カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. ほとんど熱さや痛みを感じない?セルフお灸で冷えを改善!

女性のカラダの悩み

ほとんど熱さや痛みを感じない?セルフお灸で冷えを改善!

 

近年、自宅で行うお灸が人気です。血の巡りを良くするお灸は冷え性対策にも最適。

どのように行うのが良いのでしょうか?いちばん基本的な方法を見ていきたいと思います。

 

●好みのお灸を購入

お灸と聞くと、熱い?痛い?危ない?というイメージもあるのでは。しかし、ドラッグストアなどで入手できるお灸は、シールの付いた台紙の上に、固めた「もぐさ」を乗せてあるタイプ。ほとんど熱さや痛みを感じないマイルドなものです。


煙の臭いについても、花の香りや果物の香り、木の香りなどの香りを楽しめるもが市販されています。また、煙が気になる人には煙の出ないタイプも。さまざまなタイプから好みのお灸を探してみましょう。

 

●お灸をするツボの基本は3か所

冷え性さんがお灸をしたい場所は、女性であれば、まずは「三陰交(さんいんこう)」のツボ内くるぶしの中心から、指幅4本分あがったところにあります。そのあたりを押してみて、ペコッとへっこむような、押した感じがなんとなく痛いような感じがする場所があると思います。そこに火をつけたお灸を乗せ、火が消えたら2つ目を、2つ目が消えたら3つ目を乗せます。1日に1回、3つくらいのお灸を乗せるのが基本となります。

 

内くるぶしのすぐ外側のくぼみのなかにある「たいけい」のツボも、脚や腰、おなかの冷えに効果があります。

 

また、足の裏を見て、つま先からかかとまでの約3分の1のところにあるくぼみの中にある「湧泉(ゆうせん)」も、脚や腰、子宮の冷えに良いといわれています。三陰交と同じように、3個程度のお灸を乗せましょう。

 

●リラックスタイムにお灸を取り入れて

お灸をするタイミングは、仕事から帰ってきてホッと一息をつくリラックスタイムや就寝前、または朝起きて出かけるまえでもOK。

ただし入浴のすぐあとは、皮膚がデリケートになっているのでお灸は避けるようにしましょう。

 

はじめてお灸をするときは、片方の足だけを行ってみてください。お灸をしてから、足の色の変化や、立ち上がって足踏みをしたときの様子を感じてみると、血行が改善されて肌の色が明るくなり、足の重みが少し軽くなっているのを感じられるのでは。

 

セルフお灸で、ツボ刺激だけでなく、ゆっくりと自分の体に向き合う時間を作りたいですね。

 

(photo by ://www.ashinari.com/2009/03/25-015697.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

血液の流れが悪い?めぐりが悪いタイプの冷え性の原因と対処法

  「冷え性」とひとくちにいっても、冷えている原因はいくつかに分けられます...

冷え性対策!身体を温める食べ物をあなたはどれくらい知っている?

  冷え性になる人の多くは、自律神経失調体質に当てはまると言われています。自立...


食事や服装もポイント!熱をムダにしないで冷え性予防と対策

  ここでは、せっかく健康なのに、熱を無駄遣いすることで体が冷えてしまっている...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る