カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 習慣 >
  5. これだけしている?!化粧品が安定するかの品質試験

美容・ダイエット

これだけしている?!化粧品が安定するかの品質試験


 

ほとんどの化粧品は、3年以上もつようにつくられています。しかも、買ってすぐ色が変わったり、肌への刺激が変わってしまっては安心して使うことができません。

 

どのような流れで化粧品ができ、品質の安定を検査しているのか、まとめました。

 

 

    化粧品のできるまでのながれ

1.ニーズの調査 

2.製品設計

中身の設計・・・有用か?使用感は?成分の安定は?安全か?を考え、原料・薬剤を選択する。

容器の設計・・・どんな形にするか?どんな素材にするか?個装するか?を考え、容器・包装を選択する。

3.試作実験

4.使用試験

5.薬事申請

6.量産できるかを検討する

7.製造する

8.試験(有用性、使用性、安定性、安全性のチェック)

9.商品

 

    安定性試験

上記の8の段階で、化粧品は使い終わるまでの品質を保証するために、実際の使用場面を想定して安定性試験を行います。

 

◎光安定性試験

日光やショーウィンドウにさらされても耐えられるかのチェック

 

◎応力試験

使用することで、(口紅・眉墨など)折れやすさ、分離しやすさ、振動、落下、荷重、摩擦に耐えられるかチェック

 

◎エアゾール製品の安定性試験

腐食しないか、漏洩しないか、つまりやすくないかチェック

 

◎部外品薬剤の安定性試験

40度(±1度)湿度75%(±5%)の保存条件で半年以上するとどうなるかをチェック。

 

◎温度安定性試験

所定の温度条件(-20度~60度)に放置するとどうなるか?のチェック

 

 

    試験をクリアするために

かなり過酷な条件下をクリアし、化粧品は生まれている。これだけの過酷な条件を、コストにみあってクリアするためには、防腐剤やPH調整剤、酸化防止剤 が必要になりやすいのでしょう。

  

事故がおきれば、企業は大損失をします。先日も美白成分が問題になりましたね。化学製品に囲まれた現代人の肌は年を追うごとに、ストレスに敏感になっています。その肌を納得させ、品質を安定させ、利益のある化粧品をつくるということには莫大な時間と人手がかかっていることでしょう。

 

にも関わらず、化粧品は私たちの手の届く値段で売られています。大変?な企業努力と工夫がどの化粧品にも詰まっているのかもしれません。 

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-%E8%89%B2-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88-%E5%8C%96%E7%B2%A7-166774/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

習慣に関する記事

体がため込んだ疲労を解消!疲れた体を癒す“よもぎ風呂”で夏でも快眠に♪

  夏は気温や湿度によって、何もしていなくても体は沢山の疲労感を感じてしま...

美肌には眠りの深い最初の3時間!成長ホルモンと睡眠の関係

■眠りの深い最初の3時間に成長ホルモンが分泌される睡眠は、時間と質が大切です。中...


夏の不眠トラブルを解決するエアコン!知らないと損!快眠出来るエアコン選び

  夏場、暑い中で眠ることはとても大変で、過酷な事です。 夏の蒸し暑い夜...

新製品に手を出さない?!化粧品の安全性に気をつける買い方

  その化粧品の全指定成分をみても、いちいちどういう危険のあるものか、覚え...

カラダノートひろば

習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る