カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 和食はそれほどヘルシーではない

生活習慣病

和食はそれほどヘルシーではない

a0001_015308.jpg

 

使っている油の量和食は洋食などよりヘルシーだと言われているわけですが、油を身体に悪いものという勘違いを除けば、和食と洋食のどれかが特別ヘルシーというわけでもないのです。
和食が優れている点は、魚料理が充実しているという点ぐらいでしょう。
逆に問題点は、和食の味付けには砂糖をかなり使います
酢飯など米に酢に砂糖と味付けが重複してしまう味付けです。
煮物にも砂糖を使い、更には糖分の多いみりんも使います。
これらを見ると和食がヘルシーというのは思い込みで間違いないでしょう。

○和食がヘルシーという根拠

●油控えめ

全ての油が健康に悪いわけではない。むしろ健康に良い油もあり、ごま油など和食にはそうした油の利用が多い。
●魚料理が充実
島国なので、魚料理の種類が充実しており、これは本当にヘルシーな利点。
●味付けに砂糖など頻繁に使う
味付けの基本の先頭に位置する重要な調味料として砂糖を使っている。そのためほとんどの料理に砂糖を使うことになる。

和食はヘルシーという根拠は主に油が控えめというだけのことで、油が健康に悪いという前提が崩れてしまえば、必ずしもヘルシーなものばかりでもないのです。
だからといって特段身体に悪いというわけでもなく、この和食で日本人はこれまで生き延びてきたのですから、数ある和食の中から健康に良いものを選ぶことが重要となるでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/02/06-357265.php)


著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

チョコレートと糖尿病の関係のウソホント!実際のトコロ、チョコは食べてもいいの?

チョコレートと糖尿病の関係について聞いたことはないでしょうか? チョコレー...

糖質制限をしていてもカレーが食べたい!糖尿病の食事療法

糖尿病の食事において糖質を下げることが重要です。しかし、国民的人気料理、カレー...


コーヒーで糖尿病が予防できる?!コーヒーと糖尿病についての研究とその結果

コーヒーは体によいものというイメージがあまりないかもしれません。ですがそのコ...

糖尿病でもコンビニ食OK☆チョイスの仕方にはこんな風に注意して!

糖尿病だからと言って、毎日自分でご飯をつくって食事療法を徹底する、というのも...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る