カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 治療は必要?妊娠中の子宮筋腫と卵巣嚢腫

妊娠・出産

治療は必要?妊娠中の子宮筋腫と卵巣嚢腫

『妊娠したかも』と病院に行き胎児がお腹の中にいることがわかると、これから始まるマタニティライフにドキドキしますよね。しかし、胎児だけでなく子宮筋腫や卵巣嚢腫が見つかる場合もあります。妊娠している状態で子宮筋腫や卵巣嚢腫がある場合、どういった治療を行っていくのでしょうか。 

  

子宮筋腫は良性の腫瘍

子宮筋腫とは子宮内にできる良性の腫瘍のことです。そのため腫瘍自体が生命を脅かすことはありません。しかし、放っておくと女性ホルモンの影響でどんどん大きくなります。複数の箇所にできることが多く、数も大きさもさまざまです。

 

子宮筋腫は重い生理痛の原因となることもありますが、自覚症状がないことが多いため、妊娠を機に発覚するケースが多くみられます。

 

妊娠後に子宮筋腫が見つかった場合 

筋腫のできた場所や大きさによっては、不妊や流産の原因となることもあります。しかし正常に妊娠できたのであれば、その後の経過に悪影響を及ぼすことはあまりないようです。稀なケースを除いて、妊娠中に摘出手術を行うことはまずありません。

 

妊娠の週数が進むにつれて筋腫も大きくなりますが、赤ちゃんの発育に影響はないことが多いようです。ただし筋腫の位置や大きさによっては、切迫流産や早産になることも。

 

そのため、子宮筋腫がある状態で妊娠した時は「子宮筋腫合併妊娠」と呼ばれ、妊娠の経過だけでなく、筋腫の様子も観察・管理をする必要があります。検診で筋腫を確認しつつ、対処していくことになるでしょう。 

 

子宮筋腫が出産に影響することもある

子宮筋腫合併妊娠の場合、出産は自然分娩できるのでしょうか、それとも帝王切開になるのでしょうか。

 

自然分娩も可能だが微弱陣痛になる可能性も

子宮筋腫の位置や大きさにもよって、自然分娩が可能なケースはあります。しかし、子宮筋腫によって子宮の収縮が妨げられ、陣痛が起こりにくなる微弱陣痛が起こる場合も。その場合は陣痛促進剤を使用して、出産します。

 

帝王切開になる可能性は通常より高い

子宮筋腫がない妊娠と比べると、帝王切開になる可能性は高くなります。子宮の出口付近に子宮筋腫がある場合は、分娩時に赤ちゃんが産道におりて来れないかもしれません。そのため、予定帝王切開となるケースが一般的です。

 

いずれにせよ、妊婦健診でしっかりと筋腫の状態を観察・管理することで、リスクを最小限に抑えて出産に挑むことができます。しっかりと医師と相談するようにしてください。

卵巣嚢腫も良性の腫瘍

卵巣嚢腫とは卵巣にできる良性の腫瘍のことで、漿液性のものや粘液性のもの、髪の毛や皮膚を作る細胞が卵巣で増殖する皮様性のものなどがあります。

どの種類の腫瘍でも、痛みなどの自覚症状はあまりありません。そのため、子宮筋腫と同様、妊娠を機にわかることが多いようです。

 

妊娠後に卵巣嚢腫が見つかった場合 

妊娠を機に見つかった卵巣嚢腫。こちらは「卵巣嚢腫合併妊娠」と呼ばれます。この卵巣嚢腫、実は妊娠によるホルモンの働きのせいであることが多く、12週を過ぎるころには自然にしぼんでいくことがほとんどです。そのため、通常は経過観察となります。

 

手術で取り除く場合もある

腫瘍の大きさが5cmを超えている場合などは、嚢腫の根元がねじれてしまう「茎捻転」を起こす可能性が。そうなると、激しく痛んだり卵巣が破裂する恐れがありますので、手術で取り除きます。

手術の場合は、流産を招かないよう胎盤が完成する12週を過ぎてから行うのが一般的。手術によって、赤ちゃんの発育に影響を及ぼすことはまずないと言われています。

  

妊娠後期に再び出てくる卵巣嚢腫も

妊娠初期に見つかった卵巣嚢腫も、安定期に入るまでにしぼむことが多いのですが、妊娠後期になってから再び大きくなっていることもあります。

 

卵巣嚢腫の状態にもよりますが、そのほかに大きな問題がない場合は経膣分娩での出産です。茎捻転の懸念がありますが、分娩中に起こるということはほとんどなく、万が一起きた場合は緊急帝王切開になる可能性もあります。

 

基本は経過観察でトラブルに備えよう

子宮筋腫も卵巣嚢腫も、妊娠の大きな妨げになることはあまりありません。しかし、良性と言えど妊娠と同時に腫瘍が見つかるのは、なんだか不安な気持ちになってしまうもの。

しっかりと経過観察をしていくことがトラブル防止に繋がりますので、不安に思いすぎず、リラックスして過ごすようにしてくださいね!

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

はじめての妊娠は知らないことがたくさん!プレママが知っておくべきこと&やっておきたいこと

プレママには不安もいっぱいで、経験しないと分からないこともたくさんあるでしょう。...

妊娠中に歯周病に罹患していると早産のリスクが7倍になる?妊娠中の歯科治療あれこれ

近年、国立がん研究センターの調査によれば、女性の出産回数の多さと歯の本数減少には...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る