カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 更年期に化粧品の癒し効果!『メイクセラピー』とは?更年期の糖尿病はどうしたらいい?

女性のカラダの悩み

更年期に化粧品の癒し効果!『メイクセラピー』とは?更年期の糖尿病はどうしたらいい?

 「メイクセラピー」という言葉をご存知ですか? 化粧品は見られたい自分になるための道具という考えから飛び出して、心に暗闇を抱える人たちに光をさすきっかけを与えるものとして、セラピーという形で、世界のいろんな現場で利用されています。

 

▼    化粧の持つちから

先日、カフェで隣の小学校高学年と思われる女の子ふたりが、メイク道具をじゃらじゃらと取り出して、化粧の仕方を教え合いっこしていました。幼い服装の彼女たちでしたが、とっても楽しそうで、メイクは小さい時から人を元気にする魔法の力をもってるのです。

 

化粧の効果を心理学的に調べたところ、次の効果が認められました。

・スキンケアやメイクをすると自分を大切にする感情が芽生える。

・人前での自信につながる

・特にスキンケアを行うと、リラクゼーション効果がある。

・メイクをすると、高揚感を得られる。

・スキンケアをすると、自分の内面へ関心が向く。

・メイクをすると、社会や対人に対して関心が向く。

  

▼メイクセラピーの現場と効果

メイクセラピーは以下のような方、様々な施設や病院で活用され、実績をあげています。

 

・抑うつ症状の方

一定期間くりかえし、本人の悩み解消のメイクやその実習を行い、香りや心地よさで五感を刺激することで、本人の要望を引き出し、自己理解を深め、美容技術者と共感する感覚などを通して、抑うつ症状の軽減を目指す。

 

・老人性認知症の方

顔のマッサージやメイクで五感を刺激したり、快感を得ることで自信の回復や社会への積極性の向上を促す。

 

・更年期症状の方

オイルマッサージによるエステとエクササイズをしてもらい、ホルモンの乱れとストレスの改善を目指す。

 

・産前産後の方

エステやマッサージで、身心の不安定のための落ち込みやすさやストレス軽減を目指す。

 

・中高年女性

姿勢の再調整、エクササイズ、スキンケア/メーク/ファッション/ヘアスタイリングのレッスンをし、自分らしい「ステキ」をみつけることで、元気になる。

 

・にきびのある人

スキンケアとアロマでにきびをできにくく指導する。

 

・白斑/あざ/傷跡のある方

ファンデーションによるカバーを実習してもらい、ストレスや不安からの解放を目指す。

 

 

メイクが上手にできて、いつもの自分より輝いて見えたら、それだけで、うきうきしたり、街に出かけたくなったり、誰かに会いたくなるもの。そういった、女性のささやかな喜びを引き出してくれるのがメイクセラピーです。

 

 

普段自分でお化粧をしている人でも、誰かと自分の姿の悩みを共有してもらい、解消できたら、とてもうれしいですよね。女性のつらい時期に、自分を変えたい時に、一度、足を運んでみるとよいかもしれません。

 

子ども・定年・将来…更年期の頃にはどんなストレスの原因がある?

40代から50代にかけて体の不調を訴える方が多くいます。

年齢を重ねて不調が出やすくなるということもありますが、更年期の不調ということもあります。

 

ストレスが先か更年期が先か

更年期の不調は、年齢を重ねていくのに従って体が変化していくためにおきる仕方のないことです。

ですが、自分の意思に反して不調が出てくることに、ストレスを感じる人もたくさんいます。

 

また、他のことでストレスを感じている場合、更年期の症状が発症しやすくなったり、症状が重くなったりもします。

 

逆に更年期の症状が先に出てそれをストレス感じることも、ストレスが先にあって更年期の症状が重くなることもあります。

いずれの場合であっても、双方が悪影響になって感じる症状がつらくなります。

 

更年期にはこんなストレスの原因がある

そもそもストレスはそれだけで体に悪影響です。

では更年期にはどんなストレスを感じやすいのでしょうか?

