カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. 保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

気になる病気・症状

保湿ケアが大切!かゆくて辛い乾燥肌の治療法

 

乾燥肌が進行して、かゆみが出てきてしまった肌。暖房の効いた室内や、汗をかいたあとなどはかゆみが増して辛い…。そんな肌を治療する際、どのように行うのでしょうか?

ここでは基本的な治療についてまとめました。

 

■治療のベースとなるスキンケア

肘や膝のあたりや首など、ポイント的にかゆみが強い場合や、全身がくまなくかゆい場合など人によって症状は様々ですが、いずれも基本となるのは全身の保湿ケア。皮膚科で処方される代表的なスキンケア薬には以下のようなものがあります。

 

●白色ワセリン(プロペト、ワセリンなど)

脂質性軟膏で、全身の乾燥のほか、じゅくじゅくした発疹にも、乾燥した発疹にも使えます。刺激が少なく、お風呂上りに使用すると効果が期待できますが、全身に使うとべとつきが強く、下着が劣化するなどの不快感があります。
皮膚科ではチューブに入ったプロペトなどが処方されますが、ドラッグストアなどで市販されている白色ワセリン、ワセリンなどと成分は同じです。

 

●ヒルドイド

保湿力が非常に高く、角皮症、皮膚のカサつきの改善に効果があります。とくに、かゆみを伴う乾燥肌に効果があります。


ローション、クリーム、軟膏などのタイプがあり、アトピー性皮膚炎から乾燥肌、しもやけまで幅広く使われています。目立った副作用がないため、赤ちゃんから安心して使用することができます。


主成分はへパリン類似物質。ヘパリンとは血液凝固阻害作用のある物質で、へパリン類似物質を主成分とするヒルドイドは、血行障害を改善することで肌の乾燥を自然に改善しようとするものです。
ヘパリン類似物質は医療用医薬品の製品しかないため、ヒルドイドは医師の処方がないと購入することができません。

 

 

■ポイント的にステロイド剤を使用

部分的に赤くなってガサガサし、強いかゆみを伴う場合には、ステロイド外用剤を使用することで、短期間で症状を改善することができます。

 

●ステロイドって?

ステロイドは、正しくは副腎皮質ステロイド剤といい、体内の副腎から分泌される副腎皮質ステロイドホルモンと同じ働きをする薬剤のことを言います。内服薬と外用薬があり、さまざまな病気の治療に用いられていますが、皮膚疾患で用いるのは基本的に外用薬です。

 

●ステロイドの種類

ステロイド外用薬には、1群から5群まで、強さに応じた段階があります。乾燥によるバリア低下から生じた皮膚炎から、重症のアトピー性皮膚炎まで使われていますが、乾燥やバリア低下によるかゆみに用いられるのは、一般的に4群(弱め・ミディアム)のステロイド剤です。


よく処方される4群のステロイド剤
・リドメックス
・キンダベート
・ロコイド
・アルメタ
など

 

よく処方される3群(強い・ストロング)のステロイド剤
・プロパデルム
・リンデロン
・フルコート

 

ステロイド軟膏は、基本的には1日2回塗ります。かゆみ止めではないので、塗ってすぐにかゆみが治まるわけではありませんが、5分~10分ほど我慢していると、徐々にかゆみが鎮まって来ます。赤みやガサガサがなくなるまで、毎日一定期間塗り続けることが大切です。
ほんの少ししか塗らなかったり、途中でやめてしまうと治すことができません。

 

 

■内服薬

アレルギーによる皮膚のかゆみが考えられる場合や、かゆみで仕事や睡眠に支障が出ているような場合は、抗ヒスタミン薬などの内服薬を服用することがあります。

 

アレルゲンの刺激により、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが分泌されてしまうのに対し、抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体をブロックすることで症状の発症を防いだり、軽くしたりする効果があります。花粉症やアレルギー性鼻炎などに用いられており、アトピー性皮膚炎に対するかゆみの軽減効果もあります。

 

 

市販の乾燥肌やかゆみ肌用の保湿剤を塗り続けても症状が改善しない、あるいは悪化する場合は医師の診断を受けてみるのもひとつです。市販されていない薬を適切に使用することによって、短期間で辛い症状から解放されるかもしれません。

 

(Photo by:www.ashinari.com/2013/01/25-375608.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

セラミドやヒアルロン酸…かゆみ肌を改善する成分とは?

  毎年冬になるたびに肌が乾燥し、かゆくて眠れなくなる…。どんなものを取り入れ...

頭皮にブツブツやかゆみ・・・湿疹の種類と対策法はコレ!

「ボツボツにかゆみに…また湿疹?」ほんとうに困ってしまいますよね。 ところ...


肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

  乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグ...

その肌のかゆみ、ひょっとして女性ホルモンが原因かも?

  肌がかさついてかゆい。その肌トラブル、よく観察してみたら良い時と悪い時...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る