カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ハンドケア >
  4. 保湿や水を避ける…手湿疹予防のための5つのポイント

美容・ダイエット

保湿や水を避ける…手湿疹予防のための5つのポイント

 

元々アレルギー体質の人は手湿疹を生じやすいです。特に主婦や調理師の人で、洗剤によく触れる、水仕事をよくすると言う場合は、手湿疹を発症してしばらく仕事をお休みしなければならなくなる前に、日頃から手を労わる習慣をつけて予防しましょう。

 

 

手湿疹予防で重要な5つのこと

1.保湿

特に冬ですが、夏でも油断せずに保湿をするようにしましょう。一日の内数回、とりわけ水仕事をした後は保湿をするようにします。常に保湿をしなければと意識を持つことが大切です。

 

2.水を避ける

水仕事をしなければならないときは、できればゴム手袋をして作業しましょう。ただし、ゴム手袋のゴムにアレルギーを持っている場合は綿の手袋をした上にゴム手袋をするとよいでしょう。このときさらに、保湿クリームをつけた上で手袋をはめ、ぬるま湯で水仕事をすると、手の保湿効果がさらに高まりますのでお勧めです。

 

3.水仕事以外でも気を付ける

肌寒い日や乾燥しているときは保湿と共に、手袋をして外出するとよいです。寒いときや乾燥しているときは思っている以上に皮膚に負担がかかりますので気をつけましょう。これから、室内の乾燥を避けることも大切です。加湿器を使用したり、ぬれたタオルを室内に干しておくなどして湿度を保ちましょう。

 

4.水仕事をするときは

水仕事をするときは使用する水を、ぬるめのお湯にしましょう。温度よりやや低いくらいの温度がよいです。できれば洗剤は低刺激のものを選ぶとよいです。

 

5.水仕事以外の刺激物

手湿疹を生じやすい人は、シャンプーなどの刺激物にも反応しやすいです。シャンプーをはじめとして、ボディソープ、石けん、ハンドソープなど常に使用するものは低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

 

これらと共に長時間のケアとして、夜寝る前にハンドクリームを手にたっぷりぬり、手袋をして寝ると保湿時間が長くなってよいです。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/04/22-001741.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンドケアに関する記事

ハンドクリーム正しく使えてますか?手荒れ予防

  手荒れにはハンドクリームを塗る。これは手荒れ対策としてはごく一般的に広まっ...

寒いときのしもやけ対策!

  しもやけは実は子どもだけが気をつけていればよいのではなく、体を締め付けるよ...


大人でもしもやけに注意!

  子どもの頃、手袋もしないで雪の中で遊んで手がしもやけになったなど、冬の寒い...

自宅でできる!手湿疹ケア★

    多くの女性が悩む“手湿疹”!冬場になると、特に辛い症状です。毎年毎年...

カラダノートひろば

ハンドケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る