カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. >
  5. 歯や歯茎の不調…これにも生理が関係しています!歯周病に気をつけて

女性のカラダの悩み

歯や歯茎の不調…これにも生理が関係しています!歯周病に気をつけて

 

生理と歯が関係しているなんて、あまり考えたことはないのではないでしょうか。

実は生理と歯の状態には密接な関係があるのです。

 

生理と歯周病

 

最近「歯周病」という言葉を、CMや広告などでよく見かけるようになったと思いませんか。

歯周病菌が身体に大きな悪影響を与えることが分かったことから、歯周病予防が広く呼び掛けられているんです。

 

30代からが危険

 

それでは、生理と歯周病にどういった関係があるのでしょうか。

なんと女性は、女性ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすいといわれているのです。生理前後や妊娠中は、歯茎の毛細血管から女性ホルモンが多く出ているんです。

この女性ホルモンが歯周病菌などの細菌の栄養素となり、繁殖・増殖を促進してしまうのです。

歯周病は30代の80%がかかっていると言われ、さらにその78割が自覚症状もなく治療もせず放置されている可能性が高いそうです。

心当たりのある方も、そうでない方も、一度歯科で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

女性特有の歯の悩み

 

女性は生理中歯茎から女性ホルモンが出るため、歯周病菌が増殖しやすいという特性を持っています。

そのため生理前には歯茎に違和感を感じることをはじめとし、炎症を起こしたり出血したり、更には熱っぽさを感じることもあります

 

歯周病は自覚症状が少ないことも問題の一つとされています。

以下の項目で自分に歯周病の疑いがないか、チェックしてみましょう。

 

歯周病チェックTOP

 ・歯が伸びたような気がする。

 ・歯を磨いた時に、歯茎から出血する。

 ・冷たい物を口にいれた時、歯に違和感がある。

 

以上のことに心当たりがある場合は、早急に歯科の検査を受けましょう。

 

生理の時の不調はさまざまな所に現れますが、歯もその一つです。

定期メンテナンスで自分の健康を守りましょう。

 

(photo//www.photo-ac.com/main/detail/39621?title=) 

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

生理中は虫歯に注意!歯みがき方法紹介

    生理中は普段よりも体力が低下し免疫力も落ちるので、口の中は雑菌が繁殖...

生理中も素敵な笑顔をキープ!輝く歯のみだしなみ

  生理前や生理中に「歯が痛いなぁ」と思うことはありませんか?これには理...


生理前に起きる歯茎の腫れ、これはいったい何?実はPMSの症状なんです!

生理前に歯茎が腫れることがあります。PMSの時期に毎月起きるのが、何とも不思...

女性には2度転機がある?生理に関わる歯の問題

      女性には歯周病にかかりやすい2つの時期があります。 そしてそ...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る