カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 原因 >
  5. 神経が圧迫されたり締めつけられて起こる神経麻痺!疲れの溜め過ぎや姿勢に注意!

関節痛・腰痛

神経が圧迫されたり締めつけられて起こる神経麻痺!疲れの溜め過ぎや姿勢に注意!

 

 

 神経痛や神経麻痺の中には、神経が圧迫されたり締めつけられる(絞扼)ことによって起こるものがあります。

 

代表的なものとしては以下のものがあります。

 

橈骨神経麻痺

手首を反らせる筋肉を支配している橈骨神経が圧迫を受ける事によって引き起こされます。

上腕骨の中央部では上腕骨の下を橈骨神経が通るので圧迫を受けやすくなっています。

 

手首を反らせなくなり幽霊の手のような下垂手となります。

 

 

正中神経麻痺

親指を小指側に向かって曲げる動き(母指の対立動作)が出来なくなります。

上腕二頭筋腱膜の背側、円回内筋の二頭間、浅指屈筋アーチの深層で絞扼や圧迫があって引き起こされます。

 

掌が平べったくなる猿手となります。 親指と人差し指で綺麗な○が作れなくなります。

 

尺骨神経麻痺

手の小指側の筋肉を支配する尺骨神経の障害で起こります。

尺骨神経は肘のすぐ下では非常に狭い道を通るので絞扼を受けやすくなっています。

外反肘内反肘、変形性関節症による圧迫でも障害を受けます。

 

手指が鷲の爪のように曲がる鷲手となります。

 

 

梨状筋症候群

梨状筋という臀部の筋肉の下から坐骨神経が出ています。

梨状筋にコリが出来て固くなると坐骨神経が圧迫されて、坐骨神経の支配領域である臀部から下肢後面にそって痛みやシビレが出ます。

 

胸郭出口症候群

鎖骨の周りで腕神経叢鎖骨下動静脈が圧迫される事によって起こります。手指や腕の痛みやシビレ、熱感などが現れます。 

斜角筋症候群、小胸筋症候群、肋鎖症候群、頚肋症候群などがあります。

 

まとめ

神経が圧迫される事によって痛みが出る事があります。

疲れの溜め過ぎや不用意な姿勢は神経を圧迫することがあるので注意が必要です。 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/02-383537.php?category=4)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

○○が神経痛の原因となる?!神経痛に潜むあらゆる原因

  【腫瘍が神経痛の原因となる?!】  神経痛が起こる原因のひとつに「腫...

妊娠が神経痛の原因に?!手根管症候群!早期治療は早期回復♪

     妊娠をきっかけにして神経が圧迫されて痛みやしびれが出る神経痛があり...


「神経痛」とは?神経痛には原因を特定できるもの、できないものがある!

  【神経痛とはどんな病気なのか?】  私たちが日常生活を円滑に行えるの...

ある日突然あなたも神経痛を発症するかもしれない…その原因とは

『神経痛』は症状や原因によって様々な種類があり、自覚できるものから無自覚のも...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る