カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMSで汗がたくさん出てくるのはなぜ?生理中の汗の臭いはフェロモン?

女性のカラダの悩み

PMSで汗がたくさん出てくるのはなぜ?生理中の汗の臭いはフェロモン?

 

月経前になると、変に心臓がドキドキして頭部だけがのぼせたり、首や頭から汗が止まらなくなると思ったら、急に寒くなったりと体温の変化や異常な汗の量に悩ませる事があるかと思います。

 

それは、女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンのエストロゲンの低下によって、起きている症状かもしれません。

 

女性特有ののぼせや発汗は、自律神経失調が原因であることが多く、この自律神経は女性ホルモンのバランスの崩れに大きく左右されやすいので、卵巣機能の低下で自立神経失調症が生じる場合もあります。

  

◆30代以下の女性の場合

30代以下のまだ若い女性の場合には、卵巣機能の低下だけではのぼせや発汗などといった症状が現れることはあまりありませんが、仕事などのストレスやプレッシャーが加わることで、発汗やのぼせといった症状として現れることがあります。

 

◆40代以上の女性の場合

40代以上の女性の場合だと、プレ更年期による症状といえます。

更年期やダイエットなどによる女性ホルモンの乱れが生じたり、過度な精神的ストレスを感じることで自律神経にも影響が及ぶので、血管の拡張や収縮がうまく働かなくなります。更年期にはこのような症状つまり「ホットフラッシュ」と呼ばれる現象が生じます。

  

このようなのぼせや発汗は、自律神経の失調状態で引き起こされますから、自律神経の失調を悪化させる夜更かしや睡眠不足、疲労やストレスの蓄積などといった誘因は極力避けるようにしましょう。

 

辛い時は我慢せずに、病院で受診するようにして下さい。

 

漢方薬やHRT(女性ホルモン補充療法)、そして精神安定剤などを用いた治療法があります。

 

体ののぼせや発汗は体力を消耗させますから、無理しないようにしましょうね。

 

 

月経前症候群(PMS)による多汗の対策は?

月経前に、首や頭を始めとする全身から汗が止まらなくなる、といった症状に心当たりはありませんか?

 

実はこの多汗も月経前症候群(PMS)の症状の1つです。

 

通常ののぼせは強い日差しを受けたり、熱いお風呂に長時間浸かったり、人前に出て緊張したりした場合などの、皮膚の血管が拡張し血液の流れが多くなるために引き起こされます。

 

このように病気ではないのぼせは、食生活を見直すことによって改善することが出来ます。

 

ビタミンA、ビタミンCが豊富なにんじんや、タンパク質が多く含まれるごま、そして鉄分たっぷりのほうれん草といった、血行をよくする食べ物を中心とした、栄養バランスの良い食事をとり、さらに無理をしない程度の適度な運動を心がけると良いでしょう。

 

この他にものぼせや発汗に効果的なものはいくつかあります

 

◆心のバランスを整えるハーブサプリメント

・カノコソウ(バレリアン)

・ホップ

・パッションフラワー

・チェストツリー

といったハーブ系のサプリメントは精神的なバランスを保つ働きがあるので、自律神経の失調によるのぼせや発汗に効果的です。

 

◆ホルモンバランスを整えるハーブサプリメント

・月見草オイル

・γリノレン酸

などはホルモンバランスを整えてくれる作用があります。さらにこれらのハーブサプリメントに合わせてビタミンEの補給も大切です。

 

 

また、のぼせや汗を調節するハーブとして「セージ」が挙げられます。

セージのハーブティーは、のぼせや汗を調整する働きだけではなく、女性ホルモンを活性化させる働きもありますから、のぼせや発汗といった症状が気になる女性は日頃から飲むようにするといいでしょう。

 

のぼせや発汗は体力を消耗させますから、疲れやすくなりますので、我慢したり無理はしないようにしてくださいね。

 

 

その多汗はPMSじゃなくて他の病気によるものかも?

月経前症候群(PMS)の1つとして、のぼせやすく汗をかきやすい・汗を大量にかいてしまうといった症状がみられます。

 

しかし、月経前症候群(PMS)以外にも、症状として汗をかくものもありますから、注意しなくてはなりません。

  

◆汗かきから疑われる病気例

・多汗症

何かが原因となって汗かきになるということではなく、「汗をかく」そのものが病気であるこの多汗症は、多くは脇の下や手のひら、そして足の裏などといった局所的な部分から大量の汗をかくことが特徴としてみられます。

 

・バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

この甲状腺機能亢進症、別名バセドウ病ともいうこの病気になると、体内の代謝を促進する働きがある甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるようになるため、代謝が高まり大量の汗をかくようになります。

 

この病気は、汗かき以外にもイラつきや動悸、さらには急な体重の減少といった症状も現れることがあります。

 

・血液の病気(白血病)、結核

汗のかく量が増えたと言っても、寝汗を大量にかくようになった場合には、白血病といった血液の病気や結核の疑いがあります。

 

