カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 女性に多い全般性不安障害ってなに?

メンタル

女性に多い全般性不安障害ってなに?

 

精神疾患の中には不安を主症状とする疾患があります。不安神経症とか全般性不安障害といい、健常者が感じる不安とは異なるものです。

 

 

全般性不安障害

全般性不安障害とは、上記のように不安を主な症状とする疾患です。不安とは漠然とした恐れの感情で誰しも経験したことがあります。しかし不安神経症でははっきりとした理由がないのに不安が起こる、あるいは理由があってもその理由に見合わない強い不安が起こり、それがいつまでも継続する病的な不安があらわれます。全般性不安障害ではこうした病的な不安が身体症状を伴ってあらわれます。元々神経質で不安を抱えやすい人に多く見られ、特に男性よりも女性の方が多く、その数は2と言われています。

 

どんな症状が見られるの?

全般性不安障害では以下のような症状が見られます。

精神症状

慢性的な不安/過敏/緊張/イライラ/落ち着きのなさ/集中困難

身体症状

筋肉の緊張/首や肩のコリ/頭痛/頭重感/震え/動悸/息苦しさ/めまい/頻尿/下痢/疲労感/疲れやすい/不眠

何かにつけて不安や心配がつきまとうもので、それが慢性的(基準では6ヶ月以上)に続くのが特徴で、精神症状に合わせて身体症状が伴います。多くの場合、身体症状を強く自覚し、体の異常を調べようと病院を受診しますが、身体的な原因が見つからないため精神的なものを疑います。あるいは、何年にもわたって続いてしまい、うつ病に移行したり、不安をまぎらわそうとアルコール依存症に陥ることがあります。

 

 

この疾患は以前は不安神経症と呼ばれていましたが、現在はパニック障害か全般性不安障害と言われます。ただし、パニック障害は急性・突発性の不安症状が見られるものですが、全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くものです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/01-018571.php?category=226])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

特定のものや状況を極度に怖がる「恐怖症」…暴露療法とはどんな治療法?

  特定のものや状況を極度に怖がる恐怖症の治療では、主に薬物療法と認知行動療法...

見えると緊張? 見えないと緊張? 電話恐怖・視線恐怖とは

  目の前に相手がいるがために恐怖を感じてしまう「視線恐怖」、逆に相手が見えな...


高齢の親ができる、ひきこもりの子供のための備え

  最近は、全体的にひきこもりが長引く傾向にあります。就職や職場の失敗がき...

プレッシャーとふるえの悪循環! 振戦恐怖とは?

  他人に見られていると手がふるえ、またそれによって「手が震えてしまう」と強い...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る