カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 疑り深い?妄想性人格障害の診断基準

メンタル

疑り深い?妄想性人格障害の診断基準

 

妄想性人格障害は、恋人や配偶者が浮気をしているのではないかと根拠もなく疑うなどといった、不当な根拠から来る思い込みや風変わりな行動と特徴とする人格障害です。

 

 

アメリカ心理学会は妄想性人格障害について、DSM-Ⅳという精神障害の統計・診断マニュアルの中で診断基準を定めています。これはWHOが定める診断基準に並ぶ国際的にスタンダードな診断基準となっています。

 

DSM-Ⅳによる妄想性人格障害の診断基準

妄想性人格障害では全般的な疑いの深さの傾向が、成人期早期までにはじまり、種々の状況から明らかになり、人々の行為や出来事を故意に自分をけなしたり脅かすものと不当に解釈すします。

1.十分な根拠がないにもかかわらず、他人が自分を利用したり危害を加えようとしていると思い込む。

 

2.友人などの誠実さを不当に疑い、その不信感に心を奪われている。

 

3.何か情報を漏らすと自分に不利に用いられると恐れ、他人に秘密を打ち明けようとしない。

 

4.悪意のない言葉や出来事の中に、自分をけなしたり脅かすような意味があると思い込む。

 

5.侮辱されたり傷つけられるようなことがあると。深く根に持ち、恨みをいだき続ける。

 

6.自分の批判や噂話に過敏で、勝手に人から不当に攻撃されていると感じとり、怒ったり逆恨みしたりする。

 

7.根拠もないのに、配偶者や恋人に対して浮気や不倫の疑いを抱く。

 

これらの基準の内、少なくとも4項目以上があてはまると、妄想性人格障害が疑われます。

 

これらの項目を見て分かるように妄想性人格障害は、性格上の問題を有していて、他者の発言や行動の誠実さや正しさを全く信用できなくなるという人格構造の偏りが見られます。現実を検討する能力そのものが障害されているわけではありませんが、現実社会や代謝の言動を客観的に正確に認知することができなくなります。絶えず主観的なものの見方をしているために、自分が常に正しい・他社が自分をだまそうとしているという偏った認知を修正することが相当に困難になります。

 

 

自己愛が強く、他人への猜疑心が強い性格を有している人はいますが、それによって生活が困難になっている場合は病的であると考えてもよいかもしれません。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019829.php?category=265])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

例外とされてきた境界性人格障害

  境界性人格障害とは二つの心の病気の境界線上にあるということが特徴の精神疾患...

愛されたいのに息苦しい…混乱する強迫性人格障害の症状

  日本の昔の父親像というと、厳格で近寄りがたいというイメージがありました。 ...


あなたは大丈夫?もしかして強迫性人格障害かも?セルフチェックをしてみよう

  完璧主義でルールに縛られることが日常生活に影響を及ぼすのが、強迫性人格障害...

妄想性人格障害の5タイプ

  人格障害の中に妄想性人格障害というものがあります。これは他人に対して根拠の...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る