特に、この場合の汗はミネラルなどの成分が多く含まれるのでアンモニア臭が強く、さらにベタつくので、おねしょをしたように布団がびっしょりになってしまうこともあります。

 

・自立神経失調症

自立神経失調症になると副交感神経の働きが悪くなってしまい、交感神経が過剰に働くことで汗を大量にかいてしまう、ということです。

 

また、自立神経失調症の症状には、めまいや震えといった身体的な症状の他に、人間不信や情緒不安定といった精神的症状も見られたりと、人によってかなり異なります。なので、汗かきにならない場合もあります。

 

・糖尿病

糖尿病により自律神経の異常が生じ、汗をかきやすくなります。

 

・更年期障害

汗腺をコントロールする女性ホルモンであるエストロゲンのバランスが崩れることで生じるホットフラッシュという症状が、更年期障害で見られる多汗です。特に顔の汗が目立ちますが、首筋や脇、胸などという上半身を中心に発汗します。

  

以上が、月経前症候群(PMS)を原因とするものの他に、多汗が症状として現れる病気の一部になります。

 

もしも、自分の多汗が病的なものかもしれないと感じられたのなら、一度病院で診察を受けてみることをお勧めします。

 

 

生理のにおいが気になる!生理中の汗の臭いはフェロモン?

生理前から生理中にかけて、ほてりやのぼせ、普段より多く汗をかくという方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかも、自分が汗臭い、なんとなく汗のニオイが気になるということはありませんか?実はそれはホルモンの影響かもしれません。汗のにおいのしくみや、女性ホルモンと汗の関係についてまとめました。

 

生理の時、臭いが強くなるのはなぜ?

生理の時臭いが強くなると感じるのは、人それぞれです。

これは排卵後に分泌が増える黄体ホルモンの影響で、皮脂分泌が高まり皮脂腺の出口がつまりがちになって、脂肪酸が酸化して汗などと混じり、臭いが発生すると言われています。

 

また、ホルモンの影響を受けた嗅覚が、いつもより敏感に感じ取ってしまっているだけという可能性もあります。

 

汗の臭いのしくみ

汗を出すのは、身体の汗腺という場所ですが、この腺が2種類あり性質が異なります。臭いの原因となるのはその中の「アポクリン腺」と言われる場所です。この腺からは、粘り気と臭いの強い汗が出ます。いわゆるフェロモンと呼ばれるものを出すのです。

 

汗臭さ自体は、汗自体が臭っているのではなく、成分に含まれる脂肪酸など様々な物質の影響を受けています。

 

ほてりやのぼせによる汗

ほてりやのぼせによる汗は、アポクリン腺とは違うところからでる、体温調節をメインとする汗の可能性が高いと言われます。

 

この汗はほとんど無臭と言われているので、生理中いつもより多く汗をかいても、構造的には臭いが強くなるということはないはずです。それでも気になる場合は、女性ホルモンの影響が大きいと考えられます。

 

汗も臭いも、人間にとってとても大切な機能です。

上手に付き合っていきましょう。

 

生理中の経血の臭い

生理時は経血が出ているので、これが空気に触れ酸化することで臭うと言われていますが、実はこの臭い自体はごくわずかなものです。

経血の臭いよりも、ナプキンを長時間当てていたり、防水加工がされているショーツを着用してムレることが、臭いが発生する要因のようです。これらの臭いと汗の臭いが混じることで、普段よりも臭いがきつくなった感じを受けるのです。

 

生理中の経血の臭いの対策

対策としては、ナプキンをこまめに変えることが一番です。

これは肌荒れ防止にもつながります。最長でも3時間程度での交換を心がけたいものです。

また、シャワーなどをこまめに浴び、常に清潔に保つことも大切なことです。 

見た目のお洒落だけでなく、臭いもお洒落できるよう日々心がけましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/08/19-367297.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理・月経に関する記事

生理痛が足にくる…?「足の生理痛」解消法! 生理中の股関節痛、子宮筋腫があるのかも?骨盤との関係は?

生理痛といえば、その症状は腹痛や腰痛が代表的ですね。ですが、なかには足が痛く...

生理中の首こり・肩こりは月経前症候群が原因?骨盤の歪み?更年期の生理不順と、首こり肩こりの関係

    生理前~生理中にかけて、首や肩がひどく凝るという女性が多くいます。生...


生理中の貧血は出血が原因ではない?!貧血対策とは?体質・生活習慣・症状別「貧血チェック」!市販薬の成分と効き目は?

生理中にめまいがしたり、貧血のような症状がつらくて悩んでいる女性も多いのでは...

無月経は放置しないで!無理なダイエットが原因?骨粗鬆症との関係。閉経と思ったら卵巣不全の可能性も・・

閉経後の女性は、骨密度が減少し、骨粗しょう症になりやすくなります。しかし近年...

カラダノートひろば

生理・月経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る