カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 病院 >
  6. 非薬物療法 >
  7. 認知症の非薬物療法…思い出を揺り起こす回想法が効果アリ!?

介護・認知症

認知症の非薬物療法…思い出を揺り起こす回想法が効果アリ!?

PPW.jpg 

 

思い出を揺り起こすことこそ、認知症を改善するアプローチとして有効です。
グループでお互いの思い出話をするだけで、認知症患者の脳を刺激し、日常生活の経験、人とのコミュニケーションの取り方、心身の健康を取り戻すことが出来ます
無理に正確な記憶を思い出す必要は全くありません。
認知症でなくても人の記憶は曖昧なものなのです。
ここで重要なのは、思い出を揺り起こし、そこから浮かび上がったイメージを他者に話すことが重要となります。
グループ活動として機会を与えるだけで、認知症改善に効果を上げてくれる非薬物療法回想法なのです。

○回想法


1.グループを作り、お互いに思い出話を促す。
2.時間は掛かっても構わないので、記憶を揺り起こし、それを口に出させる
3.楽しく思い出話が出来る雰囲気を作る。思い出話の間違いや曖昧な部分を指摘しない

昔のことを思い出そうとしても難しくなるのが認知症ですが、だからといってそのままにしておいては、思い出すという作業自体を忘れてしまいかねません
例え正確に思い出せなくても、記憶の中から思い出を掘り起こす感覚を繰り返し忘れないようにするだけで、認知症の症状を抑制する効果が期待できるでしょう。
曖昧な思い出を重箱の隅をつつくようにけちをつける必要など無く、曖昧でも楽しくお互いの思い出話に花を咲かせることこそ、この回想法のポイントです。

 

(Photo by //www.pakutaso.com/201119photo236post-544.html)


著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

非薬物療法に関する記事

認知症を悪化させないために…教えることを諦めないで!基本的な情報でも何度でも伝えよう

 認知機能が低下してしまうと、自分で情報を得ようと行動することも少なくなってしま...

アロマセラピーで脳を刺激

 植物から天然の精油を用いたアロマセラピーがアルツハイマー型認知症などに有効な療...


非薬物療法は周囲の人にこそ必要!患者の症状を緩和するだけでは認知症ケアは不十分です

 認知症に有効な治療薬は確かに存在しますが、患者の症状を緩和するだけでは認知症ケ...

リアリティオリエンテーションとは

認知症の中でも見当識障害を持った患者を対象としたケアに、リアリティオリエンテー...

カラダノートひろば

非薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る