カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. パニック障害の三大悪とは・・・?

メンタル

パニック障害の三大悪とは・・・?

パニック障害は心の病気ではありますが、嗜好品に影響を受けることが大いにあります。

 

アルコール

お酒はどんな場合であってもほどほどがよいものです。嫌なことがあればお酒を飲んでストレス解消することもありますし、それを無理に我慢することもよくありません。

 

しかし、そうしたストレスの解消効果はずっと続くものではありません。酔いがさめてしまうと気分が良くなった反動で、飲む前に感じていたよりも不安な気持ちが強くなってしまいます。

 

こうした理由で、実はお酒を飲んだ後はパニック発作やパニック障害の悪化が見られます。また、パニック障害の治療薬として抗不安剤が処方されることがありますが、抗不安剤はアルコールと一緒にとると様々な危険が生じます。場合によっては禁酒させる医師もいるくらいですから、できれば飲まない方がよいでしょう。

 

喫煙

パニック障害の人の喫煙率は非常に高く、依存度が高い人も多くいます。これはアルコールと同じような作用があり、吸っているときは不安が解消されますが、吸った後は吸う前よりも不安感が増します。

 

パニック障害の中で喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙する患者の方が症状が強く、ストレスをより感じやすいことが分かっています。また症状を悪化させるばかりか、パニック障害が良くなった後にも影響を与えることが分かっています。

 

コーヒー

パニック障害の患者はコーヒーを好む人は極端に少なくなります。というのはパニック障害になるとカフェインに敏感になるからです。

 

コーヒーを飲んだ後にパニック発作を起こすことも多く、コーヒーを飲んだ後に不安感を覚えたり、動悸が激しくなったりする場合は飲まないようにしましょう。

 

 

パニック障害と診断された時点で、こうした嗜好品は避けるようにしましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

過換気症候群の正しい治療法とは?

今まで常識的に行なわれていた「ペーパーバッグ法」はリスクの高い治療法だということ...

不安障害の代表的な疾患「パニック障害」日本におけるパニック障害患者の数は?

  精神疾患のひとつであるパニック障害は、近年よく聞かれるようになった病名です...


パニック障害の発作を誘発する意外なものとは?~パニック障害の原因~

パニック障害の原因は、脳内の神経伝達物質の分泌異常など、身体的要因だという説...

突然起こるパニック症候群の発作症状の対処症

      突如起る息苦しさや震えはパニック発作の対処法と治療法   パニック発...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る