カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. 注意!パニック障害に似た疾患・パニック発作を起こす疾患

メンタル

注意!パニック障害に似た疾患・パニック発作を起こす疾患

 

パニック障害に似た症状を持つ疾患はたくさんあります。中にはパニック障害で見られるパニック発作を起こす疾患もありますので、間違い得やすい疾患についていくつか挙げていきます。

 

 

喘息

喘息は気管支系の疾患で、全く違うではないかと思うかもしれません。しかし、喘息による呼吸困難はパニック障害と同じで不安感が伴って見られる点が似ています。ただ、喘息の場合は咳を伴うことがほとんどですので、症状のあらわれ方から見分けは簡単につくでしょう。

 

心筋梗塞・心筋症

心筋梗塞や心筋症では胸がしめつけられるように苦しくなり呼吸困難に陥ります。実はパニック発作を起こして救急車で運ばれたときに一番に疑われるのが、この心筋梗塞や心筋症などの心臓病です。これは心電図をとれば簡単に診断がつきます

 

更年期障害

更年期障害では動悸、息切れ、めまい、ふるえ、倦怠感そして、体のほてりや発汗などパニック障害と間違えやすい症状が見られます。更年期障害では発作的な症状は見られませんが、全体的な症状は似ています。ただパニック障害の好発年齢は2030代ですので年齢的な差があります。

 

他にも、低血糖や、褐色細胞腫、甲状腺機能亢進症、不整脈、側頭葉てんかんなど症状が似ている疾患は多岐にわたります。ただしこれらは心電図や血液検査によって判別ができますので、これらがあてはまらない場合にはパニック障害を疑うという流れになります。

 

パニック発作を起こす疾患

パニック障害に特徴的な症状がパニック発作です。このパニック発作は他の疾患でも起こるもので、身体的な原因の疾患で言うと肺疾患や、神経疾患内分泌疾患などで起こります。また精神的なものではうつ病や、人格障害精神分裂病心気症強迫性障害外傷後ストレス障害などがあります。

 

 

これだけ似ている疾患があると、自己判断で決めつけてしまうのは危険です。そのためきちんと医師の判断を受けることが大切です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019838.php?category=265])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

過換気症候群の正しい治療法とは?

今まで常識的に行なわれていた「ペーパーバッグ法」はリスクの高い治療法だということ...

パニック障害の発作を誘発する意外なものとは?~パニック障害の原因~

パニック障害の原因は、脳内の神経伝達物質の分泌異常など、身体的要因だという説...


パニック障害患者と接するときの注意点

  パニック障害からの回復は周囲の理解と協力なしには成り立ちません。きちんと回...

もっと愛されたいのに!親の愚痴を聞いて育った子の将来は・・・

心が柔軟な子ども時代。子どもは、親の姿を見て成長します。親からどんなことでも吸...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る