カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 病院 >
  6. 非薬物療法 >
  7. リアリティオリエンテーションとは

介護・認知症

リアリティオリエンテーションとは

a0990_001474.jpg

認知症の中でも見当識障害を持った患者を対象としたケアに、リアリティオリエンテーションというものがあります。これは、現実の何気ない情報を提供し、それを何度も繰り返すという非常に簡単なものです。

 

何気ない情報とは、その日の曜日、天気、今いる場所、季節など本当に基本的な情報で、情報を与え、何度も確認することで見当識障害の進行防止と改善を目的としています。

 

更には患者とスタッフ、グループ形式ならグループ同士のコミュニケーションを介して、お互いの理解を深めるというもう一つの大切な目的があります。

 

○リアリティオリエンテーション

●24時間リアリティオリエンテーション

日常のケアの中で、天気や曜日、時間と場所、季節などの情報を自然な形で繰り返すようにするアプローチです。

 

●クラスルームリアリティオリエンテーション

見当識の状態に応じたグループを、3人から8人までの小グループで形成。同じ場所と時間において、その日の年月日、曜日、季節など基本的な情報を確認し合う。

 

コミュニケーションなど対人関係の能力を取り戻すのにも有効。

 

見当識を改善することが主目的ですが、クラスルーム形式など、認知症患者同士がお互いの葛藤をわかり合い、関わり合うことも重要です。

 

認知機能が低下すると、活動性も低下するので、人とふれあうこともなく、時間や曜日の感覚も薄れてしまうのです。

 

強制的にでも現実感のある体験により、様々な基本的情報を提供することがリアリティオリエンテーションなのです。

著者: ゆりりんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

非薬物療法に関する記事

認知症の非薬物療法…思い出を揺り起こす回想法が効果アリ!?

  思い出を揺り起こすことこそ、認知症を改善するアプローチとして有効です。グルー...

臨床美術=お絵かき 認知症の機能改善に効果的なアートセラピーをやってみよう

  認知症の機能改善に効果的なアートセラピーなど臨床美術の効果は有効なものですが...


アロマ精油の種類と効能

   アロマセラピーに使われる精油は多岐にわたりますが、その中でも認知症に効果的...

アロマで脳を刺激してアルツハイマー型認知症予防!その方法と効果

      アルツハイマー型認知症の根本的な治療がない為、予防に力を入れて...

カラダノートひろば

非薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る