カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 治療は必要?妊娠中の子宮筋腫と卵巣嚢腫

妊娠・出産

治療は必要?妊娠中の子宮筋腫と卵巣嚢腫

妊娠している状態で子宮筋腫や卵巣嚢腫がある場合、どういった治療を行っていくのでしょうか。 

 

妊娠後に子宮筋腫が見つかった場合 

子宮筋腫は重い生理痛の原因となることもありますが、自覚症状がないことも多く、妊娠を機に発覚したという場合もあります。筋腫のできた場所や大きさによっては不妊や流産の原因となることもありますが、正常に妊娠できたのであればその後の経過に悪影響を及ぼすことはあまりないようです。稀なケースを除いて、妊娠中に摘出手術を行うことはまずないでしょう。

 

妊娠の週数が進むにつれて筋腫も大きくなりますが、赤ちゃんの発育に影響はないことが多いようです。ただし筋腫の位置や大きさによっては切迫流産や早産になることもあります。検診で筋腫の様子を確認しつつ対処していくことになるでしょう。 

 

妊娠後に卵巣嚢腫が見つかった場合 

卵巣に水などがたまり腫れてしまうのが卵巣嚢腫です。良性であることが多いようです。妊娠初期の頃に腫れているのが確認されることがありますが、妊娠によるホルモンの働きのせいであることが多く、12週を過ぎるころには自然にしぼんでいくようです。

 

経過観察となりますが、大きさが5cmを超えている場合などは嚢腫の根元がねじれてしまう「茎捻転」を起こし激しく痛んだり卵巣が破裂する恐れがありますので、手術を行うようです。手術によって流産を招かないよう、胎盤が完成する12週を過ぎてからの手術になります。手術によって赤ちゃんの発育に影響を及ぼすことはまずないでしょう。

 

 

子宮筋腫は手術をすることはほとんどなく、卵巣嚢腫は大きすぎたり悪性である場合は手術をするという流れのようです。医師に治療についてよく確認しておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349559.php]) 

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中の歯科治療は期間限定で受けることが可能!

妊娠中は一般的な風邪薬のような薬でさえ、服薬の自己判断はNGです。 胎児へ...

パセドウ病の女性が妊娠したときに気を付けたい2つのこと

バセドウ病は女性がかかりやすい病気と言われており、男性1に対して女性が9とい...

通院・治療の体験談

シロッカー手術(子宮頸管縫縮術)の流れや術後の経過

前回の出産で切迫早産からの早産になったので、今回の妊娠ではシロッカー(子宮頸管縫縮術)を勧められ、安...

感動があった妊娠23週目の検診。胎児の様子について

妊娠23週目の検診は、色々な発見があったり、感動があったり、今でもその時の感情を思い出すことが出来る...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る