カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. 全身がかゆい!?その乾燥、入浴が原因かも

気になる病気・症状

全身がかゆい!?その乾燥、入浴が原因かも

 

冬場の空気が乾燥季節になると、からだのあちこちがかゆくなる人も多いのではないでしょうか。

これらのかゆみの原因の多くが、皮膚の乾燥。どうして肌が乾燥してしまうのでしょうか?もしかしたら、毎日の入浴に原因があるかも知れません。

 

 

体は毎日洗うべき?

毎日お風呂に入り、毎日体を洗うという人が多いのではないでしょうか?でも実はそれが乾燥肌を作っている場合があります。
そもそも、体を毎日石鹸で洗う必要はあるのでしょうか。

体の汚れは、汗やほこりといった水溶性の汚れがほとんど。だから、シャワーで流したり、バスタブに浸かるだけでほとんどの汚れは落とせてしまうのです。

 

石鹸が必要なのはからだの一部のみ

石鹸で洗う必要があるのは、油性の汚れである皮脂が多く出る部分だけ。皮脂が多い部分は、背中と、胸の真ん中です。そのほか、わきの下や陰部などの蒸れる部分、臭いが付きやすい足先などは、毎日石鹸で洗っても構いません。しかし、腕や足、おなかなどの部分は毎日石鹸で洗うと乾燥してしまいます。30代を過ぎたら、石鹸を使って洗うのは週2回程度でOKです。

 

たっぷりの泡がやさしい?

たっぷり泡立ったボディソープの泡が、肌にやさしいというイメージもあるのでは。しかし、液体ソープは石鹸に比べて、刺激の強い界面活性剤などを多く含む場合が多いです。また、ナイロンタオルやボディスポンジは、石鹸が良く泡立ちますが、肌への負担は少なくありません。体を洗う場合は、固形石鹸を木綿のタオルや手で泡立てて洗うのがおすすめです。

 

お湯の温度に注意

皮膚の表面は角質で覆われていますが、角質は皮脂の膜や、角質細胞内脂質によって保護されています。入浴時には角質層がゆるみ、皮脂膜や細胞内脂質が溶け出してしまいますが、お湯の温度が高いほど、溶け出す量が多くなります。高すぎる湯温のお湯への入浴は肌を乾燥させる原因になります。

 

 

肌には自然のターンオーバーがあります。入浴の際には、必要以上に保護している皮脂を洗い流すことなく、体が本来持っているバリア機能を維持していきたいですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/02/06-357149.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

身近なところからできる皮膚のかゆみ予防法

  皮膚のかゆみを予防するためには、日々の生活においていろいろ気をつける必...

保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

  乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。暖房の効いた室内や、汗をかい...


汗をかくと身体がかゆい!それはコリン性じんましんかも?

汗をかきはじると、身体がかゆくなることはありませんか? もしかすると、それはコ...

衣類の素材選びで皮膚への刺激を最小限に かゆみを予防しよう

  皮膚のかゆみというのは、どうしても我慢できなくなると掻いてしまって皮膚...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る