カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 症状 >
  6. 危険な食物アレルギー!どんな食べ物で起こる?アレルギー反応が出た時の対処法は?

アレルギー

危険な食物アレルギー!どんな食べ物で起こる?アレルギー反応が出た時の対処法は?

 

食物アレルギーで食べられないものがあると言っていても、好き嫌いだろうとか、気持ちの問題だろうと思われてしまうことがあります。

その為にアレルギーのある食物を食べることを強要されてアレルギー発作を起こしてしまうということがあります。

 

アレルギー発作は肌にじんましんが出てくるだけではありません。

時には命を落とすような重篤な症状が出ることがあります。

 

アナフィラキシーショック

アレルゲンを摂取することによって全身の複数臓器が短時間のうちにショック症状を起こします。

意識や血圧が低下して、最悪の場合心停止に陥ります。

 

また二相性反応といって、治まったと思っても再び症状が現れる事があります。落ち着いたと思っても油断せずに、必ず病院の診察を受けに行きましょう。

 

アナフィラキシーショックは急速に症状が現れ進行するので病院の受診が間に合わない場合があります。

食物アレルギーがあると分かったら緊急用にアドレナリン自己注射薬を持っておくといいでしょう。

 

気管支喘息発作

アレルギー反応によって気管支が狭窄して呼吸困難に陥ります。ゼ―ゼ―ヒューヒューと言った喘鳴や粘着性の強い痰が出ます。

座らなければ呼吸が出来なくなる起座呼吸になります。

 呼吸困難によって死亡することがあります。

 

喉頭浮腫

喉から気管と食道に分かれていく部分が炎症によって浮腫んで呼吸ができなくなります。のど仏のあたりに詰り感や息苦しさを感じます。

 気管支喘息と同じく呼吸困難で死亡することがあります。

 

まとめ

アナフィラキシーショック、気管支喘息発作、喉頭浮腫は食物アレルギーの3大死亡リスクです。

アレルギー重症患者では少しの量でも重篤な状態に陥ることがあるので、安易にアレルゲンとなるものを与えないように気をつけましょう。

 

食物アレルギーってどんな食べ物で起こる?アレルギー反応が出た時に知っておきたいコト

食べることは生きることの基本。しかしその食べ物にアレルギー反応が出てしまうと、日々の食生活にとっても大きな影響が出ます。もちろん、どんな食物アレルギーが出るか、あるいはどの程度の症状が出るかによっても、その大変さは変わってきます。今回は、そんな食物アレルギーに関する情報をお届け。

 

食物アレルギーとは

人は体の外から入ってきた異物に対抗する働きがあります。これは体を守ろうとして起こる反応ですが、これが食べ物や花粉などに対して反応してしまうのが「アレルギー反応」。食物アレルギーでは、主に食べ物に含まれるたんぱく質に対して、アレルギー反応が起こります。

 

子どもに多い食物アレルギー

大人になってから発症することもありますが、食物アレルギーは子どもに多く見られます。この理由は子どもの消化器官が未熟なためです。十分でない消化機能では、たんぱく質を十分に消化できずにアレルギー反応が起こります。逆に言えば、成長とともに消化機能が発達していけば、食物アレルギーはなくなっていく可能性が高いです。

 

どうして発症するのか

子どもの消化機能の問題とは言え、なぜ食物アレルギーは発症するのでしょうか?食物アレルギーの原因には、遺伝も環境もあります。親がアレルギーを持っている場合、子どもも発症する可能性が高くなりますが、しかしあくまでも可能性で、子どもが小さい時の食事環境も影響が大きいとされています。

 

原因(アレルゲン)となる食品

食物アレルギーの原因となる「アレルゲン」には色々な食べ物があります。子どもが小さい場合にはこれらの食べ物をあげるとき、十分に注意しなければいけません。

 

・鶏卵(とくに卵白の方が強くアレルギーが出る)

・牛乳(加熱してもアレルギーの程度があまり変わらない)

・穀物(小麦や米など)

・大豆(長期間発酵食品になるとアレルゲンが低下する)

・甲殻類や貝類(小学生ごろから増加する)

・魚(種類によらずほとんどの魚に反応する)

・蕎麦(アナフィラキシーショックを起こしやすい)

・ナッツ類(特にピーナッツは蕎麦同様、アナフィラキシーを起こしやすい)

・特定の果物や野菜(幼児期を過ぎてから、花粉症と一緒にやってくることが多い)

・肉類(すべての肉類がダメというケースは少ない)り

 

アレルギーの可能性があると言ってしまえば、とても多くの食べ物に可能性があります。けれども実際の数として多いのやはり、鶏卵、牛乳、穀物の3つです。

 

食物アレルギーの症状

食物アレルギーを発症した場合、どんな症状が出るのでしょうか?具体的にご紹介します。

 

