カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. かゆみ肌が気を付けたい入浴法とは?

気になる病気・症状

かゆみ肌が気を付けたい入浴法とは?

 

ちょっとした刺激でも赤くなったり、ピリピリするかゆみ肌。肌の状態を保つために、いちばん気を付けたいのは入浴です。かゆみ肌の人は入浴の際、どんなことに気を付けると良いのでしょうか。

 

■お湯の温度はぬるめに設定

お湯につかってしばらくすると、急激に赤みやかゆみが強くなる人が多いのではないでしょうか。これは、入浴によって皮膚の下の末梢血管が温められて皮膚温が高くなり、かゆみの神経伝達速度が速くなるため。また、お湯に皮膚の皮脂膜や角質細胞間脂質が溶け出してしまい、さらにバリアが弱くなるためでもあります。

 

入浴自体は、体を清潔に保ち新陳代謝を促すためにも重要ですが、かゆみを増強しないためには、お湯の温度をぬるめに設定することが大切です。

 

■入浴剤は入れないで

お肌をしっとりさせると書かれた保湿入浴剤が数多く出回っていますが、安易に使うのは要注意。入浴時は皮膚のバリアが普段以上に低下している状態なので、そこで肌に刺激を与えると、一気にかゆみが強くなり、症状が悪化する場合があります。お湯には何も入浴剤を入れない方が賢明です。

 

■洗いすぎないことが大切

かゆみ肌の多くは乾燥している状態。体を石鹸で洗うと、せっかくの皮脂膜を洗い流してしまいます。皮膚に付いた細菌やウイルス、ほこりなどの汚れは、入浴やシャワーでだいたいが洗い流されます。清潔のためにと毎日体を洗う必要はありません

 

■お風呂上りはすぐに保湿

お風呂あがりの肌はしっとりしていますが、角質層のゆるんだ状態で、あっというまに水分が蒸発し、乾燥していきます。かゆみを伴うような乾燥肌にならないようにするためには、お風呂上りにすぐに保湿することが肝心です。

 

ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合された保湿クリームで、手早く体全体を保湿します。ホホバオイルやアーモンドオイルなどをお風呂上りに直接塗り、しばらくたってからふき取る方法もおすすめです。

 

 

入浴方法に気を付け、入浴後のスキンケアを欠かさないことで、かゆみや乾燥知らずの、うるおいのある肌を1年中キープすることができます。乾燥やかゆみが気になり始める前に、試してみてはいかがでしょうか。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/02/06-357138.php?category=288

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

汗をかくと身体がかゆい!それはコリン性じんましんかも?

汗をかきはじると、身体がかゆくなることはありませんか? もしかすると、それはコ...

保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

  乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。暖房の効いた室内や、汗をかい...


頭皮にブツブツやかゆみ・・・湿疹の種類と対策法はコレ!

「ボツボツにかゆみに…また湿疹?」ほんとうに困ってしまいますよね。 ところ...

身近な物質に要注意!かゆみの原因となる物質に気をつけて!

    皮膚のかゆみは、ストレスにもなりますから、きちんと原因を理解して...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る