カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病の食事療法におけるおやつや市販のお菓子との付き合い方

生活習慣病

糖尿病の食事療法におけるおやつや市販のお菓子との付き合い方

 

糖尿病における食事療法で、一番大切なのは継続することです。

 

食事療法を続けている患者さんにとってやはり気がかりなのは、お菓子などの嗜好品に関することでしょう。

 

お菓子などは糖尿病の食事療法では「好ましくないもの」にあたるので、できる限り控えるようにしなければなりませんが、お菓子などは生活の中のささいな楽しみであるのが事実なだけに、完全にお菓子を禁止するのは難しいことでしょう。

 

ですが、「どうしてお菓子が駄目なのか」をきちんと知れば、意識が変わるかも知れません。

 

そこで、こちらでは「糖尿病の食事療法において、どうしてお菓子が駄目なのか」を解説いたします。

 

◆お菓子がダメな理由とは

では、どうしてお菓子がいけないのかを確認してみましょう。

 

お菓子がいけない一番の理由として挙げられるのは、通常の食事にお菓子を追加すると、すぐに1日の必要なカロリー量を超えてしまうから、ということです。カロリーをとり過ぎてしまうと体重増加、ひいては肥満に繋がる恐れがあります。

 

そこで、「お菓子のカロリーの分だけ食事を減らせばいいんじゃないの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そうしてしまうと、体に必要な栄養素をバランスよく十分に摂取することができなくなる、という問題が生じます。

 

また、お菓子は食事と食事の間の「間食」として食べられる事が多く、3回の食事の時以外に血糖値を上昇させることになり、結果的には血糖コントロールを乱してしまうことになります。

 

 

以上のような理由からお菓子などをおやつに食べるのは避けるべきだとされています。

 

どうですか?「どうして糖尿病の食事療法においてお菓子が禁止されているのか」が分かって頂けたでしょうか?

 

食べるお菓子の栄養素、量、糖質量、たべる時間などに気を付けて、工夫をすれば、お菓子を食べることだって出来るのです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/26-017564.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

キケン!!アルコールで低血糖が起きる!飲酒低血糖は「空腹」のときに注意!

  糖尿病でも条件を満たせばアルコールを摂取できます。しかしアルコールには血糖...

糖尿病の特効薬「食事療法」自分でやるからこそ知っておくべきポイント&宅配の活用

糖尿病の危険があるとき、あるいは糖尿病と診断されたときに、真っ先に注意される...


糖尿病の予防・治療に良い食事は玄米食?

  糖尿病の予防・治療には食物繊維を多く摂取することが大切だということは多...

お酒が飲みたい!でも糖尿病!ストレスを溜めないためにできる工夫はないの!?

  糖尿病を発症した人の3人に1人には飲酒の習慣があると言われています。糖尿病...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る