カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ハンドケア >
  4. アレルギー体質ならば特に注意!手湿疹の原因

美容・ダイエット

アレルギー体質ならば特に注意!手湿疹の原因

 

本来、手のひらや指の腹は皮膚が厚いため、湿疹は比較的出来にくいものです。手湿疹とは手指の背面や、つめの周辺を中心にして、かゆみの強い紅班や小水疱、丘疹などができるものです。かゆみを伴うため、それによってかきつぶすとびらんやかさぶたになります。

  

手湿疹には、洗剤などといった刺激物に慢性的に触れることによって誰にでも生じる皮膚炎と、消毒薬やゴム手袋、シャンプーなどの特定の物質に過敏な反応を生じることによっておこるアレルギー性の皮手湿疹とに大きく分けられます。

 

洗剤などによって生じる手湿疹

洗剤などの刺激物によって慢性的に刺激を受けることによって生じる手湿疹は、冬季に悪化する特徴があります。

初期の段階では手指全体が乾燥してごわごわした感覚があり、皮膚がはがれることが多くなり、指紋や掌紋が不明確になっていきます。これらに次いで上記のような亀裂や紅班、小水疱などの炎症症状に伴ってかゆみが出てきます。

こうした進行は本来皮膚の角層に存在して外からの刺激に対して防御的な役割を持つセラミドという物質が、洗剤などの刺激によって弱くなり、減少してしまうことによって起こります。

これによって手の防御機能が低下し、それまで当たり前のように触れていた刺激でも炎症を起こしてしまうことになり手湿疹が生じます。

特に冬季は、空気が乾燥しています。その環境下では水に触れると、炎症を起こしている手についた水が蒸発することによって角層の水分を奪って乾燥や炎症が進むのです。

アトピーの要素がある人はこれを生じやすいようです。

 

消毒液などの特定の物質に反応して生じる手湿疹

アレルギー性の手湿疹の場合、高頻度で皮膚に接する物質に対してのアレルギーによっておこる、強いかゆみを伴った丘疹、紅班といった症状が特徴です。原因となるのはゴム手袋などに使われているゴム硬化剤や、染料、消毒液、美容室のパーマ液などが多く、過敏な人は少量でも反応します。

これはT細胞と呼ばれるリンパ球が原因で、特に上記のようにバリア機能が低下した皮膚では手湿疹を起こしやすくなるとされています。

 

 元々アレルギー体質の人は、特にこうした刺激が蓄積することには注意しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンドケアに関する記事

つらい手湿疹の原因は"免疫の低下"にあった!では免疫をつけるためにはどうしたらいいの?

手湿疹と聞くと、水仕事をこなす主婦湿疹を想像したり、アトピー・アレルギーなどと...

肌に良い栄養素は?!栄養面から手荒れ予防

  手荒れは内側の自分のコンディションを整えることでも防止できるようになります...


オーガニックなものを使っていても悪化する!?手湿疹の症状に合わせた対処法

手湿疹の症状に悩む方で、「ステロイド剤は使いたくない」「出来るだけ自然なものを...

乾燥の季節!爪割れの原因と対策

  先がかけたり、白っぽくなったり、乾燥の季節は爪もいたみがち。爪をのばす...

カラダノートひろば

ハンドケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る