 

<女性が感じるストレス>

・子どもに関するストレス(受験、就職、いじめ、結婚)

・夫との関係におけるストレス(夫が家庭を顧みないなど)

・親の介護や死別

 

<男性が感じるストレス>

・仕事上でのストレス(重責、リストラ、定年)

・家庭内でのストレス(夫婦の関係変化など)

 

<両方に共通するストレス>

・男性(女性)としての自信の喪失

・将来への不安

 

40代から50代頃になると、生活がこれから変化していくことへの不安や、年齢を重ねた今の自分の生き方に目が向くようになります。

 

こうした課題は特に大きく、その場ですぐに解決できるものではないため、長い間悩み考えていくことになります。

その問題が自分にとって大きければ大きい程、すぐの解決には至らず、悩んでいること自体へのストレスも大きくなっていきます。

 

更年期は一つのきっかけと考える

これからのことはすぐに答えが出ないものですが、逆に言えばすぐに答えを出さなくてもよいものです。

長い更年期の期間は老後をどう過ごすのか考える準備期間だと考えましょう。

その間に仕事や家庭との向き合い方を考えたり、具体的に老後の過ごし方について計画を立ててもよいでしょう。

夫婦関係を再構築するきっかけにしてもいいですね。

 

いずれにしろ、悩んでも答えが出ないなら、長い目で見て考えてあげることでストレスは軽減します。

更年期のストレスを感じたら、これが自分のターニングポイントと思って、人生を振り返ってみるのもよいかもしれません。

 

更年期の糖尿病はどうしたらいいか?

女性は更年期を過ぎると、女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、内臓脂肪が貯まりやすくなり、生活習慣病のリスクが高まります。なりやすい生活習慣病の1つに糖尿病があります。更年期後、自分の力で体を守るための生活習慣の改善を計り、適度な運動を行い、糖尿病を予防します。

 

食生活のポイント 

カロリーを上げないで、必要な栄養素をバランスよく摂るように工夫します。

 

揚げる ⇒ 蒸す・煮る

濃い味付け ⇒ スパイスや薬味、酢など酸味などを取り入れる

沢山食べたい ⇒ 生野菜などカサがあるもの、歯ごたえがあるものを最初に食べる

 

間食だけでなく、ごはんの量も少し減らし、野菜などから食物繊維を多く摂取するようにします。

 

お菓子はほどほどに

お菓子に含まれる糖分や脂質はインスリンの効きを悪くするという話ですので、少しずつやめるようにします。 

 

気になる合併症 

ほとんど自覚なく進行していく糖尿病は、血中に増えた糖の毒性により、網膜症、腎症、神経障害、動脈硬化、狭心症、脳梗塞などの合併症を発症しやすくなります。

 

さらに、糖尿病は、体内のホルモンの働きにも影響をもたらし、免疫細胞の活動を低下させ、歯周病など、たくさんの病気の発症の原因となります。

 

そのため、更年期が過ぎたら、内臓脂肪をつけない生活を改善して、肥満を防ぎ、血糖値を下げる自前のインスリンの効きを良くするようにします。

 

簡単な運動を取り入れる 

散歩やラジオ体操、日常生活を動き回るようにしてみるだけで、糖尿病になる可能性は下げられるという報告です。糖尿病になる人は、全体的に肥満、運動不足気味なので、有酸素運動を週2、3回行ってみるのも体に良いでしょう。

  

◆他にも気を付けたいポイント

・1日3食、間は5~8時間を置く。インスリンの働きを保ちます。

・ハードな運動をする時は、食事量を増やすなどの調整をする。

・夜8時以降は食べない習慣をつける。

 

糖尿病の発症は体型からは判断できないので、人間ドッグや糖尿病専門の外来で、インスリンの効き方や分泌能力がどう変化しているかを調べてもらうといいですね。

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E8%8A%B1%E5%AB%81-%E9%AB%AA%E5%9E%8B-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF-68490/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

更年期に関する記事

気になるシミの原因は「更年期」以外にあった!?更年期に起こる自律神経失調症状の対処法

年齢を重ねていくにつれてシミが目立つようになるのは、誰にでも起こりうることで...

PMSで出勤できない人のための生理休暇、その実態とは?性欲との関係?10代でもPMS症状が出る訳とは

生理休暇というものがあるのをご存知でしょうか?   労働基準法で定められ...


更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれていま...

ローヤルゼリーで更年期を緩和!?サプリメント、薬での対処法

昔から蜂蜜は栄養価が高く、薬効がある食材と言われています。   特にロー...

カラダノートひろば

更年期の関連カテゴリ

更年期の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る