カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 解離性障害 >
  4. 解離性障害の症状の一つ・離人感とはどんな感覚?

メンタル

解離性障害の症状の一つ・離人感とはどんな感覚?

 

解離性障害の症状の一つに離人症性障害があります。離人症性障害は持続的あるいは反復的に、自分の体や精神から遊離している感覚を持ち、自分を外から観察しているように感じるものです。

 

 

離人時の感覚

離人症性障害が生じているときは自分の体、精神、感情、感覚から遊離している感覚が生じます。患者は自動的にコントロールされているような非現実感があり、夢の中のような現実離れした感覚であると訴えることもあります。いわゆる幽体離脱のような感覚よりは、不快感を伴う症状で、中には耐え難いと感じるケースもあります。

 

期間

離人症状はしばしば持続性を見せます。患者の3分の1で症状が反復して見られ、残りは絶えず症状が見られます。中には一時的だった症状が持続的に移行することもあります。

 

本人の気持ち

こうした症状を体験した本人は自分の症状をうまく説明することができません。さらには自分が正気を失ってしまうのではないかという恐怖感が伴うこともあり、それを確信してしまうこともあります。同じような症状に精神病性障害があるのですが、離人症性障害の場合、自分の非現実的な体験が実際のものではなく、自分がそう感じているだけであると認識しており、この点で精神病性障害とは異なります。

 

実は離人感はよく見られる症状

こうした、自己が遊離する感覚は精神症状において、不安や抑うつに次いでよく見られるものです。これは生命の危機を経験したり、マリファナなどの特定の薬物を服用したり、疲労がたまっていたり、感覚刺激が奪われたりした後に起こりやすく、人工の約2%に発症すると言われています。

 

 

多くの場合離人症性障害は治療しなくても自然に消失していきますので、症状が持続している場合や再発の可能性のある場合、本人が非常に苦痛を感じている場合には治療がされます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/12/04-003592.php?category=226])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解離性障害に関する記事

解離性同一性障害だと別人格の認知・記憶はどうなるの?

  解離性同一性障害は多重人格とも呼ばれる病気で、複数の人格が1人の体の中に存...

記憶喪失としても知られている解離性障害

      映画やドラマでよく目にする記憶喪失なるものは、脳の器質的な障害から...


全ての人生を忘れる解離性健忘、「全生活史健忘」 何が原因になるの?

  精神疾患のひとつに解離性健忘と言う疾患があります。 よく言う記憶喪失と同...

記憶喪失では何を忘れてしまうの?解離性健忘で忘れる記憶、忘れない記憶

  ただの物忘れではない、記憶喪失とされる疾患が、解離性健忘という疾患です。心...

カラダノートひろば

解離性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る