・皮膚症状

じんましん、かゆみ、むくみ、赤み、湿疹など

 

・粘膜症状

目の充血、目の周りのかゆみ、涙目、唇の腫れ、口の中や舌の違和感など

 

・呼吸器症状

くしゃみ、鼻づまり、鼻水、咳、呼吸困難、喘息(ぜーぜー)など

 

・消化器症状

下痢、気持ち悪さ、吐き気、嘔吐、血便、腹痛など。これは鶏卵アレルギーで出やすい傾向があります。

 

・循環器症状

脈が速い、手足が冷たい、チアノーゼ(唇などが青白い)など

 

・全身症状

中でも意識を失うなどの症状が出るとアナフィラキシーショックと言われ、命が危険になる場合もあります。

 

また、子どもの場合症状が分かりにくいこともあります。そのときには元気がなかったり、ぐったりした様子が見られることもあります。

 

初めて食べるものが多い小さいお子様には要注意

子どもの場合初めて食べるものも多いですから、どれにアレルギーが出るか不安に思いながら与えることもあるでしょう。小さい子の場合は、どのタイミングではじめてのものを食べさせるかをしっかり考えましょう。また、食物アレルギーは長く付き合っていくこともあります。アレルギーの特性をしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

魚アレルギーではないのに蕁麻疹が出る…原因は一体なに?

良質なタンパク質が豊富で、その他にも脳の発達に良いと言われるDHAや、タウリン・カルシウム・EPAなど豊富な栄養が含まれている魚は、肉類などにも負けない優れた食材の一つです。

 

離乳期から与え始め、普段の幼児食に積極的に取り入れているお母さんも多いのではないでしょうか。

 

しかし、そのような優秀な魚でも、『今まで問題なく食べていてアレルギーを起こしたことも無かったのに、今日魚を食べさせたら【蕁麻疹】が出でしまった!』と言うようなケースが希にあるようです。

 

なぜ蕁麻疹が出る?

アレルギーではないのに蕁麻疹が出た場合、仮性アレルギーとも呼ばれる【アレルギー様反応】の可能性があります。

 

名前に【アレルギー】と言うワードが含まれていますが、食物アレルギーのようなアレルギーとは別のものとして区別されます。つまりはアレルギーでは無いと言うことになります。

 

アレルギー様反応が発症する原因

魚には【ヒスチジン】と言うアミノ酸の一種が含まれているのですが、時間が経過し鮮度が低下することで、魚についた微生物が原因で【ヒスチジン】が【ヒスタミン】と言う物質に変わります。ヒスタミンは、アレルギーの症状を起こす物質です。

 

そのようなヒスタミンが多くなってしまった魚を食べて体内に取り込むことによって、アレルギーと同じような症状を起こしてしまうのです。

 

ヒスチジンを多く含む魚は?

 主に赤身の魚がヒスチジンを多く含むようです。赤身と言うと、マグロ・サバ・イワシ・サンマ・カツオ・カジキなどが代表的です。

 

アレルギー様反応を起こさない為にも、鮮魚などを購入した場合は早めに調理し・早めに消費することが大切なようですね。

何より、魚などの魚介類などに限らず、食べ物は何でも新鮮なうちが美味しいですからね。

 

サバ寿司が原因で感染?!生食に潜む寄生虫とアレルギーについて

ここでは、サバを食べる際に知っておきたい3つの症状についてご説明したいと思います。

 

サバ寿司が原因で感染?!生食に潜む寄生虫とアレルギーについて

福島県の寿司チェーン店にてサバ寿司を食べた女性が「アニキサス症」という寄生虫の食中毒に感染したというニュースがありました。

 

サバにはアニキサスという寄生虫が住み着きやすく、しめサバのように食用の酸では死なないので、食べた人の胃や腸に住み着いて激しい腹痛を起こしたり、またやっかいなことにアレルギー症状をも同時に引き起こすことがあります。

 

サバを食べて発症する可能性のある3つの症状

サバを食べた際に発症する可能性のある症状については、次の3つです。

 

1)アニキサス症…寄生虫アニキサスが潜んでいるサバを食べることで、胃や腸内への感染症(寄生)が起こる。

 

2)アニキサスアレルギー…アニキサスに対するアレルギー反応(抗体が体内で作られる)が起こり、アレルギー特有の症状を示す。

 

3)サバアレルギー…サバをはじめとして赤身の魚に含まれる「ヒスチジン」が細菌によって「ヒスタミン」に変えられ、アレルギー症状を起こす。

 

1.アニキサス症(体内寄生)について

アニキサス症を引き起こす寄生虫は、多くはクジラやイルカの餌となる魚類(サバやイカなど)の内蔵に住み着いていることが多く、魚が死んでしまった際に筋肉へと移動するので、調理する際にも気が付かない場合があります。

 

