カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. 注意!パニック障害に似た疾患・パニック発作を起こす疾患

メンタル

注意!パニック障害に似た疾患・パニック発作を起こす疾患

 

パニック障害に似た症状を持つ疾患はたくさんあります。中にはパニック障害で見られるパニック発作を起こす疾患もありますので、間違い得やすい疾患についていくつか挙げていきます。

 

 

喘息

喘息は気管支系の疾患で、全く違うではないかと思うかもしれません。しかし、喘息による呼吸困難はパニック障害と同じで不安感が伴って見られる点が似ています。ただ、喘息の場合は咳を伴うことがほとんどですので、症状のあらわれ方から見分けは簡単につくでしょう。

 

心筋梗塞・心筋症

心筋梗塞や心筋症では胸がしめつけられるように苦しくなり呼吸困難に陥ります。実はパニック発作を起こして救急車で運ばれたときに一番に疑われるのが、この心筋梗塞や心筋症などの心臓病です。これは心電図をとれば簡単に診断がつきます

 

更年期障害

更年期障害では動悸、息切れ、めまい、ふるえ、倦怠感そして、体のほてりや発汗などパニック障害と間違えやすい症状が見られます。更年期障害では発作的な症状は見られませんが、全体的な症状は似ています。ただパニック障害の好発年齢は2030代ですので年齢的な差があります。

 

他にも、低血糖や、褐色細胞腫、甲状腺機能亢進症、不整脈、側頭葉てんかんなど症状が似ている疾患は多岐にわたります。ただしこれらは心電図や血液検査によって判別ができますので、これらがあてはまらない場合にはパニック障害を疑うという流れになります。

 

パニック発作を起こす疾患

パニック障害に特徴的な症状がパニック発作です。このパニック発作は他の疾患でも起こるもので、身体的な原因の疾患で言うと肺疾患や、神経疾患内分泌疾患などで起こります。また精神的なものではうつ病や、人格障害精神分裂病心気症強迫性障害外傷後ストレス障害などがあります。

 

 

これだけ似ている疾患があると、自己判断で決めつけてしまうのは危険です。そのためきちんと医師の判断を受けることが大切です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019838.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

パニック障害の治療には漢方薬も効果的?!パニック障害の薬物治療

パニック障害の薬物治療では、精神安定剤や抗うつ剤などを用います。また、漢方で...

パニック障害の新しい治療法!オーソモレキュラー療法とは?

一般的なパニック障害の治療法といえば、心理療法(認知行動療法)と薬物療法です...


パニック障害治療に使用する、抗うつ薬と抗不安薬…どんな薬があるの?

  緊張などで動悸が激しくなっても、「この動悸が激しいまま死ぬんじゃないか」と...

パニック障害と間違えやすい疾患と症状は?~パニック障害の診断~

パニック障害の症状の中には、ほかの疾患と紛らわしいものが含まれています。自己...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る