カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. エクササイズ >
  6. 「熱の産生量が少ない」タイプの冷え性の予防と対処法について

女性のカラダの悩み

「熱の産生量が少ない」タイプの冷え性の予防と対処法について

 

 

「冷え性」とひとくちに言っても、そのタイプはいくつかに分けられます。ここでは熱の産生量が少ないために冷え性になっている人が、生活の中で冷えを予防するための対策について見ていきたいと思います。

 

■熱の産生量が少ない冷え性って?

外気に冷やされたからだは、全身をめぐっている血液によって温められます。しかし、からだに熱のたくわえが少ないと、からだを十分にあたためることができず、だんだん冷えてきます。

熱のたくわえが少なくなる理由には、「熱の産生が少ないタイプ」と「熱を無駄遣いしているタイプ」とがありますが、ここでは「熱の産生が少ないタイプ」について、原因と対策を見ていきましょう。

 

 

■熱の産生量が少ないってどういうこと?

熱の産生が少ないタイプは、元気があまりない人や、感情の起伏が少ない人、やせ形で疲れやすい人に多いタイプです。


人の体は、生命活動をすることによって熱を作り出すので、生命活動のレベルが低いと、作り出す熱の量も少なくなります。では、どんな人が熱の産生量が少ないのでしょうか。

 

●からだをあまり動かさない人

からだは筋肉を動かすことによって熱を生み出します。筋肉が収縮するときに大量の熱が発生しますが、体に問題がなくても運動不足が長く続くと、活動レベルが低下すると同時に、筋肉による熱の産生も減少するので、熱のたくわえは減ってしまいます。


【対策】
健康だけど運動不足や筋力不足を感じていている人は、体を積極的に動かすようにしましょう。とくに、大きな筋肉を大きく動かすと、マッサージを受けているのと同じような血行促進効果があります。大きな筋肉とは、ふくらはぎや太もも、お尻の筋肉のこと。つまり、ウォーキングが最適です。

 

●気分の抑揚が少ない人

気分の状態でも熱の産生量は変わります。楽しいことを考えているときは、憂鬱な気分が続いているときよりも熱の産生量は多くなります。感情の起伏少なく楽しく笑う機会が少ない生活を続けていると、熱の産生が減って、からだも冷えてきます。


【対策】
淡々とした生活を送っているな…と感じる冷え性さんは、意識的に「ワクワク感」や感動のある生活を心がけてみましょう。お笑い番組を見て笑う、好きな芸能人のライブに出かける、ショッピングを楽しむ、資格試験に挑むなど、感情が高まることなら何でもOKです。

 

●虚弱体質の人

東洋医学では、熱は先天的な生命力を蓄える「腎」や、後天的に生命力を補充する「脾」で産生されるとしています。腎臓や脾臓が弱い虚弱体質の人は、無理やり食事をすることは熱を作る材料だけをいれても、かえって負担を増やしてしまいます。こうしたタイプの人はむしろ空腹感を感じられるように食事を控えた方が冷え性の予防になります。


【対策】
食欲のない時はむりに食べないで、空腹感にあった食事量にします。

 

 

いかがでしょうか。自分に当てはまりそうと思ったら、生活を見直してみてはいかがでしょうか

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/12/31-374666.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エクササイズに関する記事

毎日続けやすい!腹式呼吸で自律神経を整えて冷え体質改善!

そろそろ冬本番、冷え性の方にとってはつらい時期がやってきますね。 冷えの原因は...

インナーマッスルを鍛えて冷えを根本から撃退する

  冷え性を効率的に改善するためには、刺激する筋肉や、刺激によって得られる効果...


お風呂でカンタン!自宅のお風呂でホットヨガ!?

  ホットヨガは湿度と室温が高い場所で行うことによって体の柔軟性を高め、その効...

冷え症の改善!温めるべきはつま先じゃなくて「ふくらはぎ」だった!!

冷えきった足先…厚手の靴下を履いてみたり擦ってみたり、色々な工夫をしている方が...

カラダノートひろば

エクササイズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る