったり、女性であれば女の武器であったり、嘘をつくことなどによって他人を仲たがいさせて自分の見方を作ったりします。周囲との関係がうまく言っていれば魅力的ですが、集団の中ではしばしばトラブルを引き起こし、激しい感情をぶつけたり極端なわがままをいったりします。

 

自己愛性人格障害

…自分で自分の価値を認めてあげること自体は素晴らしいし必要なことですが、自己愛性人格障害の場合、自分だけが素晴らしい人間だと思ってしまいます。自分の失敗を周りの能力のせいにしたり、社会のせいにしたりして、生活が破たんしてしまうこともあります。

 

演技性人格障害

極端に目立ちたがり屋であるため、常に自分に他人からの賛同や、賞賛の視線が向いていないと気がすみません。周囲との関係がうまくいっているときは魅力的に見えますが、それが得られないときは不快感を示します。

 

妄想性人格障害

根拠もなく人を自分に害のあるものと疑ったり、周囲の人の誠実さを不当に疑ったりします。自分が不当な扱いを受けたと感じるとその恨みをずっと抱き続け相手を許すということができません。中には批判されたと思うと激昂して、すぐに逆襲することもあります。

 

 

こうした人格から生じる困難を自分で調節して乗り越えられているのであれば人格障害とは言いません。そのためこうした性格にあてはまるから自分は、あるいはあの人は人格障害だと安易に決めつけるのはやめましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/11/08-352570.php?category=226])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

愛されたいのに息苦しい…混乱する強迫性人格障害の症状

  日本の昔の父親像というと、厳格で近寄りがたいというイメージがありました。 ...


恐ろしい行動に発展することも!妄想性障害の恋愛妄想とは

妄想性障害とは1か月以上にわたって、現実的には考えられないような妄想に行動や言...

統合失調症でないのに統合失調症の症状の出る人格障害、分裂病質人格障害って?

  鈍感な人と言うのはその人の個性として使われることが多い言葉ですが、その鈍感...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

人格障害の記事ランキング

人気体験談ランキング

メンタルのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る