カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 習慣 >
  5. 添加物や防腐剤は体に悪い?美を手に入れるための自然派化粧品

美容・ダイエット

添加物や防腐剤は体に悪い?美を手に入れるための自然派化粧品

 

ウェブ検索すると、化粧品の添加物や防腐剤が体に悪いことについて訴えるページが山のようにあります。エステティシャンや美容師をやっていた友人がアレルギーでつらそうなのを見ると、できるだけ健康にきれいになりたいなあと、つくづく思います。

 

ここでは、添加物や防腐剤などに配慮した自然派化粧品についてまとめました。

 

 

▼    化粧品の安全性と自己責任

細かな劣化試験や使用実験をくりかえしているため、多くの方に被害がでないよう化粧品は作られています。しかし、人体につけ続けた場合のテストは、だいたい3か月ぐらいです。それ以上の期間、使い続けた場合、どうなるかまではわからないのです。

 

1980年、皮膚トラブルを減らすために、102の表示指定成分(防腐剤のパラベン)などが義務づけられました。それに際し、“これら102の指定成分の無添加化粧品”も出てきました。

 

2001年4月、全成分表示へと義務づけられ、自己責任で化粧品を使う時代になりました。

 

 

▼    無添加 < 身体によいコスメの世界の認証制度

 

“無添加”という言葉が化粧品につけられていますが、何が無添加かというと、たいていは上記に示した、日本の厚生省がトラブルの可能性を秘めるとした102の指定成分のこととなります。

 

とくに、〇〇無添加と書いてる場合は、〇〇だけが無添加ですので、102指定成分の他のものは入ってる可能性があります。

 

最近はやりで“ノンシリコン”と書いてあるシャンプーがありますが、シリコン以外の合成成分はぎっしり入っています。

 

“102指定成分無添加”だけではなく、それ以上に合成成分に配慮し、自然の力で美を手に入れるために、ヨーロッパを中心に、化粧品等の厳しいガイドライン基準が生まれています。

 

・「BDIH」 ・「エコサート」 ・「コスメビオ」 ・「デメター」 ・「英国土壌協会」 ・「ネイトルー」 ・「QAI」

 

たとえば、BDIHの規定は

「原料が認証付の野生、または有機栽培されているもので、石油由来の合成保存料や着色料、香料や遺伝子組み換え植物など一切不使用」 です。

 

しかし、上記の厳しい認定基準であっても、合成成分がゼロではありません。品質保持には限界があり、安全性を追求したぎりぎりの合成成分が、それぞれの認証機関に許可されています。

 

 ◎日本で買える、世界的に人気の高い 上記認証をうけたコスメ 一例

 

ロゴナ(自然を大切にするが理念。メイクの種類が豊富)

ヴェレダ(独自の自然治癒学にもとづく、スキンケア主流)

ドクターハウシュカ(肌本来の力をひきだす、メイク~スキンケアまで)

オーブリーオーガニクス(化学合成物質不使用天然成分のみ、メイク~スキンケアまで)

ラヴェーラ(皮膚疾患に悩む創業者がつくった、メイク~スキンケアまで)

 

 

▼    日本の老舗化粧品

合成成分を入れて化粧品を作るようになったのは最近の話で、それまでは自然のもので作られた化粧品ばかりでした。古き良き体にいい化粧品にも注目してみましょう。

 

◎ 紅皿

お皿に紅が入ってる口紅です。

創業1884年の米沢の新田家で、専用の低農薬のベニバナを使い作られています。

 

◎  うぐいすの粉

100年前からある“美容文化社”がつくっています。他にあずきの粉 ぬかと袋 など洗顔・スキンケアが主流。の老舗会社です。うぐいすのフンは自社で飼育しているものを使っています。筆者もにきびの高校時代使っていました。

 

◎ 馬油

元祖は福岡・薬師堂。他にも多数メーカーが生まれています。筆者も子供の頃から使っていますが、皮膚再生能力が強く、様々なスキンケアに多用できます。

 

 

    日本の自然派化粧品

 

海外だけでなく、日本でも天然にこだわった会社があります。その一部を紹介します。

 

◎  素朴で天然にこだわった日本の化粧品

ゴールド化粧水(化学薬品一切不使用、冷蔵庫保存の化粧水のみ)

私の部屋・へちま水(富山の水と有機栽培のへちまでできています)

など

 

◎  その他

パックスナチュロン(人と環境に優しい石けん を中心にした会社)

クレコス(大和茶、米ぬかなど、和の素材でできている、メイク~スキンケア)

リマナチュラル(マクロビオティックに基づく、メイク~スキンケアまで)

など

 

 

 

化粧品はやまのようにあるからこそ、安全性を追求したものを選びたいですね。自分で手作りが一番良いのかもしれませんが、ちまたに囁かれる配合では、自分の肌に合わない場合も多々あります。安全性と天然にこだわった会社の商品から選ぶというのも、良い選択肢ではないでしょうか。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E7%9A%AE%E8%86%9A%E3%81%AE%E3%82%B1%E3%82%A2-%E7%9B%AE%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%89%B2-%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%A6-194116/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

習慣に関する記事

諦めないで!40代☆お肌のために今すぐ始めるべきこと

【40代:お肌のために今すぐ始めるべきこと】肌の状態は、年齢や生活習慣によって変...

新製品に手を出さない?!化粧品の安全性に気をつける買い方

  その化粧品の全指定成分をみても、いちいちどういう危険のあるものか、覚え...


これだけしている?!化粧品が安定するかの品質試験

  ほとんどの化粧品は、3年以上もつようにつくられています。しかも、買って...

美肌には眠りの深い最初の3時間!成長ホルモンと睡眠の関係

■眠りの深い最初の3時間に成長ホルモンが分泌される睡眠は、時間と質が大切です。中...

カラダノートひろば

習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る