人がこれを生食して(酢でしめても同じようです)胃や小腸に寄生が起こると、その3~4時間後に突然激しい腹痛や吐き気が起こります。

中にはしばらくの期間が開いて(半日~1週間程度)症状が起こる場合もあります。

 

治療方法は、主に内視鏡によって虫を摘出する方法です。

 

<アニキサス症の検査方法>

小腸内にてアニキサスを見つけることは困難なので、X線や超音波検査で小腸内に虫が潜伏しているかを調べます。

 

<治療方法>

胃アニキサス症であれば、内視鏡で虫をつまみ出します。

アニキサスは人体内で長期生存が出来ず、長くても1~2週間程度で死んでしまうので、虫を摘出できなくても対処療法だけで治療を行うことが出来ます。

 

2.アニキサスアレルギー(虫へのアレルギー反応)について

アニキサスアレルギーは、アニキサスが体内に侵入することによって、抗体が作られアレルギー症状を引き起こす病気ですが、これは魚の加熱や冷凍によって虫が死んでしまっても原因物質は残留したままですので、発症を防ぐことは出来ません。

 

<検査方法>

アニキサスに対する抗体が出来ているかどうかは、血液検査によって、アニキサスに対してIgE抗体の値を測定します。

陽性であれば、この病気の可能性が高いといえます。

 

3.サバアレルギー(赤身魚含有ヒスタミン摂取によるアレルギー様食中毒)について

サバを始めとしてサンマ、イワシ、マグロ、カツオなどの赤身の魚には「ヒスチジン」と言う物質が多量に含まれています。

この物質は水揚げをされた後冷凍されるまでの間に、細菌の作用でヒスタミンに変換されてしまいます。

 

ヒスタミンとはアレルギー症状を引き起こす物質です。

通常のアレルギーは体内でヒスタミンが産生されるのに対し、このような「アレルギー様食中毒」と言われる症状では、外部からヒスタミンを摂ることで、アレルギー症状が起こります。

  

ある大学の研究室でのあるお話が書かれていたブログがあったのですが、その研究室ではアニキサス症に関する研究を行われていたそうで、サバに関して良く分かった事は、寄生するアニキサスの数がいかに多いかということだったそうです。

 

どうしても生食でサバを食べたい場合は、24時間以上マイナス20度以下で冷凍することが条件だそうです。

また良く噛むことも重要です。

家庭内の冷蔵庫ではマイナス20度まで下げられる機種もあるようですが…。

 

そうまでして食べたいと思わせてしまうのが、サバの魅力と言えるのでしょうか。

新鮮なサバを食す際には気を付けましょう。 

 

甘い果物には要注意!?果物アレルギーとは

食物アレルギーには、食べて腸までたどり着くことでアレルギー感作が起きるタイプのものと、口腔アレルギーといって腸にたどり着く前に感作が起きるタイプのものがあります。

 

そして口腔アレルギーのひとつに果物アレルギーがあります。

 

●果物アレルギーの症状

果物アレルギーは腸管通過前に抗体が作られる口腔アレルギー型の食物アレルギーですので、食べてすぐに症状が出ます。大体、食べてから15-30分で症状が出ると考えてください。

 

そして、口腔アレルギーの名の通りに口に症状が出ることが多く、口に違和感を覚えたり違和感が出る、唇や口の周りがかゆくなるなどが代表的な症状です。

 

口以外の症状としては腹痛や下痢、鼻水などがあります。

 

●花粉症の人はなりやすい?

果物アレルギーのアレルゲンとなる果物には、花粉と共通成分を持つものが多いことがわかっています。そのため、果物を手に取った時点で鼻や皮膚で花粉症としての反応が起きるとも考えられています。

 

生まれたばかりの子どもには果物アレルギーの子は少なく、花粉症の既往歴がある大人の方が果物アレルギーの人は多いです。

 

●どんな果物に注意すればいいの?

果物であればどんな果物でもアレルギーを起こす危険性がありますが、特に花粉と共通成分を多く持つタイプの果物を紹介します。

 

白樺と共通成分を持っているのはキウイ、リンゴ、モモ、いちごなどです。スギと共通成分を持っているのはメロンやリンゴ、ブタクサと共通成分を持っているのはバナナなどです。

 

果物アレルギーは食物アレルギーの中でも口腔アレルギーに分類されており、口が腫れたり赤くなったりします。花粉症の人は果物アレルギーが起きやすいです。

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

突然アレルギー体質になった時どうする?食物アレルギーの諸症状

食物アレルギーの厄介なところは、突然アレルギー体質になったときに、」それがアレ...

実は色々な症状がある!食物アレルギーの種類4つと遅発型・即時型アレルギー

食べ物を口に入れることで起こる食物アレルギーですが、牛乳や卵などの日常的に目...


アレルギーには色々な症状がある!食物アレルギーの種類と対処法!

内出血は、ケガによって起こるものばかりではありません。アレルギーが原因で内出...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る