カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 冷え・むくみ >
  5. 女性に多い症状…妊娠中の「冷え」が起こす胎児への影響は?対策教えます!

妊娠・出産

女性に多い症状…妊娠中の「冷え」が起こす胎児への影響は?対策教えます!

女性で「冷え性だ」という方は少なくないでしょう。手足が冷え、辛い症状に毎年悩まされている…なんて言葉をよく耳にします。

そんな冷え性ですが、妊娠中の冷えは特に注意が必要なんです。今回は、冷えが胎児に引き起こす影響と体を温める冷え対策をお伝えします。

 

妊娠中の「冷え」が起こす胎児への影響とは?

体の冷えは、以下のようなリスク・問題を赤ちゃんに引き起こします。

 

・血流が悪くなるため、酸素や栄養が十分に届けられない

・無意識に起こす緊張から子宮収縮の誘発や子宮環境が悪くなる

・切迫早産、切迫流産のリスクに繋がる

・体が冷えると子宮も冷えるので居心地の悪い子宮になる

 

では、この体の冷えから赤ちゃんを守るにはどうしたらいいのでしょうか。

 

妊娠中の冷え対策!生活習慣編 

1.衣服で体をあたためよう

普段の生活から、着用する衣類を温かいものにすることが大切。 冷え性対策は、夏でも冬でも季節に関係ありません。ストッキングやタイツ、靴下、手袋を常に使用しましょう。

 

・靴下の重ねばき

特に、靴下の重ねばきは、とても効果的。靴下を履く際は、ハイソックスや5本指ソックスを選ぶようにすれば、血行促進につながり体が温まります。 また夏は、暑いので素足のままで過ごすことも多いと思いますが、素足は冷えの大敵。

 

・足首・太ももをしっかり温めて 

特に足首や太ももは、重点的に温めることを意識しましょう。妊娠中は、なるべく素足、ミニスカートなどは避け、下半身がカバーできる服装で冷えから守ることをおすすめします。

 

投稿者:みなーさん

そして常につけているのがレッグウォーマーです。それも足首レッグウォーマー。 その名の通り、足首につける短いタイプのレッグウォーマーです。 これをつけているのとつけていないのとでは全然違ってきます。 夜寝る時もこれが手放せません。

以前は靴下を履いていたのですが、これだとあんまり足首が温まらないんですね。その癖足の指や足の裏に汗をかくので気持ち悪かったのです。 足先だけ異様に熱くなり寝辛くなることもしばしばでした。 しかしこの足首レッグウォーマーだと足首だけにつけるので寝ていても足先だけ熱くなるということもなく実に快適です。(一部抜粋)

 

・【体験談 Pick Up】腹巻は欠かせないマタニティグッズ

投稿者: rengerengerengeさん

まずマタニティ用の腹巻を買うことにしました。 暖かい時期に腹巻?と言われましたが、仕事中は冷房で冷えてしまうので、お腹を冷やしたくなかったのです。

実際妊娠中期になって冷えるとお腹の張りが出てくるので買ってよかったと思います。 マタニティ対応だと妊娠初期は大きめだったんですが、伸縮性があるためずり落ちませんでした。 シャツなどに響かないように薄手で色の薄いものをメインに3枚程度買いました。(一部抜粋)

 

2.湯船につかる

シャワーだけで済ませてしまい、湯船につかっていない…という方も多いですよね。ただ、妊娠中は、冷え対策に少しの時間でも湯船につかることをおすすめします。

 

湯船につかることは、血行促進の効果があり体が温まります。どうしてもお風呂に入れない時は、桶にお湯をためて足だけつける足湯も気軽にできる冷え対策です。

 

30以上の半身浴や足湯は、卵巣や子宮のある骨盤内を温めてくれるので、赤ちゃんが過ごすのに心地のいい空間にしてくれます。

逆に、熱いお湯での短時間の入浴は、湯船から出た後の温度差が激しくなり、体が冷えやすくなるため避けるようにしましょう。

 

妊娠中の冷え対策!食事編

1.冷えに効果的な食材

冷え症状に効果的な食材をご存知ですか?妊娠中に関わらず、積極的に食べることで血流をよくしてしてくれます。 一例として、下記が冷えに効果がある代表的な食材です。

 

・生姜

・にんにく

・ねぎ

・味噌

・柚子

・かぼちゃ

2.体を温める調理方法は?

野菜は生(サラダ)で食べると、体を冷やす原因になってしまいます。そのため、出来るだけ蒸す・茹でるなどの方が体を温める効果があります。

ドリンクなどにする場合も、アイスよりホットドリンクにして飲むようにしましょう。

 

3.食事を見直そう

生姜、味噌など体に熱を与える食べ物は、積極的に食べることがおすすめ。

調理方法も生ではなく、蒸したり煮たり温かい状態で食べれる料理を選ぶようにしましょう。

飲み物も冷たい飲み物はなるべく避け、温かい飲み物を飲むことで冷え性対策に効果的です。 またバランスの良い食事は、冷え性の改善につながっていきます。

・体を冷やす食材って?

ナスやキュウリ・トマトの夏野菜は冷えやすい食材の代表例。これらを食べる時は、塩漬け・発酵・干し物・煮詰めた調理・加工された料理を選ぶようにしましょう。

 

4.食材の意外な使い方!

実は、食材は食べるだけでなく、入浴時にも活用できることを知っていましたか?

柚子や蜂蜜などを入浴剤として湯船に入れるだけで、血行を良くし、芯からポカポカ!妊娠中は長くお風呂にはいれず湯冷めしてしまいがちなので、短時間でも芯から温まるように工夫しましょう。

 

・果物なら柚子がオススメ

特にオススメは、柚子の手作り入浴剤。柚子は皮がついたまま、適当な大きさにカットし、布袋に入れ湯船へ入れる簡単さ。柚子の爽やかな香りに包まれてリラックス効果もあります。

 

・余った生姜があればお風呂に入れてみては?

また、血行促進の代表食材、生姜もお風呂に入れるのもおすすめ。ただ生姜は肌への刺激が少し強めなので、肌の様子を見ながら、生姜の量を加減するようにしてくださいね。

 

冷え性を改善しよう

体の冷えを改善するには、体の内・外から温めることが大切です。服装や入浴、食事から対策をしていきましょう。

一部の妊婦さんは妊娠を機に生活・食習慣を見直した結果、代謝が良くなり、冷え性が改善されることもあるそうです。これを機にポカポカの体を手に入れたいですね 。

日々の生活から改善してみて下さい。

(Photo by:https://www.photo-ac.com/ )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冷え・むくみに関する記事

暑くても冷やし過ぎに要注意!妊婦さんの暑さ対策について

毎年、猛暑で悩まされる夏。妊娠中でなくとも、夏の過ごし方に頭を抱える方は多いので...

【冷え性に悩む妊婦さん必見】産後の冷え症によく効くしょうがの食べ方

冷え性は妊娠中だけとは限りません。産後も冷え性に悩む女性はたくさんいらっしゃいま...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

冷え・むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る