カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. その肌のかゆみ、ひょっとして女性ホルモンが原因かも?

気になる病気・症状

その肌のかゆみ、ひょっとして女性ホルモンが原因かも?

 

肌がかさついてかゆい。その肌トラブル、よく観察してみたら良い時と悪い時の波がありませんか?女性の肌荒れには、女性ホルモンが関係していることがあります。

 

 

毎月のサイクルをつかもう

●月経前は不調になりがち?

生理前になると気分が落ち込んだり、イライラしたり、むくみや疲れが気になるといった不調や変化を感じる人も多いのでは。これらは月経前症候群といわれ、月経前には肌の状態が不安定になり、吹き出物ができたりする人が多くなります。

 

●変化を司るのは女性ホルモン

月経前に不調が起きやすくなるといった体や心の変化は、女性ホルモンによって起こります。女性ホルモンにはおもに、エストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンがあり、このホルモンの分泌量の変化によって、毎月月経が繰り返されています。そして女性の体も肌も、このホルモンのサイクルで変化しています。

 

肌をまもるエストロゲン

女性ホルモンのうちエストロゲンには、肌のハリやうるおいをキープしたり、白さを保ったりする働きがあるといわれています。一方のプロゲステロンには皮脂の分泌を増やしたり、シミの素ともなるメラニンを活性化させたりする働きがあります。


エストロゲンの分泌が高まるのは、生理後から排卵までの間。つまりこの間は、肌の状態は安定する傾向にあります。

一方、プロゲステロンの分泌が多くなる排卵後~生理前の間は、肌が敏感になり、肌荒れしやすくなる傾向にあります。

 

●エストロゲンの減少が乾燥を招く

肌の水分を保つために重要なヒアルロン酸やコラーゲンを維持するはたらきもしているエストロゲンが減少すると、肌が乾燥し、かゆみなどのトラブルが起こりやすくなります

 

20代や30代などの若い人でホルモンバランスが悪く肌トラブルが絶えない人は、ピルで解消できることがあります。また、加齢や閉経に伴うエストロゲン減少にはホルモン補充療法などもあります。

 

 

まずは、自分の肌の乾燥やかゆみの状態を観察してみましょう。もしも生理周期と関係がありそうな場合は、エストロゲンが減少しプロゲステロンが増加する生理前にスキンケアにも気を付けることで、かゆみ肌の悪化を防ぐことができるかもしれません。

 

Photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037111.php?category=288

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

全身がかゆい!?その乾燥、入浴が原因かも

  冬場の空気が乾燥季節になると、からだのあちこちがかゆくなる人も多いので...

保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

  乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。暖房の効いた室内や、汗をかい...


身近なところからできる皮膚のかゆみ予防法

  皮膚のかゆみを予防するためには、日々の生活においていろいろ気をつける必...

肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

  乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグ...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る