カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 赤ちゃんへの影響は?妊娠中の喘息の治療

妊娠・出産

赤ちゃんへの影響は?妊娠中の喘息の治療

喘息の持病がある人が妊娠した場合、症状をコントロールするための治療を継続していくことが重要になります。

 

妊娠と喘息の関係

妊娠したことにより喘息が重くなる人、軽くなる人、変わらない人の割合はそれぞれ1/3であり、人によってさまざまなようです。妊娠によるホルモンや免疫機能の変化により症状の出かたが変化していきます。妊娠前から重症であった場合は症状が重くなる傾向にあり、しっかりと治療によりコントロールされている場合は軽くなるという傾向もあるようです。

 

きちんと治療されていれば分娩中に発作が起こることも少ないようです。また、妊娠後期になると症状が軽減してくることが多いのですが、産後にまた元の状態に戻ることも多いようです。

 

赤ちゃんへの影響

喘息がうまくコントロールされている場合は特に影響はなく、胎児に異常が出る確率は健常な妊婦さんと変わりないようです。コントロールできていない場合は、喘息の発作により母体の血中の酸素量が低下することにより、赤ちゃんへの酸素供給も不十分になります。その結果、赤ちゃんが早産や低体重で産まれてくる可能性が高くなってしまいます。

 

妊娠中の治療

妊娠中は薬を飲むのを敬遠したくなりますが、これまでに胎児や母体に悪影響が出たという報告がない薬を使用しますので安心です。むしろ薬を使用せず喘息が悪化することのほうが、胎児への酸素供給が不足するなど危険な状態を招きます

 

症状の重さや状態に合わせてを服用したり吸入や点滴で治療を行うことがあります。日常生活では発作の誘因となるほこりやカビ、たばこの煙などを避けるように環境を保ち、風邪をひかないように注意します。

 

 

きちんとした治療を行うことで問題なく出産を終えられますので、自己判断で薬や通院をやめたりせず、医師とよく相談しながらコントロールしていけるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362193.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中に甲状腺機能低下症に!赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は風邪を引いたりしただけでも赤ちゃんへの影響が心配になります。胎児はお...

【妊娠体験談】妊娠中の歯医者さんについて

妊娠中は虫歯になりやすいことから、自治体では妊婦の歯科検診を薦めています。 ...

通院・治療の体験談

シロッカー手術(子宮頸管縫縮術)の流れや術後の経過

前回の出産で切迫早産からの早産になったので、今回の妊娠ではシロッカー(子宮頸管縫縮術)を勧められ、安...

感動があった妊娠23週目の検診。胎児の様子について

妊娠23週目の検診は、色々な発見があったり、感動があったり、今でもその時の感情を思い出すことが出来る...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る