カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 保湿 >
  5. 水にこだわった化粧品の効果について

美容・ダイエット

水にこだわった化粧品の効果について

 

最近、水にこだわった化粧品がたくさん出回るようになりました。化粧品のほぼ8割が水分でてきているため、こだわった水を使う事で、身体によいというふれこみです。

 

うちの子は三人ともアトピーがあり、「水療法」をためしましたが何も変化はなく、同じように悩みをもち、水療法を試すお母さんたちに出会いましたが、「水療法」ではっきり、何か良い効果があった方には今のところであったことがありません。

 

 化粧品として“特別な水”はどんな効果があるのか、まとめてみました。

 

▼    水にこだわった化粧品調べ

 

・海洋深層水(深海を流れるきれいでミネラルたっぷりの水)にパラベンと香料をいれた化粧水

・有名天然水にパラベンとエデト酸塩をいれた化粧水

・どこそこの温泉水や天然水をつめただけの化粧水

・ナノ(一千万分の一ミリ)レベルで精製し、ナノサイズに分子を加工した水だけの化粧水

・どこの天然水とも記載されない天然水にパラベンだけをいれた化粧水

・20種類のミネラルを入れた水と、パラベンでできた化粧水

 

※バラベンは防腐剤(アレルギーの可能性のある指定成分)

※エデト酸塩は変色防止剤(アレルギーの可能性のある指定成分)

 

◎これらの値段

添加物入りで500円を超えるぐらいの値段のものから、水だけの化粧水で150グラム2000円のものがある。

 

 

▼    アトピー性皮膚炎と水の実験

 

 ◎東京海洋大学の海洋深層水とアトピー性皮膚炎の実験報告。

・アトピー性皮膚炎は塩素の入った“さら湯”での入浴、塩素を強めたプールへの入水でアトピーが悪化する傾向がある。

・入浴剤いりの入浴では、保湿効果が高まることで、改善効果がみられた。

・海洋深層水から塩素をぬき、入浴に使用すると効果がみられた。

・海洋深層水を肌に塗布しただけでは特に変化がみられなかった。

 

 ◎金沢大学のアトピー性皮膚炎患者へのアンケート報告。

・患者の8割は温泉入浴、化粧品、健康食品、水治療を経験していた。

・上記の経験で、症状が改善したのは1割。被害を受けたと感じる人が5割、悪化した人が3割いた。

 

▼    肌を化粧品から断食させるという考え方

 なぜ、水だけの化粧水が売られるているのか調べてみました。

 

「化粧をつけすぎて劣化しきった肌に、“清浄力、保湿力の高い水”だけでケアすることで、肌のストレスをとりさり、元気にしていく。」という理由だそうです。

 

驚くことに、そういった考え方の商品をためして、最終的に効果があったとコメントしている人が何百人もいました。

 

 

筆者は、実は20歳の時、特別な時以外の化粧や化粧品による手入れをやめました。美容を研究し尽くしたベテランホステスさんたちから「世界で一番きれいな肌を持つ人たちはフランスの修道女。彼女たちは化粧をせず、手作りの石鹸で顔を洗うだけ」(本当かどうかは知りません)だから、化粧をしないのが一番きれいでいられるのよ。と言われたからです。

 

化粧水も特に使わず、特別な日以外は、日焼け止めと眉墨のみで、アラフォーを迎えましたが、ベビー肌ではありませんが、しみやしわ、乾燥がひどいと思ったこともないし、家族や他人に言われたこともありません。

 

 

▼    まとめ

 

“保湿”することが肌をよくする共通点だとすれば、水だけを塗っていればよいが、塩素は肌に刺激をあたえる可能性があるので、“塩素の入ってない水”で保湿するのがよい。肌に刺激を与える可能性がある化粧品は、肌へのストレスになる可能性がある。

 

性格や生活環境が千差万別であるように、肌質や肌を取り囲む環境は、みんな違うもの。あれやらこれやらつけて美肌対策をしようとするのもよいですが、できるだけシンプルに、保湿対策だけで過ごすという実験も、ぜひ試してみてください。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E6%B0%B4-%E7%82%B9%E6%BB%B4-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97-%E9%9D%92-%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-90781/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

保湿力はヒアルロンの1.3倍「プロテオグリカン」で理想の肌に

  1. 美容・ダイエット
  2. 美肌・スキンケア
  3. 保湿

  「プロテオグリカン」という言葉を、みなさんは聞いたことはありますか。美肌を生み出すとして、...

保湿に関する記事

カサカサ、粉吹きになるまえに!冬のお肌の乾燥対策

  秋も深まり、乾燥が気になる季節がやってきました。 一言に乾燥といっても...

簡単3ステップで♥しっとりハンドケア

冬は特に乾燥が気になる季節。外気や水に多くさらされる手は、ちょっと気を抜いただけ...


秋に対処しないと手遅れに!洗顔後のピリピリは肌が縮んでいる証拠!?冬の肌のためにできるコト

空気が乾燥しはじめる秋になって、洗顔後の肌に、ちょっとした違和感が生じていない...

お肌のうるおいを保つための栄養素

  ■お肌のうるおいを保つための食べ物   年を重ねるごとに気になるのが乾燥...

カラダノートひろば

保湿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る